痛い…使ってもいいの?妊婦が鎮痛薬

妊娠中薬を使わない方がいいと思っていても、頭痛などの耐えられない痛みに、鎮痛薬を使いたくなってしまいますよね?!でも、鎮痛薬って使っても大丈夫なの???そんな疑問にお答えします。

view207

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦が鎮痛薬を使ってもいいの?

  •  

    結論から言うと、

    『飲んでも良い鎮痛薬はある』

    です。

    しかし、注意が必要なので、詳しく解説していきたいと思います。

  • 妊婦が使える鎮痛薬

  • アセトアミノフェン製剤

  • カロナール

     

    妊婦へ処方される代表的なものです。

    皮膚の血管を広げて熱を放散させる作用、
    また、痛みの感受性を低下させる作用があります。

    発熱時のほか、頭痛や歯痛、生理痛などに広く利用されますが、
    対症療法薬ですので、熱や痛みの原因そのものを治すことはできません。

    カロナールの効果はとても穏やかです。

  • 従来より妊娠中でも安全に使用できる解熱鎮痛剤としてアセトアミノフェン製剤が有名でした。しかし、このアセトアミノフェン製剤でも胎児の動脈管収縮による動脈管の早期閉鎖の可能性があることが動物実験のみならず人でも確認されたことになります。
    出典 :妊娠中に安全に服用できる解熱鎮痛剤|産婦人科専門医・周産期専門医からのメッセージ
     

    妊娠後期にも使える鎮痛剤とされていましたが、最近では注意が必要です。

  • カロナールは使用禁止ではありません。他の解熱鎮痛剤よりはずっと安全ですので、「効果が危険性を上回る」場合は使えばいいのです。高い熱や痛みで眠ることも食べることもできず、体力が弱ってしまってまで、カロナールすら使わないなんてことは、もっと良くないですからね。
    出典 :トコちゃん先生のコラム
  • NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)

  • NSAIDsは胎児の尿産生を抑制し胎児の腎障害や羊水過少を引き起こすため、また胎児の動脈管収縮による動脈管の早期閉鎖の可能性があるために、妊娠中とりわけ妊娠後半期の使用は禁忌でした。
    出典 :妊娠中に安全に服用できる解熱鎮痛剤|産婦人科専門医・周産期専門医からのメッセージ
  • 病院に行けない…市販薬は大丈夫?!

  • 本当にどうしても必要になった場合には、薬局にいる薬剤師とも相談して、有効成分がアセトアミノフェンであるOTC薬(一般用医薬品)を選ぶのがいいと思います。

    医療用医薬品の場合、アセトアミノフェンの単味剤(たんみざい、有効成分が1だけの薬)があるのですが、アセトアミノフェンを含むOTC薬には「ほとんど単味剤がない」ということです。
    出典 :妊娠中の人が発熱や頭痛などの痛みに市販(OTC)の解熱鎮痛薬を使える? | OTC薬(一般用医薬品、市販薬)の情報収集と選び方
  • いずれの成分を含むOTC薬の添付文書には、妊婦に関して
    (1)出産予定日12週以内の妊婦は服用禁止
    (2)妊婦又は妊娠していると思われる人は事前に相談の2点が記載されています。(アセトアミノフェンを含むOTC薬も事前に相談すべき旨は記載されています。)

    出産予定日12週以内の妊婦が禁止になっているのは、動脈閉鎖が起こりやすいためです。
    出典 :妊娠中の人が発熱や頭痛などの痛みに市販(OTC)の解熱鎮痛薬を使える? | OTC薬(一般用医薬品、市販薬)の情報収集と選び方
  •  

    薬局で売られている「バファリンA」は、解熱鎮痛薬として使われ、医療用と同じくアスピリン含有量は330mgです。

    病院で出される医療用医薬品の「バファリン」(正確には「バファリン81mg」という商品名)の成分はアスピリンで、薬効は「抗血小板剤」といって血管内で血液が固まるのを防ぐお薬です

    同じものではないので注意を!

    市販のバファリンも使用可能ですが、特に出産予定日12週以内の妊婦は服用を避けて下さい。血液が固まりにくくなってしまい、出産時に大出血をおこしてしまうことも考えられます。

  •  

    自己判断はやはり安全とは言えないので、可能な限り医師へ受診し、処方していただいたお薬を、用法容量を守って使用するのが良いですね。