産婦人科で受ける超音波検査☆

産婦人科で受ける超音波検査はどんな感じで進み
どのような事がわかるのでしょうか☆

view451

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 超音波検査

  • 「超音波検査」は、16000ヘルツ以上の超音波を子宮に向けてあて、反射してきた超音波をキャッチして映像化したものをモニターで見る検査です。妊娠初期なら膣の中に棒状のプロープを入れて検査をします。正常な妊娠かどうかを判断するのに欠かせない診断です
    出典 :超音波検査 [チビタスキーワード] All About
  • また、12週以降はお腹の上から箱型のプロープを当て、心音の確認をしたり、胎児の大きさを測ることで、妊娠週数を測定することができます。超音波検査を受ける回数は病院によって違いますが、病院によっては定期健診毎に行い、その模様を録画したテープや写真を渡すサービスをしてくれるところもあります。
    出典 :超音波検査 [チビタスキーワード] All About
     

    大体はこのような感じですね!

  • 検査の方法

  • 検査の方法は?

     

    経腹法は、排尿をがまんして膀胱に尿をためておかないと
    その後ろにある子宮がはっきりとみえません
    経腟法は、ふつう内診に続けて、内診台の上で行われます
    性経験のない女性は、経直腸方法で検査を受けることもできます
    色々な配慮がなされているのですよ☆

  • 超音波を発するプローブ(探触子)をおなかの上から当てる経腹(けいふく)法と、指の太さほどのプローブを直接腟内に入れて行う経腟(けいちつ)法があります。
    出典 :婦人科の超音波検査 | よくわかる健康診断|+Wellness プラスウェルネス
     

    二種類あるのですね!

  • 検査の内容

  • 経腹法は、プローブを自由に広範囲にわたって動かせるので、子宮の形態異常や子宮筋腫の有無、卵巣嚢腫などが診断可能です。大きな筋腫であっても、位置や大きさをとらえられます。また、胎児の形や姿勢、動きがはっきりとわかり、胎児の発育状況の出生前診断にも役に立ちます。
    出典 :経膣・経腹超音波検査とは?
  •  

    経膣法はプローブに使い捨てのキャップを
    かぶせて膣内に挿入し、膣内から撮影をします
    プローブを子宮や卵巣に近づけるので
    鮮明な画像を得ることができる方法なのです☆

  • また、子宮や卵巣に異常がないかを調べるほか、卵胞の数や大きさを確認したり、子宮内膜の厚さや画像パターンを観察できます。卵巣内の卵胞が確実に観察できるようになったため、排卵のタイミング診断や体外受精をはじめとする排卵誘発には欠かせないものになりました。不妊治療で通院の際には、必ず行なわれる検査です。
    出典 :経膣・経腹超音波検査とは?
  • こんな病気がわかる

  • 子宮筋腫は子宮筋に良性の腫瘍ができる病気です。進行が遅いので危険性は高くありませんが、月経痛がひどくなったり出血量が増えたりしてしまい、貧血や腰痛の原因となります。この病気を診断するためには、経腹エコー検査と経膣エコー検査どちらも必要です。
    出典 :【婦人科検診(超音波検査)】子宮筋腫/子宮腺筋症/卵巣癌/卵巣嚢腫/子宮内膜症 | チェカプー
  • 子宮腺筋症は、子宮の内膜にあるはずの細胞が子宮筋にでき、子宮の壁が分厚くなってしまう病気です。強い月経痛が引き起こされ、不妊の原因にもなるこの病を診断するためにはMRIが最も有力ですが、経腹エコー検査や経膣エコー検査も役に立ちます。
    出典 :【婦人科検診(超音波検査)】子宮筋腫/子宮腺筋症/卵巣癌/卵巣嚢腫/子宮内膜症 | チェカプー
  • 卵子を生成する器官である卵巣に、悪性の腫瘍ができる病気が卵巣癌です。とても進行が早く死亡率も高いので、早期発見がたいへん重要です。この癌を調べるために欠かせないのが経膣エコー検査であり、特に初期の段階での発見には有用であると言われています。
    出典 :【婦人科検診(超音波検査)】子宮筋腫/子宮腺筋症/卵巣癌/卵巣嚢腫/子宮内膜症 | チェカプー
     

    がんもわかるのですね!

  • 子宮内膜症は、子宮の内側だけに存在するはずの子宮内膜組織が、別の場所に発生して増殖する病気です。卵巣にできた場合は、月経血が溜まってチョコレート嚢胞と呼ばれる大きな塊ができてしまい、ズキズキとした痛みや不妊などの症状を引き起こします。
    出典 :【婦人科検診(超音波検査)】子宮筋腫/子宮腺筋症/卵巣癌/卵巣嚢腫/子宮内膜症 | チェカプー