大丈夫?「高齢出産で二人目」リスクとかはあるの?

高齢出産で二人目を出産するリスクなどはあるのでしょうか?知っておきたい出産のリスク。

view243

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 高齢出産で二人目は

  • 出生率は1.39%と少子化が進んでいる現在ですが、子どもを持つのならば「2~3人が理想」と思っている母親は多いようです。高齢出産で第一子を授かった人の喜びは大きいものの、「でもさすがに、高齢出産だと、二人目、三人目は無理」と思っている人も多いと思います。
    出典 :二人目からの高齢出産 [妊娠準備] All About
     

    意外と出産している人は多いのですよ。

  • 高齢出産だと二人目は無理と思う、その主な理由として「出産の体力がなくなってしまうのでは」という懸念を挙げる人が多いようです。しかし、一般的に二人目以降の出産は比較的楽だったという方が多いもの。
    出典 :二人目からの高齢出産 [妊娠準備] All About
  • 平均も初産は12時間、経産婦は7~8時間だといわれています。最初の出産を経験して2~4年後であれば、前回の出産のこともよく覚えていて、体の準備も心の準備もスムーズかもしれません。漠然と「高齢だと無理」と思うかもしれませんが、授かることができた命は、基本的に産めないとか、育てられないということはありません。
    出典 :二人目からの高齢出産 [妊娠準備] All About
     

    分娩時間もそこまでかからないのです。

  • 意外と

     

    一人目も二人目も変わらないのです。しかし、リスクが伴うのは知っておきましょう。どう転んでもリスクがある以上回避できるものは回避したいですよね。

  • 二人目のリスクは

  • 高齢で二人目を出産するリスクは、初産婦の人と変わらないと言われています。合併症のリスクは低くなりますが、染色体異常など年齢に関するリスクはほぼ同じです。高齢という現実を受け止めて、自己管理を徹底して元気な赤ちゃんを出産できるようにしましょう。
    出典 :高齢出産で二人目のリスク
     

    意外とリスクというリスクはないようです。

  • ・ダウン症児の出産率向上・流産率の向上・着床率の低下 中でも着床率の低下は、妊娠への大きな妨げとなります。この3つのリスクから共通する点。それが卵子の老化です。卵子年齢は実年齢で判断することが多いのですが加齢だけでなく生活リズムや食生活などで 卵子の方が高齢ということが多くなっています。
    出典 :高齢出産のリスクは卵子年齢で変わる。 - 『妊サポ』
     

    なかなか難しいですね

  • 高齢出産のリスク

  • ■高齢での出産リスク
    ・赤ちゃんの染色体異常。
    ・流産や早産のリスク。
    ・妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病になりやすい。
    ・帝王切開が増える。
    出典 :高齢出産で二人目のリスク
  • ●赤ちゃんの染色体異常。 卵子は年齢が進むと老化していくことが分かっています。卵子が老化すると染色体に異常がある卵子の割合が増えていきます。卵子に異常があれば赤ちゃんへも影響が広がります。染色体異常は、二人目出産でもリスクは変わらないとされています。
    出典 :高齢出産で二人目のリスク
  • ●流産や早産のリスク。 染色体異常があると、妊娠を継続できずに流産したり早産になったりするリスクがあります。厚生労働省の調べによると40歳以上で出産できる確率は約2%だそうです。流産率は、35~39歳の妊婦さんで19.7%、40歳から44歳では40.8%と高い数値になっています。40歳以上はリスクが高い傾向があります。
    出典 :高齢出産で二人目のリスク
     

    流産や早産のリスクは常にあると考えましょう。

  • 卵子の老化対策に

  • 卵子自体が正しい機能を果たすために必要なエネルギーを生成する器官がミトコンドリアです。 実は、このミトコンドリアはとてもデリケートなのです。バランスの 悪い食生活、加齢、不規則な生活習慣などが原因で酸化、つまり老化してしまい正常な働きを失っています。
    出典 :高齢出産のリスクは卵子年齢で変わる。 - 『妊サポ』
     

    正常な働きがあるのです。

  • ミトコンドリアが老化すると細胞(ここでは卵子・精子)自体も老化します。ミトコンドリアが元気なら卵子精子も元気なのです。このように重要な役割を持つミトコンドリアにエネルギー源となる微弱な電子を与え、若返らせる治療が「生殖細胞ミトコンドリア治療」です。
    出典 :高齢出産のリスクは卵子年齢で変わる。 - 『妊サポ』
  • 高齢出産は

     

    高齢出産の人のほうが、「二人目、三人目はいずれ……」とあいまいにしていては、出産可能な年齢までの先が短いということもありますので、心と体の準備を整えてチャレンジしてみるのもよいですね。