「B型肝炎」とはどんな病気??

B型肝炎ってよく耳にしますが、いったいどんな病気
なのでしょうか?
症状などご紹介したいと思います。

view239

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • B型肝炎

  • B型肝炎ウイルスによって肝臓の細胞が破壊されてしまう病気がB型肝炎です。
    B型肝炎ウイルスは血液、唾液、精液、膣分泌液に潜み、
    セックスの際にできる、微細な傷から感染する性感染症です。
    出典 :B型肝炎 上野クリニック
  • 感染力が強い

     

    B型肝炎ウイルス(HBV)の感染が原因で起こる肝炎のことを、「B型肝炎」といいます。
    肝炎になると、肝臓の細胞が壊れて、肝臓の働きが悪くなります。
    急性肝炎として数ヵ月で治る場合もありますが、慢性化した場合は、肝硬変や肝臓癌へ進行することもあるので
    気をつけないといけない病気です。

    引用:http://www.std-lab.jp/stddatabase/hbv.php

  • 感染経路

  • B型肝炎の感染経路は、セックス、輸血などの血液による感染、母子感染があります。
    セックスによる感染率は、エイズウイルスより高いと言われています。
    B型肝炎はアジアやアフリカで多くみられるので、海外で感染して国内に持ち帰るケースが多いです。
    出典 :B型肝炎とは?:性病検査のアイラボ
  • セックスパートナーの数が多いほど感染者が多いと言われています。
    出典 :B型肝炎とは|STD研究所 性病についてのお悩み解決サイト
  • どうやって感染する?

  • ・B型肝炎ウイルスは、HIV(エイズウイルス)やC型肝炎ウイルスより感染力の強いウイルスです。
    ・感染者の唾液にも微量のウイルスは含まれていますが、飲み物の回し飲み程度では感染しません。
    ・B型肝炎は慢性化することはほとんどありませんが、関東を中心に慢性化する欧米型ウイルスが広がりを見せています。
    ・妊婦の方は、妊婦検診を受けることにより、出産時の母子感染を防ぐことができます。
    ・輸血による感染は、献血された血液を検査することにより、現在ではほぼ起きていません。
    出典 :B型肝炎とは|STD研究所 性病についてのお悩み解決サイト
  • 感染力

  • HBVに感染している人の血液は、C型肝炎ウイルス(HCV)やエイズウイルス(HIV)に感染している人の血液に比べて感染力が高いのです。そのため本人が気付かない程度でも、炎症がある場合には精液や体液、分泌物などにごく微量の血液が混入する場合があり、これらを介してHBVの感染がおこることはあります。
    出典 :B型肝炎とは?:性病検査のアイラボ
  • 症状

  • B型肝炎の潜伏期間は1~2ヶ月です。
    B型肝炎の症状としては、体が疲れやすくなるとともに、
    不眠症や食欲不振、吐き気、微熱や下痢がおきます。
    また、B型肝炎に感染すると肝臓周辺に鈍い痛みを感じることもあります。
    出典 :B型肝炎 上野クリニック
  • B型肝炎の主な症状は倦怠感、食欲がない、関節痛、赤褐色の尿が出る、微熱、黄疸などがあります。実際に症状がでる人は感染者の3割とされています。その一方で劇症化する事もあります。
    その場合にはそのまま放置すると7割の人が死亡します。
    出典 :B型肝炎とは?:性病検査のアイラボ
  • 症状

     

    男性・女性共に倦怠感(体がだるい)、食欲不振、黄疸の出現等、肝炎症状を呈す。1~2%に劇症化がみられる。
    感染者の半数以上は症状が出ないまま、自然に治ります。
    安静にしている事で3ヶ月程度で回復してしまう事もあります。

  • 治療法

  • B型肝炎の治療にはこれといった決め手はないといわれます。
    何より大事なのは安静療法です。じっと寝ていなければなりません。
    出典 :B型肝炎 上野クリニック
  • 一般的には治療しなくても3ヶ月以内にHBs抗原およびHBVDNAは消失するが、慢性化した場合は治療の対象になることもある。
    出典 :B型肝炎とは?:性病検査のアイラボ