日本人の5人に1人が不眠!!質の良い睡眠を取り戻す方法まとめ!!!

日本人の5人に1人が不眠に悩んでるといわれています!!!
あなたは大丈夫???
きになる質の良い睡眠を取る方法についてまとめてみました!!!
是非実践してみましょう!!!

view146

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 現代人は睡眠で悩んでる人が多いって本当なの???

  • 日本人の5人に1人が不眠に悩んでいます!!!

     

    寝つけない、夜中に目が覚める、朝早く目が覚めてしまう、充分な睡眠感がない、日中猛烈に眠くなるなどの症状に悩まされてる人が多いようです!!!

  • 「不眠症」とはどんな症状?

    「不眠」とは「睡眠障害」です。症状は以下に挙げるようにさまざまです。

    ・寝つき・・・なかなか寝つけない
    ・睡眠中・・・夜中に目が覚めてしまう、眠りが浅い
    ・目覚め・・・朝早く目覚めてしまう、起床時に疲れがとれていない、熟睡感がない
    ・日 中・・・激しい睡魔に襲われる

    欧米では「不眠は病気」ととらえ、専門家に診断してもらうことが普通ですが、日本では生活習慣の
    ひとつとして我慢しているケースが多いのが特徴です。
    出典 :質のいい睡眠をとろう!|ボディリメイク
  • では質の良い睡眠を取るにはどうしたら良いの???

  • 寝酒をしない

     

    「ぐっすり」のつもりが「ぐったり」に…。
    ついついやってしまう人も多いのではないでしょうか???

  • お酒が促すのはニセの眠り!?

    寝付けないとき、つい口にしたくなるお酒。確かにたくさんお酒を飲むと眠たくなりますが、実はそれは脳の中枢がマヒして意識を失った状態。脳と体を癒やしてくれる本来の眠りではないのです。お酒を飲んで眠っても、疲れが抜けないのはそのため。更に、利尿作用のせいでトイレに行きたくなって目覚めてしまったり、睡眠リズムがくずれて眠りの質が下がってしまうなんてことも。そうならないためにも、入浴する、部屋を薄暗くするなど、お酒に頼らずにできることからはじめましょう。
    出典 :「寝酒」はダメ!? 眠りとお酒のいけないカンケイ | ねむりラボ
  • 入浴は寝る1時間前までに済ませる

     

    入浴は、寝る1時間前までには済ませておきましょう。寝る直前に入浴すると、交感神経が興奮してしまい、眠れなくなります。

  • 寝る直前にしか入浴できない場合は、交感神経が興奮するのを避けるために、ぬるめの湯でサッと済ませましょう。熱い湯での入浴は避けてください。帰宅が遅くなった日は、睡眠時間を効率よくキープするために夜に入浴せず、翌朝にまわしても良いでしょう。
    出典 :【8】質のよい睡眠につくための5つのコツ (2/4) | BPnetビズカレッジ | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉
     

    熱いお湯での入浴が好きな人は要注意です!!!

  • 寝具選びに注意してみましょう!!!

     

    あなたが眠るその場所は、果たして快眠に最適でしょうか?今すぐチェックしてみましょう!

  • 寝具
    低すぎる枕、柔らかすぎるマットレス、などは安眠を妨げます。
    枕……頭、首、肩に負担をかけない硬さと高さを。できれば寝具売り場で計測してもらって。放湿性のある材質も大切。
    マットレス……柔らかすぎると腰痛の原因、硬すぎると血行不良を招きます。自分にあったものを選んで。
    掛け布団……睡眠時の布団内部の理想温度は33°C±1°C。湿度は50%±5%(日本睡眠科学研究所)。睡眠時にこの状態になるように掛け布団を調節して。エアコンや靴下、腹巻などを上手に利用するのも手。
    出典 :質のいい睡眠をとろう!|ボディリメイク
  • 照明、色、音楽
    照明……ヒトは暗くなると眠くなるものです。ですから、照明は暗めに。日光に近い蛍光灯より、白熱灯の温かみのある色が落ち着きます。間接照明にして光を和らげる工夫を。
    色……色も精神状態を左右する重要な要素。ベージュ系や、青や緑には鎮静作用があります。逆に赤やオレンジは興奮を招く色です。寝室に大きく取り入れるのは避けた方が無難。
    音楽……リラックス時に脳から出るα波を引き出す音楽が効果的。モーツァルトは癒し効果と脳の活性効果があるとか。自分のくつろげる音楽でOKです。
    出典 :質のいい睡眠をとろう!|ボディリメイク
  • 週末の寝だめ禁止

     

    ついつい仕事のない週末に寝だめしてしまう人も多いのではないでしょうか???
    あまり良くない習慣のようです!!
    注意しましょう!!!

  • 朝、日光を浴びることが大切なのは、週末も変わりません。疲れているからとダラダラと寝だめをしても、その睡眠の質が悪ければ時間を浪費しているだけでなく、毎朝定時に起きることで保っている睡眠リズムを崩す結果となってしまいます。週末の睡眠リズムの乱れによるしわ寄せは、翌週の月曜日に「疲れ」となってやってきます。寝過ごすとしても1時間まで。朝遅くまで寝だめすると、その日の夜に不眠になってしまいます。しっかり朝の光を浴びられる時間内に起きるよう努力しましょう。
    出典 :質のいい睡眠をとろう!|ボディリメイク
  • 就寝前に脳が興奮したり刺激を受けたりすると、神経が緊張してしまうのです。メールや携帯電話による他者とのコミュニケーションは、ふとした相手の言葉で神経が高ぶって眠れなくなる可能性があります。同様に、ハラハラする映画を見る、推理小説を読むなども避けた方がよいでしょう。
    出典 :【8】質のよい睡眠につくための5つのコツ (3/4) | BPnetビズカレッジ | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉
  • 食事は寝る2時間前までに済ませる

     

    深夜に胃にもたれるものを食べると消化に負担がかかるため、良眠を妨げます。理想は、食事は寝る2時間前までに済ませること。

  • ダイエットやメタボリック症候群対策にも効果的です。
     どうしても夜遅くしか食事がとれない場合は、午後5時~6時くらいに、夕食の半分だけでも臨時で食べておくとよいでしょう。コンビニで買えるゆで卵、魚肉ソーセージなどのたん白質食品と、サラダ、バナナなどの野菜や果物がオススメです。簡単に食べられる上に、比較的、栄養をバランスよく摂取できます。
    出典 :【8】質のよい睡眠につくための5つのコツ (2/4) | BPnetビズカレッジ | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