実は心配ない? 子供の歯ぎしりの原因

子供の歯ぎしりは成長過程によるものが多く、それほど心配する必要はないようです。

view147

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子供の成長の局面局面において歯ぎしりをする場面というのが出てきます。

  • 子供の歯ぎしり

  • 歯ぎしりは、歯が生えたばかりの幼児の頃からみられます。
    10歳以下の子供の場合、3人に1人の割合で歯ぎしりをしていると言われています。

  • 生後6ヶ月ぐらいになると歯ぎしりをすることによって、これから生えてくる歯のスペースを定めたり、顎を固定して噛み合わせる位置を固定したりしています。
    出典 :赤ちゃん・幼児の歯ぎしり
     

    どこか落ち着く位置を見つけるべく下顎がさまよっている状態ですね。

  • 顎が大きくなるにつれて乳歯に隙間が開いてきます。こういった咬み合わせのバランスの変化を調節するために歯ぎしりをするといわれています。
    出典 :子供の歯ぎしり
     

    この時期の歯ぎしりは成長に即した正常な反応だと考えて良いみたいです。

  • 子供が歯ぎしりをする原因は、上顎を鍛えるためであるとも考えられています。

  • 歯ぎしりをすることで顎や筋肉の発達を促し鍛えるという効果があります。
    成長するにつれていろいろな食べ物を咬み砕くために、顎や筋肉にはしっかりした力が必要になってきます。
    出典 :子供の歯ぎしり
  • 急に歯ぎしりをするようになったという場合などは、なにかストレスを感じていないかを疑ってみることも必要です。

  • 下の子が生まれたことによるストレス、
    幼稚園での対人関係など、小さな子供もストレスはゼロではないのです。
    出典 :子供の歯ぎしりが心配!原因は何? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 歯ぎしりをすることでストレスを発散してるかもしれません。

  • ただし、乳歯から永久歯にはえかわったら話が別です。

  •  

    永久歯になったらちゃんとした治療を

  • 永久歯への生え変わりの時期を過ぎ、ある程度子供が大きくなってからも続くような歯ぎしりは放っておくべきではありません。
    出典 :子供の歯ぎしり | 歯ぎしりの原因と治療の基礎知識
  • 歯が擦り減ってしまうことで歯の神経に影響が出たり、子供が顎の痛みを訴えてくるようなことがある場合は小児歯科を受診し、歯ぎしり改善のための治療をはじめましょう。