【ケーゲル運動】で産後の尿もれを解決!

産後、タンポンを入れても月経がもれてくる・・・尿が漏れる。そんな時はケーゲル運動で尿もれを解決しましょう。

view612

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 産後の悩み”ゆるくなった”??

  • 月経のとき、タンポンを入れてもあまり血液を吸っていないのに、ナプキンのほうが汚れる、もしくは下着が汚れる。ふとした拍子に尿が漏れる。そんなことはありませんか?

  • 産後のタンポンのことで相談お願いします。1歳7カ月の男児の母です。産後もタンポンを利用しますが、まだタンポンがそれほど汚れていないのに下着が汚れてしまうことがたびたびあります。モレると言えばよいのでしょうか…。
    出典 :【からだの相談室】花王 ロリエ
     

    産後、悩んでいる方からの質問です。他にも産後の悩みとして「膣がゆるくなった」などの声がたくさんあります。

  • また、お風呂上りに尿もれのように水が出て来る事はありませんか?

  • これらの症状が起きる理由は、骨盤底筋群の脆弱化が原因と言われています。女性、特に経産婦の方々の中には、人に相談さえできずに、一人で悩んでいる方が多いものです。 女性は妊娠すると、赤ちゃんを出産する準備のために、骨盤底筋群が自然にゆるんでいきます。赤ちゃんの成長に伴い、子宮が大きくなって、子宮を支える筋肉や膀胱の筋肉を引っ張るために、尿がもれやすくなってしまう人がいます。更に出産時に赤ちゃんを押し出すために筋肉は伸びきってしまいます。
    出典 :尿失禁症・産後の膣の緩み・性生活向上対策「ケーゲルエクササイザー」「ケーゲル体操」
  • あなたは緩んでいませんか?セルフチェック!

  • 骨盤底筋が動いている感覚がよく分かるのは、膣内に指を入れてチェックする自己内診です。

    あお向けに寝るもしくはお風呂に入っているときに自分の指を膣の中に入れて、骨盤底筋にギュッと力を入れて、指に閉まるような感じや圧力がかかるような感覚があれば、正しい筋肉を使ってます。
    出典 :骨盤底筋体操(ケーゲル体操)のやり方 | 女性のためのプチ医学
  • 会陰に指をおく
    会陰とは、膣と肛門の間の部分で、骨盤底筋が交差しているところです。

    この部分に指を置いた状態で骨盤底筋に力を入れ、指が押し込まれるような感覚があれば、正しい筋肉を使っていることが確認できます。
    出典 :骨盤底筋体操(ケーゲル体操)のやり方 | 女性のためのプチ医学
  • ケーゲル運動で解決!

  • ケーゲル運動って聞いた事ないんだけどどうゆうことでしょう?

  • ケーゲル運動は1940年代にロスアンゼルスのケーゲル医師が女性に非常に多い尿失禁(くしゃみをすると漏れるなど)を改善する手法として開発された運動です。
    ケーゲル運動の原理は非常に簡単です。それは、単に肛門と膣を締めたり、緩めたりするという運動を毎日やるだけです。ケーゲル運動をやる前に、まずは鍛える骨盤底筋の場所を確認することが大事です。
    出典 :女性は必見ケーゲル運動
  • 正しい筋肉の使い方を覚える

  • 正しい筋肉の確認方法について、まず、トイレに座って尿を出ることからはじめて、排尿中に尿の流れを止めます。もし、尿の流れを止めようとして、逆に尿の勢いが強くなったとしたら、間違った筋肉を使っています。でも、尿を中止する時に腹筋や大腿筋や臀部の筋を縮めさせないことを心がけます。もう1つの方法は、自分の人差し指と中指を膣内に入れ、優しく上下に開きます。その指をくっつけ合わせるように骨盤底筋を収縮させます。この時も腹筋や大腿筋を収縮させないように気をつけます。
    出典 :女性は必見ケーゲル運動
  • トイレでのトレーニング

  • 初級編 おしっこを途中で止める

    おしっこをしているときに途中で止めてみましょう。止められなかった場合は、骨盤底筋が弱くなっている証拠です。

    骨盤底筋を鍛えるためにはおしっこをしているときに2~3回ほど止めたり出したりを繰り返します。
    出典 :骨盤底筋体操(ケーゲル体操)のやり方 | 女性のためのプチ医学
  • 中級編
    3~5秒膣と肛門をキュッと締めます。
    3~5秒ゆるめるを繰り返します。

