がん予防!コゲや熱い食べ物はやっぱりダメだった!

がんは生活習慣が要因で起こるとも言われていますね。
タバコ、飲酒、ストレス・・・たくさんの要因を聞いたことはあると思いますが
どの情報が本当なのか??
しっかり頭に入れてがんを予防しましょう!

view136

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • がんは予防できる

  • がんは、予防することができる病気です。がんの原因やハイリスク集団が明らかにされ、具体的な予防法が開発され、がん予防対策が効果的に実施されれば、がんの発生率とそれに続く死亡率は確実に下がるでしょう。
    出典 :日本人のためのがん予防法:[がん情報サービス]
     

    予防できるなら日々気をつけるのです!!

  • がんの原因

  • 遺伝子異常をおこさせる物質(変異原物質)を「イニシエーター」といい がん細胞を増殖させる物質を「プロモーター」と呼びます。「イニシエーター」には 放射線や紫外線・ウィルス・魚の焼け焦げなどがあり、「プロモーター」には 女性ホルモンや胆汁酸・高塩分・タバコ・人工甘味料・農薬(DDT・BHC)・PCBなどが知られています。

     生活習慣や食物などを広く「環境」とすると癌の95%は環境要因によるとされています。特に食物と喫煙で癌の2/3が発生すると推定されています。
    出典 :���Ɗ��\�h
     

    やっぱりタバコはダメですね。。。

  •  

    やめたいのに・・・・

  • 特に、喫煙と飲酒は、確立したリスク要因です。両方の習慣がある人では、さらにリスクが高まることが示されています。反対に、喫煙習慣も、飲酒習慣もない人が、食道がん(扁平上皮がん)になることはとても稀です。

    また、熱い飲み物や食べ物を好む習慣も、食道がん(扁平上皮がん)のリスクを高める要因とされています。実際に、熱いマテ茶を飲む習慣のある南ブラジルやウルグアイなどでは食道がんが多く、日本や香港、中国などの複数の研究でも、熱い飲食物が食道粘膜を傷つけて食道がんのリスクを上げると報告しています。
    出典 :たばこと熱い飲食物を避け、飲酒は適量で、食道がん予防|たまむすびけんぽ:たまむすび 協会けんぽ 健康サポート
     

    飲酒!喫煙!熱いもの!!これは食道がんを高めるのです。。

  •  

    居酒屋で鍋なんて・・・
    がんになるじゃないの。。。。

  • たとえば、アルコールの飲みすぎが危険因子となるのは口腔・咽頭がん、食道がん、肝臓がん、塩辛い食べ物が危険因子となりうるのは鼻咽頭がんや胃がん。動物性脂肪のとりすぎは、大腸がんや乳がんなどの危険因子となりうる。
    出典 :冷たい飲み物や熱い食べ物が好きな人はガンになりやすい! - 暮らしの安全注意報[アラーミー]
     

    塩辛い食べ物が好きなら胃がんを注意

  •  

    塩辛なんてもうだめじゃないかーー

  • 予防法

  • 世界の癌発生は、毎年約1千万人といわれますがこのうちの約3割は食事等で予防すること が可能であるとされています。
     ビタミンCとビタミンEとカロチンは発癌物質であるイニシエーターの働きを抑え、 ビタミンAとカロチンは細胞膜を強くして発癌促進物質であるプロモーターの働きを弱める働きがあることが解っています。

    食生活の改善、特に植物性食品を 主体とする食事が、癌予防に非常に有効であることを強調しています。
    出典 :���Ɗ��\�h
     

    植物性食品が有効なのですね!!

