頬のこけを解消するには筋肉が重要だった?顔の筋肉を増やして解消しよう

頬のこけを解消するには筋肉を増やしましょう!
年齢と共に筋肉は減少するものです。だれでも何もしなければ自然と筋肉量が減るため、年齢を重ねるごとに顔がこけると感じてしまいます。
特に痩せ型で食が細い人は、筋肉量も同時に少ない傾向があるため注意してみて下さいね。

view106

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 頬のこけを解消

  • 頬のこけを解消する筋肉を鍛える方法を紹介します。
    顔の筋肉は普段意識することができないため、意外と衰えがちなんです!

  • 年齢と共に筋肉が減少する理由

  • 筋肉量はどんどん減る

     

    筋肉は何もしなければグラフのようにどんどん減少します。筋肉を増やそうと努力をしなければ、加齢と共に減るのが一般的なのです。
    女性の場合は20歳で120あったのが、30歳になると一気に減り、80歳になれば70まで減ってしまいます。元々女性のほうが筋肉量が少ないこともあり、若い頃のスタート地点で既に筋肉量が少ない人はより頬のこけに注意したほうがよいでしょう。

  • 特に速筋と呼ばれるタイプのほうが加齢と共に減少しやすい傾向があるようです。速筋とは一気に力を出す筋肉で大きいのですが、遅筋は姿勢を維持するなど長時間働くタイプです。高齢になっても姿勢は維持するため保たれやすく、若い頃に発達した瞬発的に力を出す力が衰えてきます。

  • 筋肉の減少は実は20歳から

     

    頬のこけなどが現われてくるのは20代後半や30代など中高年になってからですが、実は筋肉の減少は20歳から徐々に見られています。
    若い頃に既にピークを向かえ、顔の筋肉も鍛えないと衰えてしまうわけです。

  • 筋肉は何歳になっても増やすことができます。若い頃と比べるとその増加量は少ないのですが、何かしら運動を行えば、減少量を食い止めることはできます。

  • ストレスを感じる人は注意

  • ストレスを感じている人はこんな顔

     

    こんな顔の表情をいつも作っていれば、頬がこけるのも何となく分かりますね。
    頬はだらりと下がり、目がこわばって顔に無理な力が入っています。血流が悪い状態ですから、肌の代謝が悪くなったり、新しく筋肉が作られるのも阻害しているかもしれませんよ。

  • ストレス、特に対人関係で無理をしてると
    顔ってこけちゃいますよ。
    いつもの表情がこわばっていると
    ぷっくりなほっぺにはならなさそうでしょ。
    私もそんなふうに言われたことがあって、環境を変えたらふっくらしました。知らずに無理をしていたようです。
    のほほんとくらすとのほほんな顔になる。
    出典 :体重は変わらないが、頬がこけるのは病気ですか? - 病気 - 教えて!goo
  • 加齢と共に張りを保つ肌の成分も失われがち

  • コラーゲンの量が減ってくる

     

    加齢と共に肌の張りを保っていたコラーゲンの量が減ってきます。コラーゲンは肌の細胞を鎖状で支えていた成分なのですが、年齢とともに減ると弾力が失われてきます。
    これにより肌全体が下がってきたり、頬のこけが発生するというわけです。

  • 実はこのコラーゲンは筋肉の成分であるアミノ酸でできています。コラーゲンも筋肉も元はアミノ酸ですから、普段の生活でたんぱく質を摂取するようにしましょう。
    日頃からエクササイズを心がけ、筋肉やコラーゲンの元となるアミノ酸を摂取すると、これらの合成が進み肌がリフトアップできますよ!

  • 筋肉とコラーゲンを増やす体操

  • あいうえお体操

     

    口を大きく開き、あいうえおの口を作りましょう。これだけでも顔の表情筋が刺激され、血流が良くなるためコラーゲンの生成も促されます。
    あの口では口を思いっきり開けるようにします。いの口では口角を広げる気持ちで顎の下の筋肉も一緒に使いましょう。うの口では唇を尖がらせるように。えでは口角を広げ口を大きく開けます。おは頬の筋肉を沢山使いましょう!

  • このエクササイズを1日5回程度行うだけでも効果が期待できます。普段表情筋を使っていない人は、口を大きく動かしただけで翌日筋肉痛になりますよ!
    普段おしゃべりするときでも、ここまで大きく口を開くことって少ないのがわかります。

  • たんぱく質の摂取は大豆食品で効率よく

     

    大豆には植物性から摂取できるアミノ酸がたっぷりと含まれています。脂肪が少なく高タンパク、低糖質のためダイエット中の女性にもおすすめです。
    たんぱく質は体の中でアミノ酸に分解され、それが肌のコラーゲンや筋肉に作りかえられます。日本人の食事では不足しがちなため、意識して摂るようにしてみて下さい。