9年ぶりに助成対象が拡大される?子どもの医療費助成制度について

厚生労働省では9年ぶりに子供の医療費助成対象の拡大を検討しています。どのような制度があるのか知らない人も多い、子どもの医療費助成制度について、まとめてみました。

view64

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子どもの医療費助成が9年ぶりに拡大される

  • 難病や慢性疾患の子供への医療費助成を拡大する改正児童福祉法の成立を受け、厚生労働省の専門委員会は30日、新たに107疾患を助成対象に加えることを決めた。患者数は推計3万〜4万人。来年1月に導入する。
    出典 :子供の難病:医療費助成、新たに107疾患 - 毎日新聞
  • 子供の難病の助成制度で対象疾患を増やすのは9年ぶり。現行制度で助成対象となっている514疾患も、新しいデータなどを基に598疾患に分類し直す。これにより助成対象は新たに加わるものを含めて705疾患になる。患者数は約15万人となる見通し。
    出典 :子供の難病:医療費助成、新たに107疾患 - 毎日新聞
  • (新たに加わる疾患)
    ・ダウン症候群
    ・先天性風疹症候群
    ・コケイン症候群
    ・先天性水頭症
    ・小児交互性片まひ
    ・デュシェンヌ型筋ジストロフィー など

  • 現行の助成制度は、重症を全額助成とし、軽症は保護者の年収などに応じて一部を自己負担としている。
    新制度は、対象疾患を拡大する一方で幅広く自己負担を求める仕組み。重症も保護者の年収などに応じて一定額を負担することになる。
    出典 :子供の難病:医療費助成、新たに107疾患 - 毎日新聞
  • 子育てに役立つ主な助成金について

  •  

    子育てにはお金がかかるもの。
    そんなお母さんの役に立つ、主な助成金についてまとめてみました。

  • 1.育児休業給付金

  • 2.児童手当

  •  

    児童手当を受け取るためには、年に一回(6月)に現況届の提出が必要となります。

  • 3.子どもの医療費助成

  • 一般的には、東京都23区では親の所得制限はありません。さらに、区によっては独自の出産お祝い制度を設けているところもあり、子育てへの支援がより手厚くなっています。一方、市部では親の所得制限を設けているところが多く、助成内容は23区に比べて薄い傾向があります。
    出典 :子どもにかかる医療費をカバーする「医療費助成制度」 | 保険選びのコツ | 保険比較ライフィ
  • これは、都心では少子高齢化が特に進んでいるため、子どものいる家庭への支援を重視することで人口を増やし、税収をアップさせるための政策と考えられます。
    出典 :子どもにかかる医療費をカバーする「医療費助成制度」 | 保険選びのコツ | 保険比較ライフィ
  •  

    例えば、東京都千代田区だけは2011年4月から「高校生等医療費助成制度」を開始し、助成対象者の範囲を広げているとのこと。

  • 最後に

  • 子どもの医療費助成制度は、自治体によって大きく違います。
    これから出産子育てを行おうとしている人は、子どもの医療費助成の制度を比較して住む場所を決めてみるのも良いかもしれません。

  • まだ気が付いていないけれど利用できそうな制度があるかもしれません。わからないことがあればそのままにせず、居住している区市町村の広報誌で情報を探したり役所の窓口で聞いたりして、確認してみるとよいでしょう。
    出典 :4/4 東京都の子ども医療費助成を比較!2014 [医療保険] All About