鎮痛剤のモルヒネで中毒!?

鎮痛剤のモルヒネで中毒が起きる事を知っていますか
そんなモルヒネのあれこれをまとめました

view236

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • モルヒネ中毒とは

  • モルヒネによる麻薬中毒。一時的な大量使用では悪心(おしん)・嘔吐(おうと)、さらには昏睡(こんすい)状態に陥り、呼吸中枢の麻痺(まひ)を起こして死に至る。少量の連用からしだいに増量して慢性中毒となり、不安・不眠・幻覚や手足の震えなどがみられ、摂取を中止すると禁断現象を起こす
    出典 :モルヒネ中毒 とは - コトバンク
  • モルヒネの乱用による中毒。アヘン中毒と同様の症状を呈する。急性中毒は大量注射によって起こり,治療にはモルヒネの拮抗(きっこう)薬であるナロルフィン,アミノフェニルチアゾール等の投与,人工呼吸など。
    出典 :モルヒネ中毒 とは - コトバンク
  • 鎮痛剤のモルヒネに中毒?

  • 原料となるケシから採れるアヘンは紀元前の昔からすでに鎮痛薬として知られていました。19世紀になってドイツのセルチュルナーがアヘンからモルヒネの結晶を取り出すことに成功し、その後痛みとそれにともなう不安感も取り除く非常に有効なくすりとして認められ、現在に至るまで世界中で利用されてきました。
    出典 :鎮痛剤のモルヒネには中毒性がある? | くすりの研究開発 | 日本製薬工業協会
  •  

    モルヒネには大きな問題がありました。アヘンと同様に強い依存性があり、使い始めるとやめられなくなるうえ、次第に量を増やさないと効かなくなるのです。また効く時間が4時間程度と短く、患者さんに1日5~6回も与える必要がありました。そのため使い方を誤ると、モルヒネ中毒におちいってしまいます。

  • こうした課題は早くから指摘され、19世紀末にはすでにモルヒネをコカインと混ぜ、ブドウ酒に溶いて使用するといった工夫も行われています。その後の研究によって、モルヒネは注射すると急激に血中濃度が上がり、中毒を起こしやすいことがわかり、注射薬そのものが改善されるとともに、飲み薬や貼り薬のタイプも開発されました。
    出典 :鎮痛剤のモルヒネには中毒性がある? | くすりの研究開発 | 日本製薬工業協会
  • 副作用

  • a) 便秘 大多数の患者に発現する,投与開始時から便秘対策が必要.b) 吐き気,嘔吐 3分の1の患者に発生.反復投与では約2週間で耐性となる(症状がなくなる)ため,制吐薬の中止を考慮してよい
    出典 :モルヒネ
  • c) 眠気 軽度な場合,その量を続けると催眠作用への耐性があらわれる。高度な眠気があり,起こしてもつじつまのあった会話ができない時はモルヒネの薬理作用と考え,モルヒネを30-50%減として続ける.
    出典 :モルヒネ
  • d) 錯乱の対策 投与初期に約2%に現れる.多くは軽度の錯乱.モルヒネの減量,あるいはセレネースを併用するe) ふらつき感の対策 モルヒネ投与初期にみられることが多い.増量せず続けると数日で消失することが多い.
    出典 :モルヒネ
  • 現在では問題ないよう

  • 医療用麻薬

     

    がんの痛みの治療に用いられる代表的な医療用麻薬は「モルヒネ」です。モルヒネには、末(粉薬)、錠剤、徐放剤(ゆっくりと長時間効く薬)、内服液、貼付剤、坐剤、注射剤、シリンジ注など多くの剤形が揃っており、種々の痛みに対応できます。

  • 体の中には医療用麻薬と同じ働きをする「β‐エンドルフィン」と呼ばれる物質があります。β‐エンドルフィンは、脳内や脊髄内の受容体に結合し、痛みを脳に伝える神経の活動を抑制して、強力な鎮痛作用を示します。医療用麻薬も同様のメカニズムで鎮痛作用を示します。
    出典 :「医療用麻薬」の誤解|緩和ケア.net
     

    個人差はあるようですが、問題なさそう?

  • 安全とはいえ

     

    やはり使いたくないような気がします
    皆様モルヒネを使う事にならないように
    しっかり覚えておきましょう