美肌美人を目指そう!美肌力を高める生活習慣

みなさん、忙しい毎日を送っていると思いますが、ついつい肌に悪い生活をしていたりしませんか?誰にでもできる美肌づくりの生活習慣を集めました。

view160

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • テレビを見ながらや友人と電話でおしゃべりしてくつろぐソファも、スキンケアタイムを兼ねます。

    特に脚の冷えや疲れを感じるなら足湯をするのが得策です。

    足湯はバケツに熱めのお湯を張るのですが、それでも5分くらいするとお湯が冷めてしまいますので、ポットを横に置いて温度が下がり始めたらすぐに足せるように準備しておいたほうがいいでしょう。

    出典 :家編(リビング)
     

    血行を良くしましょう。

  • よく、「美肌づくりのためには必ず22~26時は眠るべし!」といわれていますが、そのいわゆる黄金タイムに眠るのって、実際はなかなか困難なこと。だって、いくら疲れていても夜の10時にはまだ眠れなくないですか?

    「10時ピッタリにベッドに入ろうとするから眠れないのでは? もっと前から時間をかけて眠りにつく準備をすると意外とスーっと眠れるものですよ」と鴨下先生。眠くなる前に布団に入る、というのが美肌モテ女子への道なんですね!

    出典 :3/3 名医が教える!美肌モテ女子が実践している夜の習慣 [山口佐知子の恋愛コラム] All About
     

    早めにベッドに入りましょうね。

  • 睡眠は寝始めてすぐの深い眠りのノンレム睡眠の時に、成長ホルモンが一番分泌されます。成長ホルモンこそ体の代謝を高め、新しいお肌を作り出すのに必須なホルモンです。特に寝始めてから3時間はぐっすり眠れる状態を作りましょう。実際にお肌が入れ替わるには最低6時間はまとまった睡眠が必要です。

    出典 :美肌を作るための4つの生活習慣の基本 | 美肌マニアの美容情報
     

    忙しくても睡眠時間を確保する努力をしましょうね。

  • 定期的な運動で代謝を高めましょう。運動する事により血行が良くなり、栄養が細胞に行き渡りやすく、老廃物も排泄しやすくなります。運動を続けると筋力もつきます。筋肉は普段の生活でもエネルギーを消費しやすく、基礎代謝を高めるには必須です。ジムやスイミング教室に通うとなるとハードルが高い気がしますが、週に1〜2回のウォーキングでも効果がありますし、簡単なストレッチでも大丈夫ですので、手軽に取り入れられる事から始めて見て下さい。

    出典 :美肌を作るための4つの生活習慣の基本 | 美肌マニアの美容情報
     

    美肌のためには、適度な運動も必要です。

  • 正しいスキンケアの基本をおさえておきましょう。お肌に刺激になるようなことは控えて優しくお肌のケアをしましょう。

    •クレンジング
    •洗顔
    •化粧水
    •美容液
    •クリーム・乳液
    出典 :美肌を作るための4つの生活習慣の基本 | 美肌マニアの美容情報
     

    やり過ぎも禁物

  • お肌にいい食材があるとその食材ばかり食べる人がいますが、おすすめできません。お肌はバランスの取れた食事の栄養素で作られています。タンパク質を取る時は野菜を一緒にとるなど、組み合わせて食べるように心がけましょう。基本は和定食のようにタンパク質、野菜類、炭水化物をまんべんなく食べる事が大事です。1日でバランスよくと考えると大変ですので、数日の食事を考えたときに、バランスよくなるように次の食事を決めると続けやすいでしょう。

    出典 :美肌を作るための4つの生活習慣の基本 | 美肌マニアの美容情報
     

    とにかく偏りなく食べましょう。

  • 美肌はスキンケアだけで作られる訳ではありません。健康な体があって、始めて健康な美肌が作られるのです。体の調子が悪いと顔色に出てしまいますし、内蔵の調子が悪ければ肌荒れとしてお肌に現れてしまいます。内側からカサカサになったお肌にいくら高級な美容液を塗っても、内側からどんどん乾いてしまうのです。
    出典 :美肌を作るための4つの生活習慣の基本 | 美肌マニアの美容情報
     

    肌だけではなく、身体全体のケアをしてはじめて、美肌が生まれるのです。

  • 毎日のチェックを欠かさずに

     

