便利アイテムを使おう!活動量計!

活動量計というのをしっていますか?
自分磨きにもってこいのこのアイテムとは!

view204

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 活動量計とは

  • 活動量計とは、歩数や歩行スピード、歩行距離、消費カロリーなどを計測してくれる機器である。 健康測定機器を販売している数社から売り出されており、会社ごとによって機能は異なる。お腹周りの脂肪が気になる人用や、プロポーションを良くして更に自分に磨きをかけたい人用など、活動量計の目的によって対象も異なってくる。
    出典 :【活動量計】消費カロリーを把握してカロリーオーバーを防ごう! | ダイエットSlism
  • 活動量計とは

     

    活動量計は、形や使い方は歩数計と似ていますが、歩数計が歩行活動を測定して歩数や歩行時の消費カロリーを表示するのに対し、歩行だけではなく家事やデスクワークなど、さまざまな活動を測定し、1日の総消費カロリーをお知らせします。 一般的に、基礎代謝や日常のさまざまな動きで消費される活動カロリーよりも、飲食による摂取カロリーが多いと太る原因になります。1日の総消費カロリーを知ることで、食事量の目安がわかり、健康的なダイエットに役立ちます。

  • 何が分かる?

  • さまざまな身体活動によって消費する活動カロリーと、基礎代謝※を合計した1日の総消費カロリーです。1日の食事による摂取カロリーの目安に役立ちます。※基礎代謝とは、体温維持や心臓を動かすなど、生命維持に必要なエネルギー消費のこと。24時間じっとしていても、基礎代謝に相当するカロリーが消費されます。
    出典 :活動量計でわかること | 商品情報 | オムロン ヘルスケア
  • 脂肪燃焼量は、歩行や家事、デスクワークなどの身体活動で消費した脂肪の燃焼量を推定しています。運動により消費されるカロリーは、脂肪燃焼量と糖質燃焼量の合計になりますが、下記のように、運動の継続時間によって脂肪と糖の消費割合は変わってきます。
    出典 :活動量計でわかること | 商品情報 | オムロン ヘルスケア
  • 使い方は?

  • 活動量計は、日常生活の運動量などを知るための機器である。体の揺れなどから運動強度を測定し、消費カロリーを計算してくれる。 日本人の生活で最低限必要となる歩数は、約4,000歩と言われ、生活習慣病を予防するには8,000~10,000歩以上必要となる。
    出典 :【活動量計】消費カロリーを把握してカロリーオーバーを防ごう! | ダイエットSlism
  • 消費カロリーを知ることができるので、自然とカロリーを意識するようになる。また、自分の消費カロリーを把握し、それに合わせた生活習慣に見直したり、変えることでダイエットにも役立てることができる。
    出典 :【活動量計】消費カロリーを把握してカロリーオーバーを防ごう! | ダイエットSlism
  • こんなアイテムもある

  • 注意として

  • 活動量計に組み込まれているセンサーは、装着位置により感度に差があるため、歩数計はズボンのタックに着けると良い。 平日や休日、出勤中や勉強中、仕事中に関わらず、寝る前までは外さない。ただし、活動量計は水に弱く壊れやすいので、入浴時だけは外しても良い。
    出典 :【活動量計】消費カロリーを把握してカロリーオーバーを防ごう! | ダイエットSlism
     

    お風呂にもっていたら壊れますね
    いつか防水になりそう

  • 活動量計は、携帯音楽プレイヤーほどのミニサイズなので、日常生活や運動の邪魔にならない。カラーバリエーションが豊富で、パソコンによるデータ管理ができるものもあり、人気を集めている。
    出典 :【活動量計】消費カロリーを把握してカロリーオーバーを防ごう! | ダイエットSlism
     

    つかってみてはいかがでしょうか