足の付け根がだるい! いったい何が原因なの?

足の付け根がだるい! 痛みもある……。これっていったい何が原因なの?
足のつけ根は、意外と痛みを抱えている方やだるさを感じている方が多い部位でもあるのです。

view61

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 足の付け根がだるいんだけど、何が原因なの?

  •  

    足の付け根がだるいってことありませんか。

    足のつけ根の痛みには、いろいろな原因があります。

    たとえばデスクワークの多い方には、なんとなく足の付け根がだるくて痛いと感じることもあります。

  • デスクワークの痛みの原因

  • 妊娠や出産が原因ということも!

  •  

    特に妊娠後期になると、重みに耐えきれず骨盤が歪んでしまうこともあります。

    足のつけ根のだるさは、出産後も続く可能性もあるので要注意です。

  •  

    出産直後は、骨盤がかなり歪んだ状態になるので、足のつけ根も痛くなるケースも。

  •  

    妊娠や出産などが原因で足のつけ根がだるいということもあります。

    原因は妊娠中の体型の変化や出産後の骨盤のゆがみのせいです。
    足のつけ根がだるいので、病院を受診したら、関節炎を引き起こしていたことがわかることもあります。

    妊娠や出産を経験された方であれば、病院で関節炎になっていないかどうかを確認してもよいでしょう。

  • 足のつけ根のだるさは、人によって原因がさまざまあります。
    関節炎を引き起こしていることもあれば、骨盤が歪んでいたり、血行がよくなかった、リンパ線がはれているなど、さまざまな原因があるので、要注意です。

  •  

    骨盤のゆがみのチェック方法

    目をつぶって片足を上げてみましょう。
    10秒間キープできれば、骨盤のゆがみは正常です。

    キープできなければ、骨盤のゆがみが原因で足のつけ根が痛いこともあります。
    片足立ちによって、骨盤がずれているかどうか自分でチェックすることができます。

  • 足のつけ根のだるさを解消するのに、マッサージが効果的な場合もあります。
    足のつけ根を自分でマッサージすることにより、血行がよくなり、症状が緩和されることもあります。

    足のつけ根に違和感がある場合には、坐骨神経痛の可能性も考えられます。
    お年寄りだけではなく、学生時代に体育会系の部活などをやられた方など股関節を酷使された経験のある方も要注意です。

    その場合も病院を受診するか、接骨院で見てもらったりするとよいでしょう。

  • 自分でできるストレッチ

     

    足のつけ根がだるいときに自分でできるストレッチをご紹介します。

  • 足のつけ根がだるいのは、血行が悪いという状態でもあります。
    そこで血行をよくするために、簡単なストレッチをご紹介します。

    ストレッチを行うときは、楽な服装で行うようにしましょう。

    座った状態で、足の裏を合わせ、足を広げましょう。
    股関節をゆっくりと体重をかけながら開いていきます。
    慣れてきたら、体重を前の方に傾け負荷をかけていきます。

    簡単に行うことができるストレッチなので、血行を促進し、足のつけ根のだるさを緩和させることができます。

  •  

    立って行うストレッチ

    まず立って足を前後に開きます。
    後ろの足をのばした状態で、ゆっくりと前方に体重をかけていきます。

    片方が終わったら、もう片方も同様に行います。

  • 自分でできる解消法としてストレッチをご紹介しました。

    ストレッチは自分の体調に合わせて行うようにしましょう。

    足のつけ根のだるさや痛みは、甘く見ず、あまりにも痛みがひどい場合には、病院へ迷わず受診することが大切でしょう。