  • ★★★★★★
    1.バランスのとれた栄養
      食事の中にはがんを引き起こす物質とおさえる物質がともに存在します。多くの食品をとることでバランスがとれて、がんに対するプラスとマイナスの要因が相殺され、がんを予防します。
    ★★★★★★
    2.毎日変化のある食生活
      好きなものばかり食べ続けるとがん発生促進物質が蓄積します。偏りのない食事を心がけ変化のある食卓は楽しみにもつながり、ストレスをためこまない大きな役割もあります。
    ★★★★★★
    3.食べ過ぎを避け脂肪は控えめに
     過剰なエネルギー摂取は、さまざまな種類のがん発症を促進します。特に脂肪の摂りすぎは、乳がんや大腸がん・前立腺がんなどの発症に関与しているといわれています。
    ★★★★★★
    4.酒はほどほどに
     アルコールの多量摂取は肝臓がんにつながります。また、強いアルコールは粘膜の細胞を傷つけ、口腔がん・咽頭がん・食道がんの発症にも関与するといわれます。
    ★★★★★★
    5.タバコは吸わないように
     喫煙者は非喫煙者に比べ、喉頭がんは30倍、肺がんは5倍の死亡比になります。喫煙はまわりの人のがん発生をも促進するといわれています。始めた年齢が低いほど、年数が長いほど、がんにかかりやすくなります。
    ★★★★★★
    6.適量のビタミンと繊維質を食べ物から摂る
     ビタミンA・C・Eをはじめ、食物繊維β-カロチンなどは、がん発生を抑制します。しかし、その物質だけを摂取すると効果がなかったり、反対に促進する場合さえあります。食べ物から摂ることが、がん予防につながります。
    ★★★★★★
    7.塩辛いものは少なめに、あまり熱いものは冷ましてから
     塩分の過剰摂取は胃がん発症に関与します。1日10g未満の塩分摂取を心がけましょう。また、熱いものは食堂の炎症を引き起こすため、食道がんの発症に関係します。あまり熱いものは、ある程度冷ましてから食べるようにしましょう。
    ★★★★★★
    8.焦げた部分は避ける
     肉や魚の焼け焦げは多くの発がん物質を含むので、大量に食べないこと。直火で焼いたりソテーしたりして焦がすと生成され、調理温度が高く調理時間が長いほど、量が増えます。野菜には発がん作用を低下させる働きがあるので、肉や魚には野菜を添えたりして食べましょう。
    ★★★★★★
    9.カビの生えたものに注意
     あるカビが作り出す『アフラソキシンB1』という物質には、強力な発がん作用があります。

    10.日光に当たり過ぎない
     日光(紫外線)で肌を焼くということは、一種のやけどをすることです。つまり、炎症を起こしている状態なので、これが長く続くと細胞の遺伝子が傷つきやすく皮膚がん発症を促進します。また、紫外線には遺伝子を傷つける作用があります。真っ黒になるまで肌を焼くのはやめましょう。
    ★★★★★★
    11.適度にスポーツをする
     疲労やストレスは体の生理機能を低下させます。そうなると、さまざまな病気にかかりやすくなるので、がん予防にも大敵です。運動やスポーツを楽しむことでストレスも解消し、体力もついて体全体の免疫力をも高めます。
    ★★★★★★
    12.身体を清潔に
     不衛生によって発祥するがんもあるので、毎日シャワーを浴びたり入浴したりして身体を清潔に保ち、発がん物質を取り除くことでがん発症を防ぎましょう。
    出典 :がん予防のために
     

    やっぱりコゲはダメなんですね!
    野菜をしっかりとりましょう!!

  •  

    野菜は毎日!!

  • 喫煙 >>

    たばこは吸わない。他人のたばこの煙をできるだけ避ける。


    飲酒 >>
    飲むなら、節度のある飲酒をする。


    食事 >>


    偏らずバランスよくとる。
    * 塩蔵食品、食塩の摂取は最小限にする。
    * 野菜や果物不足にならない。
    * 飲食物を熱い状態でとらない。



    身体活動 >>

    日常生活を活動的に。


    体形 >>
    適正な範囲内に。


    感染 >>

    肝炎ウイルス感染検査と適切な措置を。
    出典 :がん予防法の提示 | 科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究 | 国立がん研究センター がん予防・検診研究センター
     

    たばこと食生活が一番の予防方法です

  •  

    がん予防は食生活から!!

    禁煙をして野菜を毎日とって運動する!!


    これだけでがんを予防できるのです~
    少しだけがんばってみませんか?