重症化すると危険!妊婦の高血圧 予防するために検診は必ず受けましょう 

妊婦の高血圧は母体や胎児に深刻な影響を及ぼすことも
無事出産するまで生活習慣に気を付けて防ぎたいものですね
妊娠高血圧症候群の原因や対策についてまとめます

view188

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠高血圧症候群とは

  • 妊娠20週以降に高血圧があらわれ、産後12週までに血圧が正常になる場合をいいます。
    出典 :妊娠高血圧症候群:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
     

    妊婦さん約20人に1人の割合で起こるようで、妊娠32週以降に発症することが多そうですが、32週未満で発生した場合は重症化しやすいので注意が必要です

  • ・妊娠高血圧症(高血圧のみ)
    ・妊娠高血圧腎症(高血圧とタンパク尿両方)
    ・加重型妊娠高血圧腎症(妊娠前の高血圧と妊娠後のタンパク尿)
    出典 :妊娠高血圧症候群
     

    2005年までは「妊娠中毒症」という病名で、高血圧、蛋白尿、むくみ(浮腫)のいずれかがあれば妊娠中毒症と診断されましたが、むくみは多くの妊婦が経験するため、その後基準が改正され、高血圧があってはじめて妊娠高血圧症候群と呼ぶようになったそうです

  • 重症化した場合の妊婦の高血圧合併症

     

    母体:
    けいれん発作(子癇)、脳出血、肝臓や腎臓の機能障害、肝機能障害に溶血と血小板減少を伴うHELLP症候群

    赤ちゃん:
    胎児発育不全、胎盤が子宮の壁からはがれて赤ちゃんに酸素が届かなくなる(常位胎盤早期剥離)、胎児機能不全、胎児死亡など

  • 妊婦の高血圧【原因】

  • もともと糖尿病、高血圧、腎臓の病気などを持っている、肥満、お母さんの年齢が高い(40歳以上)、家族に高血圧の人がいる、双子などの多胎妊娠、初めてのお産(初産婦)、以前に妊娠高血圧症候群になったことがある妊婦さんはこの病気になりやすいので注意してください
    出典 :妊娠高血圧症候群:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
     

    体質の差はあるものの、妊婦の高血圧は気を付けていればある程度は予防できるようです
    もし発症しても、重症化を防ぐために気を付けましょう

  • 病気の発生原因(最も有力な説)

     

    妊娠初期にに胎盤の血管が異常な作られ方をしてしまう、という説

    胎盤を作る過程での『子宮側の血管の壁を一度こわして、より多くの血液が赤ちゃんに流れるように血管の壁のしくみを作り直す過程』が十分ではない可能性があり、母体が胎児への酸素や栄養素の受渡しをできるだけ多く流そうとした結果高血圧が起こるという考え方があるそうです

  • 赤ちゃんの発育に問題のない妊娠高血圧症候群も多くありますし、逆に赤ちゃんの発育が悪くても妊娠高血圧症候群にならない例もよくあります。
    出典 :日本妊娠高血圧学会
     

    発生原因に関しては何も分かっていないというのが現状のようです
    悪化原因については明らかになっているようなので、そちらについてみていきます

  • 妊婦の高血圧【悪化する場合】

  • 妊婦の高血圧が症状となって現れる原因

     

    妊娠高血圧症候群のほとんどは「血管の壁が傷むこと」で説明できると言われているそうで、実際に医療の現場で大きな問題となる重症の妊娠高血圧症候群については、必ずと言っていいほど血管の壁に起こる異常が含まれています

  • 子癇とは妊娠20週以降に初めて痙攣発作を起こし、てんかんや二次性痙攣が否定されるもの、発作の発症時期により、妊娠子癇、分娩子癇、産褥子癇にわけられます。
    出典 :子癇(しかん) | 妊娠の異常
     

    子癇発作は脳血管の痙攣と脳浮腫によって発症すると考えられています

  • HELLP症候群は、重症妊娠高血圧症候群の約10%に合併(全妊娠の約0.1%にあたる)するとされ、突然の上腹部痛ではじまり、診断が遅れると播種性血管内凝固症候群(DIC)という血液が固まりにくい状態や肝不全の状態に陥り致命的となるため重篤な疾患といえます。
    出典 :山本産婦人科(三重県津市)の妊娠高血圧症候群の危険性と予防法についてのページです。
     

    主な症状は溶血 ・肝臓からの酵素の上昇 ・血小板減少だそうです

  • 妊婦の高血圧【対策】

  • まず定期健診にしっかり行き、妊娠高血圧症候群の症状が出ていないか診てもらいましょう。健診を怠っていると早期に発見できず、重症化する恐れがあるので気をつけましょう
    出典 :妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の予防方法-妊娠・出産・育児のママベビ
     

    妊娠高血圧症候群は原因が不明なため、完全な予防は難しいものの、普段の生活に気をつけることによって、ある程度までは予防できると言われているようです

  • 妊婦の高血圧 リスク回避するためには

     

    ・急激に太ると、血圧上昇につながる可能性が高いので、体重管理はしっかりしていきましょう
    ・規則正しい生活、妊婦に必要なカロリーや栄養を摂取しましょう

  • 妊娠中の体重増加の目安は……
    妊娠前やせていた人の体重増加 =9~12kg
    普通の体型の人の体重増加 =7~10kg
    太っていた人の体重増加  =5~7kg
    出典 :妊娠高血圧症候群を予防する4つのポイント! - gooベビー
     

    完全に予防できる病気ではないようですが、素因を少なくするためにも、体重管理に気を付けましょう