男女の産み分けができる方法があった!!

なかなか妊娠できないと悩んでいる人は、色々な方法を試してみていると思います。でも、一番可能性を高めるのは、排卵日を把握する事。それは、様々な方法で知る事が出来ますので、色々と試してみてください。

  • pocca 更新日:2014/03/30

view391

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠するのに一番重要なのはタイミング!!

  • 排卵(はいらん)とは、成熟した卵胞が裂けて卵子(正確には卵母細胞)を放出する月経周期の過程であり、生殖に関与している。

  • 人間では他の動物と異なって、通常一回の排卵で排出される卵子の数はただ一つです。 卵子は人間の体の中で最も大きな細胞で(直径0.1mm)、注意して見ると肉眼でも分かるくらいの大きさです。

  •  

    妊娠しやすい日とはずばり、排卵日の約3日前から約1日後の5日間程度

  • 男女産み分けしたい人必見!!このリンクを要チェック!!

  • 妊娠の方法と排卵日を知る事で、産み分けもできるようです!!

  • 織物の状態で排卵日が分かる

     

    いつもは酸性に保たれている腟内が、排卵近くになると、おりものは子宮頸管からの粘液が増え、アルカリ性(精子が進入しやすい環境)になります

    の状態で言いますと
    ○生理直後⇒おりものが少ない 粘り気なし
    ○排卵日付近⇒おりものが多くなっていく 粘りでてくる
    排卵日には10センチぐらいまで伸びる

  • 排卵日を知るには基礎体温を把握することも大切です。

  • 基礎体温の測り方

  •  

    朝目が覚めたらすぐ舌の下に体温計を入れ、寝たままの状態で測ります。 35.5℃~38℃の間の目盛りが細かい婦人体温計で測りましょう。

  • 基礎体温計とは

  • 基礎体温計とは

     

    妊娠しやすい日がわかる、妊娠の可能性をお知らせ、体調トラブルをお知らせなど、機能充実の婦人体温計。

  • 着床しやすい体としにくい体?

  • ●冷え性

    健全な子宮内膜を形成するためには、冷え性、特に下半身の冷えに注意するとよいといわれています。
    冷え性は自律神経の乱れにも影響し、その結果、黄体機能の働きにも影響しかねません。

  • 普段から自分の体を良く知って、より良い妊娠の為に備えましょう!