手根管症候群は何科で見てもらえばいいの?手根管症候群の治し方

手が痛くて手根管症候群かもしれないと思ったとき、病院に行くことを考えると思います。でも、手根管症候群は何科にかかれば良いのでしょう。治療法と合わせてまとめてみました。

view477

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 手根管症候群は何科で見てもらったらいいのですか?

  • ・脳神経外科
    ・整形外科
    ・一般内科
    いろいろありますがまずは “神経内科” で診てもらうことをお薦めします。
    出典 :手のしびれは何科 - どうしたら手のしびれ、手根管症候群が治るのか?
  • しびれの症状は、上記以外にもたくさんありまた似たような症状もありその診断が難しいようです。そのため、初診に正しい診断を受けることがその後の早期の回復につながります。
    出典 :手のしびれは何科 - どうしたら手のしびれ、手根管症候群が治るのか?
  • 神経内科は、脳と脊髄、そして手足を含む全身の神経や筋肉の病気を診療し専門科です。
    出典 :手のしびれは何科 - どうしたら手のしびれ、手根管症候群が治るのか?
  • 骨や関節の病気がしびれや麻痺の原因なら整形外科に、手術などが必要なときは脳神経外科に、精神的なものは精神科に紹介することも神経内科の役割のひとつとなっています。
    出典 :手のしびれは何科 - どうしたら手のしびれ、手根管症候群が治るのか?
  •  

    手のしびれや痛みが手根管症候群出ない場合がありますが、手根管症候群である可能性が高い場合は神経内科にかかるのが無難でしょう。

  • もし手根管症候群を放置しておくとどうなるの?

  • 神経への圧迫が進行して、知覚神経の障害が強くなると、シビレや痛みが取れるため、治ったように錯覚することがあります。ところが、徐々に運動神経が圧迫されて、親指の付け根にある筋肉が衰え始めます。
    出典 :手根管症候群/しびれ
  • 外見的には付け根のふくらみが徐々に痩せてきます。ものをつかみにくくなり、ボタンがかけにくくなったり、ネクタイがむすびにくくなったりします。
    出典 :手根管症候群/しびれ
  •  

    生活の中で支障が出てきたら大変です。そうなる前に早めの病院で診断を受けましょう。

  • 手根管症候群の治療法は?

  • しびれや痛みが軽症〜中等症の場合は、手首を安静に保つための装具を使用したり、ステロイド薬のトンネル内注射を行います。内服薬では消炎鎮痛薬やビタミンB剤を使用します。
    出典 :手根管症候群 - goo ヘルスケア
  • これらの保存療法が効かない場合や、筋肉にやせ細りがある場合は手術を行います。手術の方法は、靭帯を切ってトンネルを開き、神経の圧迫を取り除きます。
    出典 :手根管症候群 - goo ヘルスケア
  •  

    手根管症候群の治療は早期発見できれば手術でなく治療を受けることで改善できることがほとんどです。もし手術になったとしても、回復はかなり早い難しくない手術です。

  • まだ原因のわからない病気ですが、最近は若い人でもかかる病気です。自分が手根管症候群予備軍かもしれないと感じている人は、まず生活習慣から考えていきましょう。