5月病を予防する5つの方法

新生活がスタートし、慣れない環境でそろそろ疲れが出てきているのでは?そんなときの改善法をご紹介します。

view156

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 5月病とは?

  • 五月病(ごがつびょう)とは、新人社員や大学の新入生などに見られる、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称である。
    出典 :五月病 - Wikipedia
  •  

    疲れや倦怠感で、なかなか起きられない・・なんてこともありますね。

  • どんな症状?

  • 精神的な症状だけでなく、食欲不振や胃の痛み、めまい、動悸などの症状を訴える人も多く、新しい環境の変化についていけないあせりやストレスが、知らず知らずのうちに体の症状となって出てくるのです。
    出典 :うつ病と五月病
  • どんな人がなりやすい?

  • 完璧主義で物事にこだわりがちな人や、内向的で孤立しやすい人、過保護に育てられた人などが五月病になりやすいといわれています。
    出典 :うつ病と五月病
  • 5月病になりやすいタイプ

     

    ・真面目な人
    ・几帳面な人
    ・内気な人
    ・周囲を気にする人
    ・完璧主義の人
    ・責任感が強い人

  • 予防・対策は?

  • ①水分を摂ろう

  • 人間の体は水分不足で乾燥状態になると、精神的にも肉体的にも疲れやすくなるそうです。仕事中などに「疲れた……」と感じて頭がボーっとしたり、集中力に欠けると感じたりしたら、食べ物には手を伸ばさず、まずはお水を飲んでみましょう。
    出典 :これで5月病を回避!ココロとカラダの疲労を癒やす「お手軽回復法」5つ
  •  

    1日1.5~2ℓの水分を摂取するようにしましょう。

  • ②鉄分を摂ろう

  • 鉄分は、脳を含む体内に酸素を運ぶ役割を果たす大事な栄養素です。鉄分の摂取量が少なくなると、精神的・肉体的な機能が衰えて疲れを感じやすくなるそうです。
    出典 :これで5月病を回避!ココロとカラダの疲労を癒やす「お手軽回復法」5つ
  •  

    鉄分は、ほうれん草や小松菜、お肉などに含まれています。

  • ③ビタミンCを摂ろう

  • 「抗ストレスビタミン」とも呼ばれるビタミンCは、ストレスへの対処によって消耗する副腎皮質ホルモンの合成をサポートします。ビタミンCはキャベツやトマト、グレープフルーツなどに多く含まれています。
    出典 :4月 未然に防ぐ5月病対策 | お役立ち情報 | 全国健康保険協会
  • ④質のよい睡眠をとろう

  • 睡眠は疲労回復に重要な役割を果たします。睡眠の質を上げるために、「起床・就寝の生活リズムを整える」、「夕食は寝る2時間前まで、入浴は1時間前までに済ませる」、「寝る前にテレビやパソコンを見ない」などの生活習慣を身に付けましょう。
    出典 :4月 未然に防ぐ5月病対策 | お役立ち情報 | 全国健康保険協会
  • ⑤気分転換をしよう

  • まずは気分転換をして心を元気にして取り組むと意外とうまくいくものです。気持ちを切り替えるために、好きなことに打ち込んだり、おいしいものを食べたり、好きな音楽を聴いたりして気分転換をしましょう。
    出典 :五月病の対策してますか? | 五月病対策〜五月病の症状の予防法〜
  • いかがでしたか?
    新生活で頑張りすぎた人は、ぜひ自分をじっくりケアして辛い時期を乗り越えてくださいね。