妊娠初期のハーブ摂取は気を付けよう

女性はハーブティが好きな人も多いでしょうし、不妊治療の一環としてハーブティを使用する方もいます。しかし、妊娠してからは注意が必要なようです。

  • MUMMY 更新日:2014/03/04

view232

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ハーブティーはその多くがノンカフェインであることなどから、妊娠中のヘルスケアをかねた飲み物としてよく知られています。中には妊婦のマイナートラブルなどの体調を整えてくれるハーブティーもあり、日本の妊婦さんの間でも一般的に飲まれるようになってきました。
    出典 :妊娠中は控えた方が良い禁忌・禁止ハーブ一覧
     

    ハーブティはヘルスケアにもなるんですね。
    なら、飲んではいけないってことはないのかな?

  •  

    体調を整えてくれるのは嬉しいです。

  • 飲んではいけないハーブティーがある?

  • ハーブは薬効効果がありますので、妊娠中には飲んではいけないハーブティーもあります。
    出典 :【ハーブティー】- 妊娠to安産.com
     

    いつもの調子で飲んではいけない!

  • 妊娠3ヶ月まではどんなハーブも使用しない方がいいとされています
    出典 :カフェインレスでも思わぬ効果に注意!妊娠中・授乳中のハーブティー選びのポイント
     

    飲んでもいいハーブかどうか確認して飲んだ方がいいですね。

  • なぜ飲んではいけない?

  • 女性ホルモンに作用してお産を促す可能性がるものや、お腹をゆるくする作用のあるハーブは妊娠中には避けたほうが安心でしょう。
    出典 :【ハーブティー】- 妊娠to安産.com
     

    作用をよく見ずに飲んでいたらもっと困ったことになりかねない!

  • 飲んではいけないものの例は?

  • セージ、ローズマリー、セントジョーンズワート、ジャスミン、バレリアン、マテ、アンジェリカ、フィーバーフュー、ジュニパー、アロエ など
    出典 :【ハーブティー】- 妊娠to安産.com
  • 妊娠中は禁忌とされているハーブ
    アンゼリカ、サフラワー、シナモン、ジュニパー、ジンジャー、セージ、ターメリック、タイム、チェストツリー、ハトムギ、ヒソップ、フィーバーフュー、ホアハウンド、マグワート、ヤロウ、リコリス、レッドクローバー、レモングラス、ローズマリー
    出典 :enherbに関するQ&A | enherb [ハーブティー・ハーブ・ハーブ専門店・エンハーブ][株式会社コネクト]
  • 飲まないほうがよいハーブが意外にたくさん!
    摂る時にはきちんと確認しないといけませんね。

  • 飲んだらすぐ問題が生じるの?

  • 妊娠中に誤って上記のいずれかのハーブティーを飲んだとしても、必ず早産や流産してしまうというわけではありません。

    ほんのひと口や、ティーカップに軽く一杯程(サフランやヤロウは注意)であれば問題ありませんので安心して下さい。
    出典 :【こんな人は飲み方に注意】妊娠中や薬服用中に控えたいハーブティーとは | HowToハーブ
     

    適量なら問題ないようです。
    ただし、子宮の収縮を促すようなものもあるので注意が必要ですね。

  • 妊娠中には避けたほうが良いハーブティーを、濃く入れて薬効成分が多く抽出されている状態で一日中何杯も飲んだりしている場合には安全性は保障できないということです。
    出典 :【ハーブティー】- 妊娠to安産.com
     

    容量用法はきちんと守りましょう。

  •  

    妊娠3か月までは控えたほうがよいハーブですが、後期には良いようです。医者と相談し、注意すべきハーブを除いたマタニティブレンドを購入するのもよいでしょう。