赤ちゃんのクーイングから喃語への言語発達。この時期が大事です!

赤ちゃんのクーイングを聞いていますか?赤ちゃんのクーイングにしっかりこたえてあげましょう!この時期のコミュニケーションがとっても大事なんですよ^^
赤ちゃんのクーイングが始まるのは生後2カ月ごろから、初めて親になる方にとっては、赤ちゃんの成長が感じられるうれしい一時です。

view49410

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんのクーイングとは?

  • 赤ちゃんのクーイングは早くて生後2カ月目から始まります。
    言葉ではない、可愛らしい唸り声みたいなものですが、赤ちゃんの大きな成長ぶりを実際に目にする楽しいひと時でもあります。

    それまで声を出すことのなかった赤ちゃんが表情豊かに笑顔で、クーイングしてみるのを見ると、親としてはうれしい瞬間でもあります。

  • 赤ちゃんのクーイング

     

    これがクーイングです!かわいすぎ!

  • 「あーあー」「あうー」など、舌を使わない母音を使った言葉の発声です。生後2〜3ヶ月頃から始まり、機嫌の良い時によく発声されます。泣き声と違って意思を伝えようというものではありませんが、口腔や喉の形が発達してきた証拠と言えます。
    出典 :赤ちゃん言葉の発達~クーイングから喃語(なんご)へ[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など17000件以上
  • 緊張の高い「ア"~」と泣いたり叫んだりするようなものとは、明らかに耳で聞いて区別できる音。クーイングというのは、意図的にコントロールした空気の流れが、一定の時間声帯を通り過ぎることによって初めて産み出される音だそうですから、感情が高ぶった状態では出せない声です。
    出典 :長屋の光るナス:赤ちゃんが言語を獲得するまで その3 〜クーイングの発生〜 - livedoor Blog(ブログ)
  • 赤ちゃんが、生まれて初めて泣き声以外に発する声。それがクーイングですね。

  • 赤ちゃんのクーイングにどうこたえるか?

  • ウックン、オゥン、赤ちゃんの短い発声が聞こえてきたら(クーイング)、オーム返しや 「お話ししてるのね」 「そう、ごきげんなの」 など、と受け答えするママの顔の表情は赤ちゃんの最高の刺激源であり安心源です。 ママが赤ちゃんに語りかける声は、少しトーンが高く、マザリーズ(母親語)といって、赤ちゃんにはとても聞き取りやすい音。
    出典 :ねんね期の赤ちゃんの遊び|ベビータウン
  • この時期のクーイングをよく観察すると養育者が話しかけると乳児の発声がおさまり、声をかけないとクーイングが長く続くということで、乳児が養育者と声によるコミュニケーションをしている証拠だと考えられています。
    出典 :日の出保育園・お役立ち情報・しつけ教育発達・喃語
  • 赤ちゃんが「クークー」とクーイングを始めたなら、積極的にそれに応えてあげることが好ましいとされています。赤ちゃんが「クークー」と声を出したなら、即座にお母さんも笑顔で「クークー」とオウム返しをします。また、「アウー」と声に出したなら、お母さんもそれに応えます。
    出典 :赤ちゃんのおしゃべり初期トレーニング - 天才秀才を作る胎児乳幼児教室
  • 多くの語りかけの中で、このようなオウム返しを加えてコミュニケーションを図ると、ある時、赤ちゃんはお母さんのオウム返しに、さらにオウム返しで応えるようになるはずです。このコミュニケーションは、お母さんと赤ちゃんとの絆を深めるのみならず、言葉を発するための発声練習としても有効です。
    出典 :赤ちゃんのおしゃべり初期トレーニング - 天才秀才を作る胎児乳幼児教室
  • 赤ちゃんのクーイングには、できる限りこたえてあげましょう。その場の状況に合わせて、いろんな声掛けをしてあげてください。それが、赤ちゃんの脳の発達、発声の発達に繋がります。

  • 乳児の周りには、乳児が喃語を発すれば答えてくれる人がいるという喜びを知ることがコミュニケーションカの第一歩。この喜びが内発的な動機付けになって発声行動が活発になり感情交流が豊かになっていきます。
    出典 :日の出保育園・お役立ち情報・しつけ教育発達・喃語
  • この頃になると、赤ちゃんは自分が声を出した直後にお母さんの返事を耳にするとすぐには声を出さない、という傾向が出てきます。逆にお母さんからの返事がないと、短い間隔で連続的に声をあげることが多くなる。自分が次に声を出すタイミングを変化させているわけです。
    出典 :長屋の光るナス:赤ちゃんが言語を獲得するまで その3 〜クーイングの発生〜 - livedoor Blog(ブログ)
  • 赤ちゃんのクーイングがない!!

  • 赤ちゃんのクーイングがうちの子にはまだない!!

