乾燥肌なんて見せられない。手入れ方法を見直そう。

view40

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • コラーゲンを食べると肌に良いって、ほんと?

  • コラーゲンを豊富に含む食物やサプリを飲んでも肌に良いと聞き、必死に摂取していませんか?女子会のメニューではコラーゲン鍋なるものも人気ですよね。そもそも、年を重ねるごとに真皮内のコラーゲン量が減ってしまう原因は、卵巣から出るエストロゲンという女性ホルモンの減少と大きく関係しています。

    なので、コラーゲンの摂取によって、肌のコラーゲンが増えることはありません。体内に入ったコラーゲンは、胃や腸でアミノ酸に分解されてしまい、コラーゲンのまま吸収され肌に届くことはないのです。

    真皮内のコラーゲンを増やすには、コラーゲンそのものではなく、レチノールなどのコラーゲンの合成を促す成分を塗るのが効果的。
    出典 :「保湿」で知ってほしい3つの成分 Part 1 ~コラーゲンのうそ・ほんと~ | ベツバラ (vitamin ef)
  • 保湿

     

    みずみずしくハリのある美しい肌でいるために必要なのは、水分を「保つ」「維持」する力です。

    効果的なケアのためにはまず土台づくりが重要となります。

    肌のしっとり感=湿り気を与えて保持させるのが「保湿」です。
    肌が持っている水分や湿り気を蒸散させないようにするのが「保水」と言います。
    みずみずしさを与えつつ、逃がさないようにするのが乾燥対策の基本です。

    乾燥が気になるからといって、洗顔を怠るのは絶対にNGです。
    潤いを重視した洗顔料を選んで優しく汚れを落としましょう!
    またスキンケア時に刺激を感じる場合は、低刺激のものに変えましょう。

  • シートマスク

     

    シートマスクは、だいたい顔よりも大きめにできているので、余った部分が浮いたりよれたりしがちですね。
    顔に当てるために切り込みが入っていますが、必要があれば自分で切り込みの数や深さを追加してしまいましょう。
    余分な部分を、重ねるように乗せると肌への密着具合が格段にアップします。
    また、マスクを乗せている時間は、長ければいいというものではありません!
    そして最も重要なのはシートをはずした後です。
    はずした後、肌を放置してしまうと肌表面に残った美容液や化粧水の水分が蒸発していって、肌の水分も一緒に奪っていってしまいます。

  • 保湿・スキンケアのコツ

     

    赤ちゃんの保湿を行う時のコツは手のひら全体を使って「ゆっくりと」「優しく」行うことがコツです。また、保湿剤は一度ママの手のひらで温めてから、塗りたい場所に指先で点々と保湿剤をつけていくとムラを防ぎ、伸ばしやすくなります。

    ◆手足の保湿

    上から下へ、しわに平行に保湿剤を塗っていきます。

    ◆おしりの保湿

    両手のひらを左右のおしりに置いて、中央から外側に向かって円を描いていきます。

    ◆おなか、背中の保湿

    中央から外側へ手のひら全体を使って保湿剤を丁寧に伸ばしていきます。

    ◆お顔の保湿

    目の周りや頬の部分をくるくると円を描いて顔全体に保湿剤を塗ります。耳の後ろも忘れずにケアしましょう。目に保湿剤が入らないように注意します。

    ◆頭の保湿

    頭皮も乾燥するとフケのようなものができるので、髪の毛を分けて指の腹ですり込むように塗ってあげましょう。

  • お風呂上がりのケア方法で左右される!?

     

    “保湿”と聞いてもっとも気をつけたいタイミングは、お風呂上がり。このタイミングで顔のスキンケアを行うのはもう当たり前ですが、それと並行してボディの保湿も忘れてはいけないのです。「とりあえず顔のケアだけして、ボディケアはゆっくりとくつろいでから……」という方も多いかと思いますが、それではせっかくのケアも効果が半減してしまいます。

    お風呂上がりはタオルで全身の水分をやさしく軽く拭いてから、できる限り早いうちにボディの保湿を行いましょう。理想は5分以内です! お風呂上がりのお肌は潤っていそうですが、水分を蒸発しやすく、想像以上に乾燥しやすくなっています。早めの保湿を行うほかにも、熱すぎるシャワーや、40℃以上での長湯、ナイロンタオルやブラシで体を強くこすって洗うといったことは避けることがポイントです。

  • スピード保湿で全身しっとりやわらか肌に

  • もちろん顔は最優先でケアをしてくださいね。
    浴室から出てすぐ、顔に化粧水を塗るついでに全身に塗っても良いですし、後からしっかりケアの時間を取れる場合は、とりあえずブースターコスメを全身にスプレーするといった方法も良さそうです。また、ボディクリームを使用している場合には、そこに1〜2滴のオイルを垂らして使うと、肌なじみがさらに良くなり、保湿力がアップします。

    とにかく、お風呂上がりにお肌を無防備な状態にしてはいけません! そして肝心なのはスピードです。
    冬は普段は肌の露出が少ないですが、クリスマス……年をまたいでバレンタインなど、イベントが続々とあり、ドレスアップする機会があるかもしれません。
    出典 :冬の乾燥対策!お風呂上がりの最速保湿で全身やわらか肌に | エトヴォス美容コラム
  • ビタミンは皮膚の健康を保つ上では欠かすことのできない栄養素のひとつです。
    最近特に注目されているのが、皮膚の老化や炎症を助長させる血液中に含まれる活性酸素と呼ばれる物質を除去する抗酸化作用です。
    活性酸素は呼吸とともに入ってくるので、ゼロにすることはできません。
    その抗酸化作用のあるビタミンは、ビタミンCとEです。
    ビタミンCは主に野菜や果物に多く含まれ、お肌のはりの要因であるコラーゲンの生成を助けてくれます。
    コラーゲンを摂取するよりも、ビタミンCを摂取したほうがはるかに効率的です。
    次にビタミンEはナッツ類、大豆、ごま、アボカドに多く含まれています。
    出典 :乾燥肌の改善対策に良い事・良い成分をまとめました
  • 美白・美肌を意識した保湿ケア

  • ビタミンC誘導体
    ハイドロキノン
    エスクレシド
    アルブチン
    出典 :しみ・そばかすを消す&薄くする美白化粧品 | 人気の美白化粧品ランキング|しみ、くすみを徹底美白
     

    乾燥肌によるシミ等のトラブルを防ぐために、有効な成分を含みながらの保湿が重要

  • ディセンシア・サエルとアンプルールは、雑誌やTVで取り上げられている、注目の美白化粧品です。美白コスメについて、情報を集めてみると、この2つの美白化粧品に、辿り着く方も多いのではないでしょうか?
    出典 :サエルとアンプルールどっち?徹底比較 | 人気の美白化粧品ランキング|しみ、くすみを徹底美白
     

    保湿を意識するか美白を意識するかで変わってきそう