目頭が痛み出したら要注意!その症状、眼精疲労かも?

目頭が痛み出したら、眼精疲労の可能性があります。
眼精疲労は、単なる疲れ目とは違い目の病気に分類されています。
では、目の疲れを少しでも和らげるためにはどんな方法が効果的なのでしょうか?
目の疲れを感じたら、ぜひ試してみて下さい。

view38

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 眼精疲労について

  • 「疲れ目」と「眼精疲労」とは同じようなものと考えられがちですが、厳密にいうとこの2つは違う症状を指しています。
    出典 :現代人の宿命!? 疲れ目や眼精疲労を軽減する方法 | まみ眼科クリニック 公式ブログ
     

    目の疲れによって、目頭が痛み出すことがあります。
    この状態を放っておくと、眼精疲労になる危険性が高くなるため注意が必要です。
    疲れ目でも眼精疲労でも、目の痛みや異物感、光がまぶしく感じるなど共通した症状が表れます。
    同じような症状ですが、疲れ目と眼精疲労の違いは休憩して症状が改善されるかどうかにあります。
    疲れ目の場合、マッサージや休憩をすることで症状は改善されます。
    しかし、眼精疲労の場合は症状が慢性化し、休憩しても改善されることがありません。
    また、目の症状以外にも吐き気や食欲不振などの症状が表れることもあります。
    人によっては、自律神経が乱れてしまうことも考えられるようです。
    そのため、ただの疲れ目だと油断せずに、日頃から疲れ目対策を行うことをお勧めします。

  •  

    仕事の関係上、1日中パソコンとにらめっこをしている人も少なくありませんよね。
    そのうえ、仕事以外の時間はスマホをいじっていませんか?
    このように、常に目を使っている人は要注意です。
    仕事でパソコンの画面を見続けることはやむを得ませんが、できるだけこまめに休憩を挟むようにしましょう。
    また、スマホの使い過ぎも厳禁です。
    なるべく目を休ませることが重要と言えるでしょう。

  • 目頭が痛み出したら目のケアを!

  • 目が疲れると、無意識に目頭のあたりを押さえたりしますよね。
    出典 :「目が疲れた」と感じたら! 今すぐできる“疲れ目解消法” - はてなニュース
     

    このような動作、多くの人が無意識に行っているのではないでしょうか?
    なぜ目が疲れると目頭を押さえるのか、それは目頭にツボがあるからなのです。
    目頭にあるツボは清明と呼ばれ、疲れ目の改善に効果があると言われています。
    このようなツボを知らない人も多いかともいますが、多くの人が無意識のうちに疲れを改善しようとツボを押しているのです。
    そのため、目頭が痛み出したらツボ押しを試してみましょう。
    ただし、ツボは強く押せば押すほど効果が得られるのではありません。
    適切な強さで押すことが大切なのです。
    ツボ押しであれば仕事の合間にもできそうですね。

  •  

    目頭が痛み出した際には、温かいタオルも効果的です。
    温かいタオルを目に当てることで血行が促進され、疲労回復の効果が得られます。
    温かいタオルを目に当てる場合は、リラックスした環境で行うとより効果が高まるようです。
    部屋の照明を落としたり、アロマを利用してみましょう。
    この方法は仕事中に行うのは少々難しいかも知れませんので、ぜひ自宅で試してみて下さい。
    特にお勧めの時間帯は夜寝る前です。
    リラックス効果で不眠を改善することもできそうですね。

  • 目の疲労を軽減することも大切ですが、目が疲れやすい環境を改善することも大切です。
    出典 :現代人の宿命!? 疲れ目や眼精疲労を軽減する方法 | まみ眼科クリニック 公式ブログ
     

    パソコンやスマホが普及してから、より目が疲れやすい環境になりました。
    日常生活の中でパソコンやスマホを使わないことは不可能かと思いますので、目を疲れにくくする工夫を行いましょう。
    例えば、前述したようにパソコンやスマホを使用する際には休憩をはさむことです。
    また、自分の視力にあったコンタクトレンズやメガネを使用することも重要です。
    特にメガネを使用している人は、長い間視力調整を行っていないのではないでしょうか?
    自分の視力に合わないコンタクトレンズやメガネは、目への負担がとても大きくなってしまうのです。

  •  

    エアコンなど空調が直接目に当たることも目が疲れる原因となります。
    空調の影響でドライアイになることも考えられます。
    そのため、職場で空調が目に当たる場合には、何らかの方法で改善しなければなりません。
    少しの工夫ですが、これだけで眼精疲労を予防することができます。