ヨガをもっとよく知るためのアシュタンガ

ヨガで本当に大切なアシュタンガ。それを順番に紹介します。ダイエットを目的としてヨガを始める人も、知っておいて損はないと思いますよ。

view816

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • アシュタンガってなんぞや?

  • ヨガの根本教典(パタンジャリ ヨガスートラ)に記されている8支則
    出典 :アシュタンガヨガ | アシュタンガヨガ ジャパン Ashtanga Yoga Japan
  • アシュタンガの8支則とは

  • 1.ヤマ(禁戒)

    2.ニヤマ(勧戒)

    3.アサナ(坐法)

    4.プラナヤマ(調気法)

    5.プラティヤハーラ(制感)

    6.ダラーナ(集中)
     
    7.ディヤーナ(無心)

    8.サマディ(三昧)

  • この順番に従ってポーズが決められているのが、アシュタンガヨガと呼ばれています。

  • アシュタンガの8支則その1:ヤマ(禁戒)

  • 簡単に言うと人や社会に対してやってはいけないこと。
    守るべきこと。
    他者への行為をよくするためのもの。

    ヤマは以下の5つの部分で構成されます。


    1.Ahimsa(アヒンサ)非暴力

    普通に暴力。はもちろん、
    言葉の暴力もふるわないこと

    また、できないアーサナを無理にやることも
    自分に対する暴力になるので、やらないことも含まれます。
    自分を愛すること。
    自分を愛せないと、他の人も愛せないという考えからです。
    あらゆる生命に思いやりと敬意をもつことです。

    2.Satya(サティア)ウソをつかない

    言葉と行動を一致させて誠実なものとすること

    自分のできる範囲のアーサナを素直に認めることも
    含まれます。

    3.Asteya(アステーヤ)盗まない

    モノはもちろん、時間や喜びを不当に奪わないこと

    4.Brahmacharya(ブラフマチャリヤ)性欲に溺れない

    性的な行為を禁止するという意味ではなく
    エネルギーを適切にコントロールするため
    夢中になりやすい性的なものに無駄なエネルギーを
    使わないという解釈です。


    5.Aparigraha(アパリグラハ)執着しない

    モノの所有欲を強く持ったり、執着したりしない。
    他者とわけあう心を持つ。
    いますでにあるものに満足し、感謝する心を持つ。
    出典 :ヤマ(禁戒):ヨガ用語・ヨガポーズ大辞典
  • アシュタンガの8支則その2:ニヤマ(勧戒)

  • 簡単に言うとやった方がいいこと。
    自分に対して気をつけること。


    1.Sauch(シャウチャ)清浄

    自分の身体、周囲の環境を聖なる寺院とみなすため
    キレイにしておく。

    自分の部屋はもちろん、オフィスなど
    自分の関わる場所、そして自分自身を常にきれいに
    保っておくことが大切です。

    2.Samtosa(サントーシャ)満足

    自分が与えられた環境に常に感謝の心を忘れないこと。
    自分が満たされていることを気づき、それに満足することです。
    必要以上に贅沢をしないということにもなります。

    3.Tapas(タパス)苦行

    自分の目標に対して努力を続けること。
    今より高い所に目標をおくことに意味があり
    そのときのベストでやることが大切です。
    また、苦行と訳されるように嫌なことも
    継続して行うこともタパスです。
    生活などをすべてシンプルにする、
    それによってマインドを制御できるようになり、
    より幸せになります。


    4.Svadhyaya(スヴァーディヤーヤ)学習

    聖典を読んだり、信号を唱えることで
    「生命の智慧」に対する理解と学習をし続けること。
    自分自身をより深く理解しようとすることもそのひとつです。


    5.Isvarapranidhana(イーシュヴァラ・プラニダーナ)祈り

    内在する神聖なるものに目覚め、身をゆだねることです。
    身をゆだねるとは、
    自分に対して起こるすべてのことを受け入れることです。
    自分にいいことがおこっても、悪いことがおこっても
    よしとするような態度で接することです。
    そうすることによって、自我と傲慢さがなくなっていきます。
    出典 :ニヤマ(勧戒):ヨガ用語・ヨガポーズ大辞典
  • アシュタンガの8支則その3:アサナ(坐法)