    忙しい朝は、ついつい肌荒れが気になりつつも、仕方なく普段通りのメイクをしてしまいがち。肌荒れを起こしていたら、化粧前にケアすることが大切です。吹き出物が出ていたら、「オロナイン」などの軟膏で炎症が悪化しないようにすること。かさつきが目立つ部分には、化粧水を多めに使ったり、集中ケア用の美容液を使ったり、コットンを使って3分パックするなどします。また、油分が気になる時は、ファンデーションを塗る前におしろいを顔全体に使用してみてください。

  • 野菜を調理する場合、気をつけなくてはならないのもビタミンCです。ビタミンCは美肌にたくさんの効果をもたらしてくれるかわりに、熱に弱く、水に溶け出しやすく、おまけに空気に触れるとどんどん失われていきます。

    出典 :美肌のための食事 - 美肌のための生活習慣 - 美肌の基礎知識 - 美肌工房
     

    野菜の調理にも気を使いましょうね。

  • 糖質や脂肪分の多い食事を控える甘いものや脂っこいものを多く食べると、それはそのまま肌のトラブルに直結します。特ににきびができやすい体質の人は、皮脂の分泌が多くなってしまうので、避けたいところです。

    出典 :美肌のための食事 - 美肌のための生活習慣 - 美肌の基礎知識 - 美肌工房
     

    食生活で気を付けたいところです。

  • 美肌作りのためには毎日の食生活において、栄養バランスを考えることが大事です。肉、魚、緑黄色野菜、淡色野菜、果物、海藻、豆、きのこ、乳製品など、たくさんの食品を1日30品目とるのがベストといえます。

    ただ毎日30品目を維持するのはなかなか大変なので、2~3日に分けてとるようにしてもいいでしょう。とにかく偏食を避けて、特に美肌に必要なたんぱく質、ビタミン類を意識してとるようにしましょう。

    出典 :美肌のための食事 - 美肌のための生活習慣 - 美肌の基礎知識 - 美肌工房
     

    美肌はバランスが大事です。

  • 年齢不詳肌をつくる7つの習慣

     

    1.ビタミンCを積極的に摂る
    2.1日1個のトマト
    3.1日1食は動物性のタンパク質を取る
    4.おやつにも気を抜かない
    5.体を冷やさない
    6.忙しい時は、手軽にジュースで栄養補給
    7.休日こそ、お料理にひと手間かける

  • 肌の再生機能を高め、美肌を作る為に必要な“成長ホルモン”があります。新陳代謝を活発にし、細胞の修復を促す働きもある成長ホルモンは22時~深夜2時の間が最も分泌が多くなるといわれています。それには、熟睡していることが条件となり、深い入眠(ノンレム睡眠)から約3時間が分泌のピークになります。その間に美肌作りに欠かせないケラチンやコラーゲンが生成され、日中受けた肌ストレスが回復されるのです。
    出典 :睡眠と美容の深~い関係|ゴールデンタイム+αで美肌力↑(Natuflow(ナチュフロー))[ispot]
     

    ただ寝るだけでなく、熟睡していることが大事。

  • 美容に関心のある方は、「美人は夜作られる」とか「睡眠は最高の美容液」など一度は耳にしたことがあるはず。その言葉の通り、睡眠と美容には深い関わりがあります。例えば、夜更かしが続くと肌荒れや張りがなくなり化粧ののりが悪いなんて経験をされた方も多いのではないでしょうか。睡眠のゴールデンタイムが22時~夜中の2時というのは、今や多くの方がご存じなのではないかと思いますがこれには、睡眠の質を高める“メラトニン”と美肌作りに必要な“成長ホルモン”の二つのホルモンが関係しています。
    出典 :睡眠と美容の深~い関係|ゴールデンタイム+αで美肌力↑(Natuflow(ナチュフロー))[ispot]
     

    美人は、良質な睡眠をとっています。

  • 美容に関心のある方は、「美人は夜作られる」とか「睡眠は最高の美容液」など一度は耳にしたことがあるはず。その言葉の通り、睡眠と美容には深い関わりがあります。例えば、夜更かしが続くと肌荒れや張りがなくなり化粧ののりが悪いなんて経験をされた方も多いのではないでしょうか。睡眠のゴールデンタイムが22時~夜中の2時というのは、今や多くの方がご存じなのではないかと思いますがこれには、睡眠の質を高める“メラトニン”と美肌作りに必要な“成長ホルモン”の二つのホルモンが関係しています。
    出典 :睡眠と美容の深~い関係|ゴールデンタイム+αで美肌力↑(Natuflow(ナチュフロー))[ispot]
     

    美人は、良質な睡眠をとっています。