無痛分娩はほんとに痛くない?無痛分娩について

出産の痛みってものすごく痛いって聞きますよね。無痛分娩にしようって思う方も多いはず。でも、ほんとうに痛くないのでしょうか?
無痛分娩について調べてみました。                                                                    

view198

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 普通分娩について

  • では普通分娩とは?

     

    普通分娩とよくいいますが、どのような出産を普通分娩というのでしょうか?

  • 陣痛が起こり赤ちゃんが産道を通って産まれる
    赤ちゃんがお母さんの膣(産道)を通って出てくる出産方法で、経膣分娩といわれているものです。病院や産院で、医療器材に囲まれ、状況に応じて陣痛促進剤や会陰切開などを行います。現在、病院・産院での主流になっている分娩方法といえます。
    出典 :一般的な分娩方法「普通分娩」とは
  • 無痛分娩について

  • 無痛分娩とはどのような出産でしょう?

     

    無痛分娩についてみてみましょう。

  • 無痛分娩は陣痛を麻酔で緩和して行う出産方法です。陣痛が始まる前から麻酔をする場合と、お産がある程度進んでからする場合があります。現在主流である硬膜外麻酔は局部麻酔の1つであり、麻酔後も意識がはっきりしているので、いきみは弱くなりますが、赤ちゃんの産声を開くこともできます。
    出典 :【無痛分娩とは?】無痛分娩のメリットとリスク
  • 現在、無痛分娩というと「硬膜外麻酔分娩」が中心です。硬膜外麻酔とは背中(硬膜外腔)に細いチューブを入れて麻酔薬を注入する方法です。これにより、出産の痛みをかなりコントロールすることができます。
    出典 :無痛分娩とは?
  • 出産する時の痛みは、主に子宮が収縮(子宮がぎゅっと小さくなろうとしながら赤ちゃんを押し出そうとする働き)する時の痛みや、赤ちゃんが通りやすくするために産道が広がる時の痛みです。無痛分娩とは、麻酔薬を使うことで、この痛みをやわらげながら産むことをいいます。
    出典 :無痛分娩【いろいろな出産・分娩方法】 | 女性の病院検索【もこすく】
  • 痛みはないのでしょうか?

  •  

    痛みはあるの?まったくないの?どうなのでしょうか?

  • 無痛分娩も陣痛の痛みはあります。子宮口がある程度開くまでは自然分娩と同じように陣痛を逃さなくてはなりません。お産の進行を見て麻酔を注入するのですが、それでも子宮口が全開大になるまでは微量の麻酔なので痛みは完全に消える事はありません。そして子宮口全開大になったのを見て、完全に麻酔により痛みが無くなるそうです。
    出典 :無痛分娩で痛みはあるの?
  • 無痛分娩は陣痛の痛みを緩和させるというだけで多少の痛みはあるという事を覚えておきましょう。麻酔が効くまでの時間は、自然分娩と同じように陣痛があります。麻酔が全く効かず痛みが緩和されないまま出産してしまったという事例もよく耳にします。
    出典 :無痛分娩のリスクやメリット-赤ちゃんの部屋
  • 麻酔によって、陣痛や会陰が伸びるときの痛みをとり除く出産法なら、緊張しやすい人、痛みに弱い人でもリラックスしてお産に臨めるはず。
    出典 :痛みを麻酔で抑えるので、お産が楽になる!【無痛分娩 】 - gooベビー
  • いろいろな体験談

  • 主治医が無痛分娩を勧めていた。自分も痛みに弱い人間だと思ったので無痛分娩を希望した。無駄に体力を使わず、痛みに対して恐怖心もなく産むことができた。しかし、麻酔が最後効かなくなったり、前日から何も飲まず食わずだったので、辛かった。
    出典 :無痛分娩|プレママタウン
  • 持病がある為、無痛分娩にしました。最初の麻酔注入する時はとても痛くて辛かったですが、その後はまったく痛みも無く楽なお産でした。しかし、お産が終わり麻酔が切れてからの後産がとても痛くて、切開した部分も痛くてしんどかったです。
    出典 :無痛分娩の体験談
  • 無痛=全く痛くないと思っていましたが、 陣痛の痛みをとるために背中から管を入れるための注射が、 大暴れするほど痛かったです。
    出典 :無痛分娩の体験談をいくつかご紹介します :無痛分娩の不安を和らげる
  • 陣痛の痛みがほとんど無い為とても楽に出産できました。よく産んだ感覚がないようではといわれましたが、そんなことはありませんでした。ちゃんと出て来てる感覚がとてもよく分かっていました。逆に普通に産むより無痛で産んだ方が、下りてくるのが良くわかると思いました.。
    出典 :無痛分娩体験者のご感想
  • 無痛分娩にするメリットは?

  • 無痛分娩のメリットは

     

    無痛分娩にした方がよい妊婦さんもいるかと思います。
    メリットはなんなのでしょうか?