    これを5回繰り返して1セットとします。
    1回のトレーニングで3セット、これをできれば1日に朝昼晩と3回おこないます。
    出典 :骨盤底筋体操(ケーゲル体操)のやり方 | 女性のためのプチ医学
  • 上級編

    中級編をマスターしたら・・・
    もっと長い時間、膣と肛門をキュッと締めます。
    10秒ゆるめるを繰り返します。

    締めている時間を30秒保てるように目指しましょう。

    これを5回繰り返して1セットとし、1回のトレーニングで3セット、これをできれば1日に朝昼晩と3回おこないます。
    出典 :骨盤底筋体操(ケーゲル体操)のやり方 | 女性のためのプチ医学
  • 応用編① 
    【仰向けバージョン】 仰向けに寝て、肩幅に開いた足のひざを立てる。 身体の力を抜き、腹部を触ってお腹に力が入っていないのを確かめる。肛門と膣を締め、息を吸いながら肛門、膣を胃のほうに吸い上げるような感じで締めあげる。締めたままゆっくり5つ数えたあと、緩めるのを5回行う。 次に、肛門、膣を速いテンポで閉めたり緩めたりする。5回を1セットとして1日に5回程行う。
    *最初は長く締めるのが難しい方でも、筋肉が強くなれば、次第に長く締め続けることができるようになります。仰向けの状態だと、身体の力が抜きやすく、膣と肛門に意識を集中しやすくなります。
    出典 :尿失禁症・産後の膣の緩み・性生活向上対策「ケーゲルエクササイザー」「ケーゲル体操」
  • 応用編② 
    【ひじつきバージョン】 床にうつぶせになる。肘をつき、手で顔を支える。(うつぶせでTVや雑誌を見るような姿勢)肛門と膣をゆっくり締め、締めたままゆっくり5つ数える。5つ数えたら力を抜き、また締めるのを1日に15回ほど繰り返す。
    出典 :尿失禁症・産後の膣の緩み・性生活向上対策「ケーゲルエクササイザー」「ケーゲル体操」
  • 応用編③ 
    【内転筋(太もも内側の筋肉)も一緒に鍛えるバージョン】 仰向けに寝て、膝を立て、膝にクッションをはさむ。クッションを両足でグッと挟む時に 膣・肛門を締めて5秒、緩めて5秒を1日に15回ほど繰り返す。
    出典 :尿失禁症・産後の膣の緩み・性生活向上対策「ケーゲルエクササイザー」「ケーゲル体操」
  • 応用編④
    【椅子に座ったバージョン】 腹部に力を入れないことを確認するため、お腹に手をあてる。 イスに座ったまま膣・肛門を締めて5秒、緩めて5秒を1日に15回ほど繰り返す。
    応用編⑤【机に手をついたバージョン】 足を肩幅に開き、手を机の上に置く。体重を腕にかけ、肩とお腹の力は抜いた状態で膣・肛門を締めて5秒、緩めて5秒を1日に15回ほど繰り返す。
    出典 :尿失禁症・産後の膣の緩み・性生活向上対策「ケーゲルエクササイザー」「ケーゲル体操」
  • もっと鍛えたい方のために器具も発売されているようです。

  • 尿失禁を予防・改善するための骨盤底筋体操DVD - YouTube

  • これから出産の妊婦さんも、筋肉を鍛えると出産が楽になります!

  • 実際に骨盤底筋群(PC筋)を鍛えるエクササイズをしてみれば、産道=膣の力の調節が可能になってきます。出産時に子宮の収縮や赤ちゃんの動きに合わせて、膣を緩めたり締めたりできるようになるわけです。お母さんが楽に出産できるのは勿論、赤ちゃんの負担も軽減されるとの報告さえあります。

    また、赤ちゃんの頭が腟を通り抜けるときの圧迫による膣の裂傷も避けることができます。 妊娠をきっかけにケーゲル体操を始める方も欧米では少なくありません。 出産を控えている方は是非、妊娠中のトレーニングとして行うことをお勧めします。
    出典 :尿失禁症・産後の膣の緩み・性生活向上対策「ケーゲルエクササイザー」「ケーゲル体操」