虫歯で神経を抜いたのになぜ痛むの?

虫歯で神経を抜いてもらった経験のある人ならおわかりかと思いますが、神経を抜くと、虫歯の痛みもなくなりますし、冷たいものや熱い物がしみるといったようなこともなくなります。しかし、しばらくすると、また痛みがでてくることが・・・神経はもうないのに?どうしてなのでしょう?

view219

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 虫歯がひどくなると、歯を削るだけでなく歯の神経を抜く治療をする必要があります。しかし神経を抜いたあと、再び歯に痛みを覚える場合があります。

  • 歯の神経とは?

  • 神経があるお陰で、私たちは歯に触れたものが熱いか冷たいかを感じたり、むし歯になってもしみる感覚でそれを気づくことができます。
    出典 :歯の神経の治療
  • 神経を取り除くとは?

  • 歯の神経を取り除くと言うことは、神経だけでなく血管も含めて取ることになります。そのため、神経を取り除いた歯は、血が通わなくなり、栄養が届かず枯れ木の様な状態となりもろくなり、かけやすくなります。
    出典 :よくあるご質問(虫歯・歯周病・義歯)---松木歯科医院---高知県高知市 虫歯予防・小児歯科にチカラを入れている歯科・歯医者さん
  • 歯の神経

     

    神経だけでなく、血管もあります。

  • 神経がなくなっても感じる!?

  • 歯の中の神経とは別に、歯の周りにも骨と歯とをつなぐ歯根膜という部分に神経が張り巡らされています。こちらは主に歯を動かす刺激に反応しますので、歯の中の神経がむし歯で死んでしまったり、治療でなくしても、歯がかみ合ったことを感じる能力は残っています。
    出典 :歯の神経の治療
  • 歯根膜

     

    神経をとったのに、感覚があるなんて変だな~と思っていた方もいるのでは?歯根膜にある神経が理由だったのですね。

  • 神経を取ったあとの空間に注意!

  • 神経を取ってしまえば一生涯、歯の痛みを感じないで済むなんてことは無く、神経を取ったあとの空間が、感染を起こしてしまい、数年を経過してから、痛みや腫れが出る可能性がリスクとして残ります。
    出典 :今さら聞けない! 神経抜くと歯はどうなる? [虫歯] All About
  • 薬をきちんと詰めないと膿んでしまう

  • 虫歯が悪化して歯髄まで達している場合や、ケガなどで歯髄を損傷した場合などは、歯髄が腐敗しないように歯の神経をとる処置が必要です。その際、根管をきれいにし、根の先まで薬をつめる処置がきちんと行われないと、後々歯髄が化膿して、歯の根元に膿の袋ができたり痛みを引き起こします。
    出典 :根管治療とは|中野区鷺宮の熊谷歯科医院
  • 痛みの原因

     

    神経がなくなって空間となった部分を、完全に清掃して消毒し殺菌剤をつめて密封することによって、歯根の先が悪くなるのを防ぎます。しかし、本来、お薬で詰まるはずの部分に空間ができてしまうと、そこから炎症をおこしていきます。

  • 虫歯で神経を抜くと、治療期間も長くなるし治療自体も複雑です。そうならないためにも、大きな虫歯を作らないことが大切です!