     

    生後2カ月ぐらいで始まる赤ちゃんのクーイングですが、よその子は始まっているのに、うちの子はまだない!!

    どうしよう!!

    こんなときはどうしたらいいのでしょうか。

  • まずは、新生児のうちからお母さんとコミニケーションをマメにとることが大切。

    赤ちゃんのクーイングの時期には個人差があります。
    あせらず、温かな目で赤ちゃんの成長を待ちましょう。

    赤ちゃんは、生まれて一か月ほどすると、声がする方向へ顔を傾けます。
    お母さんの動きを目で追うので、この時期にはお母さんと赤ちゃんは親密な関係を築いていきましょう。

    顔を近づけてあやしたりすることで、自然に声が出てきます。

  •  

    新生児の頃から音の出るおもちゃを与えておくと、赤ちゃんの情緒成長に大きく役立ちます。

    寝返りの頃まで使える、こんなおもちゃはいかがでしょうか。

  •  

    おもちゃを目で追うことも、赤ちゃんのクーイングにはとても大切です。

    たとえば蛍光灯のひもの先にこんなモビールを手作りしてみても♡

  • 2ヶ月半過ぎて、クーイングなどがない場合には、小児科や耳鼻科を訪ねて、新生児聴覚スクリーニング検査を行いましょう。

    一般の産婦人科では、出産時に新生児聴覚スクリーニング検査を行うのですが、施設が整っていない病院では行っていないこともあります。

    この検査は赤ちゃんが眠っているときに行う検査で、ある音を聞かせ、聞こえているかどうかを検査機械で分析することができます。

    万が一、聴覚に問題があると解れば早い時期に最善の治療や処置法を選ぶことができます。
    たとえば、人口内耳の手術を行ったり、ある一定の年齢に達してから補聴器を使うなどの手段があります。

    聴覚に問題がなければ、声を発する声帯になんらかのトラブルがある可能性も考えられます。

  • クーイングから喃語へ

  • 赤ちゃんに発声の機能が備わるまでの期間には個人差がありますが、発声機能が整ったことを確認することは簡単です。赤ちゃんが笑うようになったなら、お母さんとの遊びの中で、くすぐり笑いをして、赤ちゃんを笑わせてみれば良いからです。
    出典 :赤ちゃんのおしゃべり初期トレーニング - 天才秀才を作る胎児乳幼児教室
  • 赤ちゃんが笑った際に、「グググ」というような音で笑う場合には、まだ空気が鼻から抜けており、発声は難しいといえます。しかし発声の準備が整うと、赤ちゃんは「ハハハ」と口から声を出して笑うようになります。これは、最初の声変わりが完了し、声を出すことの機能が備わったことを意味しています。
    出典 :赤ちゃんのおしゃべり初期トレーニング - 天才秀才を作る胎児乳幼児教室
  • 赤ちゃんが声を出して笑ったら・・・

     

    これをさかいに、クーイングから喃語へとすすみます。

  • この時期になると乳児は発声や調音を自分でさまざまに変化させながら、それを自分で聞き楽しみ、反復することを楽しむようになります。また「あぶぶぶぶ-」「あむあむ」「うまうま」など違った音声を組み合わせて発するようになります。
    出典 :日の出保育園・お役立ち情報・しつけ教育発達・喃語
  • 乳児の喃語を養育者が同じようにまねて言い、その後、今までとは異なった音声を発すると、乳児はその養育者の口の動きをじっと見つめ、それに近い音声を出そうと模倣する姿がみられるようになります。喃語を反復しながら発声筋肉運動を司る構音器官と聴覚神経が協応する働きが著しく発達します。
    出典 :日の出保育園・お役立ち情報・しつけ教育発達・喃語
  • このため、赤ちゃんの機嫌がよく、お母さんやお父さんと遊びたかっている際には、「いないないばー」の遊びや、赤ちゃんが喜ぶ遊びを、積極的に行い、赤ちゃんを笑わせて上げることが必要です。
    出典 :赤ちゃんのおしゃべり初期トレーニング - 天才秀才を作る胎児乳幼児教室
  • いないいないばぁ

     

    この時期には、いないいないばぁが最適です。赤ちゃんはとっても喜びます。たくさん笑わせてあげてください。

  • 赤ちゃんのクーイング時期は、その後の成長にとっても大事な大事な時期です。

    この頃の接し方で、たくさん笑うことができるようになるか、自分の言いたいことが言えるようになるか、人とのコミュニケーションが上手にできる子になるかなどが左右されるといっても過言ではないくらいです。手を握ったりスキンシップを取りながら、是非たくさん話かけてあげてくださいね。

    本の読み聞かせも、お腹の中にいる時から始めると、ママの声に反応したり、何かを訴えようとして声を出そうとする仕草などが、早く出てくるそうですよ。