  • アサナという言葉は
    サンスクリット語で
    「座る」という意味の動詞”アース”からきているもの
    出典 :アサナ(坐法):ヨガ用語・ヨガポーズ大辞典
  • ですが「坐る」だけでなく、体を伸ばす・ひねるといった動作も含め、ヨガで行うすべての動きをアサナと呼びます。

  • アサナ (座法) の種類

  • アシュタンガの8支則その4:プラナヤマ(調気法)

  • プラナヤマはヨガの中でもとても重要な要素です。私たちは皆エネルギーで出来ているのだということを考えてみると、私たちに一番重要な のがプラナヤマだということも言えます。プラナヤマという言葉は[アヤマ]という「出現、表現」を意味する言葉と「プラ=最初の単位」と「ナ=エネル ギー」という意味の音のつながった[プラナ]が語源です。プラナは宇宙の生命力そのものを意味する言葉です。プラナヤマはプラナ(生命力)を引き出した り、コントロールするための知識の科学です。
    プラナヤマは体の中を流れているエネルギーのコントロールをするための呼吸法で身体が肉体的、精神的、スピリチュアルに健康になるため の練習です。
    出典 :zentra yoga
  • アシュタンガの8支則その5:プラティヤハーラ(制感)

  • プラティヤハーラとは「向けて集める」という意味です。ここから、今までの身体生理的な部門から、心理的な部門へと入る掛け橋となるのがこのプラティヤハーラの段階です。

    座法や呼吸法の後、意志的な「動作を納めて」、瞑想の姿勢に入ります。その時、生じてくる静けさの中にて、外の世界に向かう心や、感覚を対象から離し、意思の働きを内部に向けて、冷静に自己をみつめる心理作業の準備となります。外界の対象をはからずも、つかみ、つかまれている自分の思考と五感はおのずから、その対象から離れ、内面へと集中していく行法は、絶えず心を悩ませ、不安を与える問題から一旦心を引き離し、「なにものにも囚われない自在な心」にリセットするきっかけを作ります。この領域は、マノーマヤ・コーシャ(意思鞘)の調整に入ってきます。
    出典 :第2章        パタンジャリのヨーガスートラ
  • アシュタンガの8支則その6:ダラーナ(集中)

  • 心の働きをひとつの方向に集中すること。
    何か一点に集中することで
    心を動かさない状態を作るのがダラーナです。


    例えば。。。。
    ロウソクの炎
    第3の目(眉間の間)
    に集中する。。。。。。


    このように、なにかに集中することで
    それ以外のことから解き放たれるという
    比較的やりやすい瞑想法です。
    出典 :ヨガ・スートラ(八支則) 7 六、ダラーナ/七、ディヤナ/八、サマディ - yuriyoga
  • アシュタンガの8支則その7:ディヤーナ(無心)

  • 冥想

  • 冥想は日本では禅と言われています。
    集中を意味するダラーナからさらに一歩進んだ状態だと言えます。

  • アシュタンガの8支則その8:サマディ(三昧)

  • サマディとは一体になるということ。真のサマディは人の意識の究極のステージです。

    それは心を超え、身体を超え、すべてを超えて、創造の源の存在、神と一体となることであり、真の悟りの証明といわれています。
    出典 :サマディとは | ヨグマタ相川圭子公式サイト
  • 初めてでも簡単なアシュタンガヨガの順番

  • 最後に

  • アシュタンガやその順番によって決められたポーズを知ると、
    単なるエクササイズとしてのヨガの楽しみ方とは違ってくると思います。

    それこそヨガの醍醐味と言える部分です。

    この機会にアシュタンガ及びその順番を覚えて、より一層ヨガを楽しんでみてください。