  • ・痛くない
    ・お産の疲労が少なく、回復が早い
    ・何らかの理由(病気など)で通常のお産に耐えられない場合に有効
    出典 :無痛分娩のリスクやメリット-赤ちゃんの部屋
  • 血圧が高い人、緊張しやすい人に効果大
    麻酔剤は血圧を下げるため、妊娠中毒症など血圧が高い人には効果的。陣痛のせいでパニックになったり、疲れで分娩時間が長引くのも防げます。落ち着いてお産に臨める点がいちばんのメリット。
    出典 :痛みを麻酔で抑えるので、お産が楽になる!【無痛分娩 】 - gooベビー
  • 最大のメリットは陣痛による体力消耗を防げる事です。陣痛に耐えるという事はかなりの体力を消耗する事になり陣痛に対する恐怖心やパニックに陥る事も多々あります。産道の筋肉が硬くなり赤ちゃんがなかなか降りて来れないといった事になります。無痛分娩にする事で筋肉の緊張が解けてスムーズなお産になり難産を防げます。
    出典 :無痛分娩でのメリットとは
  • デメリットは?

  • 無痛分娩のデメリットは?

     

    どのようなデメリットがあるのでしょうか?

  • 陣痛による子宮に痛みを感じる神経領域と、子宮の収縮を起こす神経領域が近い為、麻酔を注入したら、子宮の収縮を起こす神経領域まで麻酔液がまわってしまい、陣痛が微弱になってしまう事があります。子宮が全開大になった時にいきむ感覚がわからなくなり、分娩時間が長引いて赤ちゃんが苦しい思いをする事があります。
    出典 :無痛分娩でのデメリットとは
  • その為、陣痛促進剤が必要になる事が多く、その他にもいきむ感覚がわからないので、鉗子分娩や吸引分娩になる事も多く、その分の費用もかさみます。そして、吸引分娩になると赤ちゃんへの負担もとてもかかります。このように無痛分娩での出産は吸引分娩や鉗子分娩になる確率がグンと上がります。
    出典 :無痛分娩でのデメリットとは
  • いきむタイミングが分からない為、助産婦さんにいきむタイミングを教えてもらいながらいきみます。いきむ力が弱くなったりして分娩に時間がかかってしまう事もあります。一時的に足が動かなくなり歩けないなどの症状が出る事もあるそうです。陣痛が弱まり吸引分娩になるママが多いそうです。そうなると赤ちゃんへの負担がかかってしまいます。
    出典 :無痛分娩のリスクやメリット-赤ちゃんの部屋
  • 赤ちゃんや母体にリスクは?

  •  

    麻酔分娩とも呼ばれる無痛分娩。麻酔のリスクはないのでしょうか?赤ちゃんに対する影響はどうなのでしょう?

  • この麻酔法は使用する麻酔薬の量が少ないのが特徴です。
    胎児(赤ちゃん)への影響ですが、あまり心配ないと言われているようです。その理由は、硬膜外無痛分娩では赤ちゃんに届く麻酔薬は問題にならないくらいの極微量だと言われているからです。
    出典 :無痛分娩が胎児(赤ちゃん)に与える影響-無痛分娩ホントのところ
  • 敢えて影響があるとすれば、母体が低血圧を起こしたときの胎児徐脈(心拍数が低下すること。)でしょう。一時的に赤ちゃんの心拍数が低下することがありますが、お母さんの血圧の回復とともに赤ちゃんの心拍数も回復します。短時間の徐脈のため、生まれてきた赤ちゃんの状態に問題は無いと言われています。
    出典 :無痛分娩が胎児(赤ちゃん)に与える影響-無痛分娩ホントのところ
  • 日本では無痛分娩を取り扱っている産婦人科もまだ少ないです。 麻酔を注入するのに4mmぐらいの細い所に注入しなければならないので医者の手技も必要で少々難しいといわれています。その為か麻酔が効かず何回も麻酔を打って痛い思いをしマックスの痛さの陣痛も経験してしまい、最悪の結果になってしまったといった経験をした人が沢山います。
    出典 :無痛分娩でのリスクとは
  • 麻酔を注入する際に誤って硬膜内に麻酔液やカテーテル(管)が入ってしまう危険性があることです。麻酔といっても色々な方法があるのですが部分麻酔のように痛みを和らげる部分に単に注射を打つ方法ではありません。背中からチューブを入れそこから麻酔を注入します。最悪の場合ショック状態を起こしたり呼吸停止になってしまう事もあります。
    出典 :無痛分娩のリスク
  • どのような麻酔でもリスクは伴い、麻酔を打った事によって血圧が下がったり、嘔吐して気管にものが詰まってしまう事も考えられます。一度でも何らかの麻酔を打ったときに、変わった様子が見られた事がある人は、無痛分娩を行わないほうが良いかもしれません。
    出典 :無痛分娩のリスク
  • 無痛分娩について

     

    私は普通分娩で二度出産を経験していますが、無痛分娩もできる産院でした。一人目の時に陣痛は12時間と普通にありましたが、あまり痛みを苦しいとは感じず、とても落ち着いたお産でした。
    ですので、二人目も無痛分娩は考えませんでしたが、二人目の方が陣痛の痛みも分娩の痛みも強かったように思います。(破水してしまったのもありますが…)出産の痛みは人それぞれ感じ方が違うので、自分にあった出産方法であるならば、どのような分娩方法でもいいのではないかと思います。
    ただ、その方法のリスクをきちんと理解する事が大切ですね。