意外と知られていない 妊娠初期症状の腹痛って?

妊娠初期症状として挙げられる<腹痛>
その原因と対策を探ります

view15434

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期の腹痛って?

  •  

    "腹痛"といっても、その症状はさまざま。
    特に初めての妊娠は不安でいっぱい!
    腹痛の原因って?
    痛くなったらどうすればいいの?

  • 妊娠初期の腹痛の原因って何?

  • 妊娠初期の腹痛のうち、
    ・下腹部が締め付けられる
    ・引っ張られる
    ・キュッとくる
    という症状の場合は、大きくなりはじめた子宮が、周囲を圧迫するために生じる痛みと考えられます。

    ・足のつけ根のあたりがつれる
    ・下腹部がつれる
    といったつるような痛みの場合、子宮をささえている靱帯が、急激な伸びに悲鳴をあげている、けいれんを起こしていると考えられます。いずれも正常な妊娠経過の痛みですので、安静に過ごして様子を見ましょう。
    出典 :妊娠初期の腹痛 赤すぐ|妊娠初期の腹痛についての説明や妊婦さんの体験談
  • なぜ妊娠初期症状として腹痛があるのか、それは子宮が大きくなっている証拠で、そのせいで子宮収縮が起きているので腹痛を感じるといわれています。子宮が大きくなろうとしているわけですから、おなかが少し引っ張られているようなそんな痛みがあるのです。下腹部痛を感じる人もいるのですが、その場合は基礎体温が高温に入ってからだいたい1週間くらいに、おなかに痛みを感じるというケースが多いようです。下腹部の痛みはちょっと痛いなというくらいの痛みなら1ヶ月くらいで治まります。
    出典 :妊娠初期症状ガイド
  • 腹痛=異常というわけではないようですね。

  • どれくらい痛いの?

  • たいてい、下腹部痛は、子宮のあたりがズキズキと痛み、お腹が引っ張られるような痛みです。
    特別、強い痛みではありません。(個人差はありませが)
    1日中ズキズキと痛みがある人もいれば、1日のうち痛みがあったり、なかったり という人もいます。
    どちらにしても、激しい痛みでなければ、妊娠初期症状の一つの下腹部痛ですので、そのうち痛みもなくなるでしょう。
    出典 :妊娠初期症状~下腹部痛
  • 生理通に似た痛みですが、子宮の場所がずきずき痛んでいておなかが引っ張られているようなもので強烈過ぎて我慢ができないということはないので安心してください。
    出典 :妊娠初期症状ガイド
  • ただし、妊娠初期は流産しやすい時期でもあります。
    下腹部痛のあるうちは、家事や仕事は無理せず安静にするようにしましょう。
    出典 :妊娠初期症状~下腹部痛
  • 生理痛のような、といっても、妊娠前に生理痛が無い人もいるでしょう。
    経験したことのない痛みを感じたら、我慢せずに病院へ行きましょう。

  • 無理せず、安静にしましょう

  • 妊娠初期のホルモンの分泌の変化により、自律神経は大きな影響を受けます。これが原因となって、便秘や下痢などの症状となります。しかし一般的に妊娠したら便秘がちになると考えられているため、いったん下痢になると、そのまま流産するのではないか、流産しやすい体質になりつつあるのではないかなどいった心配が頭をもたげ始めます。
    出典 :妊娠初期の症状-下痢-
  • 妊娠初期におこる腹痛は心配のない腹痛もありますが、切迫流産などの危険につながる腹痛や異常妊娠などによる腹痛もあります。
    妊娠4週くらいまでにおこる腹痛は、心配のない腹痛のことが多いようです。
    もし腹痛があるようなら、無理をせず安静にすることが大切です。
    出典 :妊娠初期の腹痛(原因と対処法)、妊娠初期の症状と過ごし方、母体の変化と注意点、 妊娠初期とは
  • 食生活で気をつけなければいけない点は、過食、そして食事の内容を考えましょう。
    まず生魚や生ハムなどの生物は避けたほうが良さそうです。
    それから乳製品も食べすぎは下痢のもと。野菜を食べる時は生野菜を食べるのではなく、火を通した野菜を食べるようにしましょう。
    出典 :妊婦さんの腹痛
  • 下腹部痛とともに、妊娠初期の妊婦さんに見られる症状が下痢・便秘。
    痛みを伴う下痢・便秘はつらいですよね。
    食生活も乱れがちになってしまうので、なるべく体に優しいものを食べるようにしましょう。

  • 少しでもおかしいな?と感じたら、すぐに産婦人科を受診しましょう

  • しかし結果的に妊娠初期に一時的に下痢がちになることは、なんら心配の必要はありません。しかしひじょうに長期にわたって下痢ばかりが続く、下痢が続いて体力が著しく低下している、下痢とともに激しい腹痛がある、下痢とともに出血があるなどといった症状がある場合には、なにはともかく婦人科を受診しましょう。
    出典 :妊娠初期の症状-下痢-
  • いつもと違う痛みがある という時、出血した時、激しい痛みではない下腹部痛でも、「何かおかしい?」と思う時は、すぐに産婦人科へ行きましょう。
    これぐらいのことで、産婦人科へ行っていいの?と思うようなことでも 赤ちゃんに何かあってからでは、遅いので すぐに産婦人科へ行きましょう。
    出典 :妊娠初期症状~下腹部痛
  • しかし気をつけなければならないのは、妊娠初期に下痢が続く時に、自分勝手な判断で市販薬に手を出すことです。市販の薬は効き目が弱いと考えている人も多いようですが、決してそんなことはありません。不注意に市販薬ばかりを服用し続けていると、かえってリスクが増すこともあります。下痢が激しくて辛い時には必ず専門医の診断を受けるようにしましょう。
    出典 :妊娠初期の症状-下痢-
  • 妊娠初期は不安で、心も体もデリケートになっているもの。
    安静にして、リラックスして過ごしましょう。無理は禁物です。
    少しでもおかしいかも、と思ったら、自己判断に頼らず受診しましょう!