不眠症の原因と対策について

夜眠れないと苦しいものです。睡眠の不安やストレスでなおさら眠れない場合もあり、疲れがますます増える原因にもなります。

view102

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不眠症とは

  • 夜、寝ようと思っても、なかなか眠れない、今夜もまた眠れないのではないかと、常に睡眠の不安やストレスにとらわれ、ますます体調を悪くしている状態だと言えます。そして、この、今夜もまた眠れないのではないかと不安になるのが、予期不安と言われているものであり、神経症から来る不眠症の場合の、典型的な特徴になります。
    出典 :不眠症(原因、治療、対策)
  •  

    眠れないのは不安の元です。

  • 不眠症の人はどのくらいいるのでしょう?

  •  

    睡眠がきちんと取れないと睡眠薬を飲んで寝ることをしてしまいます。

  • 原因は何でしょう?

  • 例えば震災など非常にショッキングな出来事や、引越しや転職などの環境の変化が原因となって起こる場合がありますが、これといって理由が思い当たらないけれど眠れないというケースも多くあります。
    出典 :入眠障害~夜寝付けない症状の原因と対策~ | 不眠症対策のファイナルアンサー
  • 精神的ストレスによるものが多いです

  • 多いのが、精神的ストレスで起きる不眠症です。数日間でストレスや緊張が和らぎ眠れるようになってくる一過性の不眠であれば良いですが、1ヵ月以上続いてしまう長期性の場合は専門医の治療を受けるのが望ましいでしょう。
    出典 :不眠症の対策と治療について
  •  

    ストレスでの不眠の場合は早めの受診が必要です。

  • 普段の生活で予防しましょう

  • 交感神経の興奮を抑えることを考えると、あなたの一日の行動を見直さないといけません。なぜかというと、昼間の行動が夜に影響をしていますし、心と体も密接に関係していますので、これらを考えながら、交感神経の興奮を抑えなければいけないんですよね。
    出典 :不眠症:自律神経失調症・うつ病ナビ ココカラ
  •  

    不眠症は専門の医師がいるのできちんとした治療を受けましょう。

  • 夜眠れないと苦しいものです。
    不眠の原因は様々ですが、原因不明の人もいます。
    しかし精神的ストレスが原因の人が多いです。
    交感神経の興奮が原因の場合があるので、きちんと医療を受け、ストレスから体を防御するようにしましょう。