うつ病の電気治療法の解説

現代人の多くはうつ病予備群とされております。うつ病は非常に治療が困難な病気で、いったんかかると地獄の苦しみを発症します。ぜひ効果的な電気治療法を知り、うつ病を克服していきましょう。

view264

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • うつ病は電気治療で改善した例がたくさん存在します。

  • 電気けいれん療法(でんきけいれんりょうほう、電気痙攣療法)は、頭部(両前頭葉上の皮膚に電極をあてる)に通電することで人為的にけいれん発作を誘発する治療法である[1]。ECT(electroconvulsive therapy)、電撃療法(electroshock theraphy: EST)、電気ショック療法(ES)[2]とも言う。
    出典 :電気けいれん療法 - Wikipedia
     

    頭に電気を流し、その効果でうつ病を改善、治療することが出来るそうです。結構有名な治療法みたいです。

  • 『電気けいれん療法』は英語で“ElectroConvulsive Therapy”といい、頭文字をとってECTと呼ばれています。“Electro”は「電気の」、“Convulsive”は「けいれんの」、“Therapy”は「治療」です。つまり、頭部に電気を流し「けいれん」を起こすことで、脳の機能を改善する治療法として1930年代に開発されました。うつ状態・そう状態・興奮状態・強い幻覚や妄想がある状態などに、高い効果・即効性があることが知られています。
    出典 :修正型電気けいれん療法|うつ病の治療方針|うつ病の治療|熊本の精神科【桜が丘病院】
     

    意識的に脳にけいれんを起こすことでうつ病改善に役立つということだそうです。これは非常に期待が持てそうな治療法です。

  • けいれん療法

     

    案外簡単な形で治療が行えるようです。

    これなら何の心配もいらないようです。

  • けいれん療法の機械

     

    非常にコンパクトな機械です。

    電圧も少なく安心して治療を受ける事が出来そうです。

  • 昔、精神病の患者さんが、突然、治療薬を中断した際に、体に拒否反応が起こって、全身痙攣(けいれん)を起こしたところ、症状が改善されたというような事が、しばしば報告され、痙攣を起こす事が、治療に役立つのでは、と示唆されました。それで、実際、電気ショックを与えたら、病状の改善が見られたというのが発端です。その後、いろいろと改良が加えられ、現在では、安全で治療効果の高い治療法として、確立されています。
    出典 :心の病に効く治療法 Vol 1. 電気ショック療法って何だろう? [メンタルヘルス] All About
     

    やはり電気治療におけるけいれん治療法は本当に過去からの実例に基づき効果は高いようですね。

  • 初期の方法では、麻酔を使用しなかったため、患者さんは大変苦痛を感じ、また痙攣を起こした際に、舌を噛んでしまったり、骨折したりという事が良くあり、大変危険でした。しかし現在では、全身麻酔を使いますので、体に感じる痛みは無く、骨折などの事故も起こらず、大変安全になりました。治療による死亡の危険は、全身麻酔に伴う危険とほぼ同じであり、10万回に3~4の死亡という統計があります。
    出典 :心の病に効く治療法 Vol 1. 電気ショック療法って何だろう? [メンタルヘルス] All About
     

    現在は非常に安全で、安心に治療を行うことが出来るようになっています。

  • 電気、痙攣、または電気ショックという言葉に対して、悪いイメージがあり、患者さんやその家族から同意を得るのが難しい事があります。主な副作用としては記憶の一部が無くなる事がしばしばありますが、大抵、数ヶ月で回復します。
    出典 :心の病に効く治療法 Vol 1. 電気ショック療法って何だろう? [メンタルヘルス] All About
     

    多少の副作用がありますが、数ヶ月で回復するので非常に安心であります。

  • こんな感じで治療を行います

     

    非常に問題なく治療することが出来そうです。

    身体の悪影響もなさそうですね。

  • 薬物療法に対して電気けいれん療法の利点(比較的即効性であることなど)が徐々に明らかになり、また無けいれん電気けいれん療法の開発、パルス波通電装置の開発などの電気けいれん療法自体の改良が行われたことにより、現在では再び治療において重要な地位を占めるようになっている。
    出典 :電気けいれん療法 - Wikipedia
     

    現在では投薬治療よりも高い評価を受けている場合もあります。ぜひ一度再考してみてください。

  • ただし、治療効果が高い反面、かつての治療技術では、患者さんに苦痛を与えてしまうという欠点がありました。しかしながら、近年治療技術が大幅に改善され、患者さんに苦痛のない治療方法として、再び脚光を浴びています。当院では、患者さんに不安や恐怖感がないよう「全身麻酔」をかけ、骨折や脱臼を避けるため「筋弛緩剤」を使用し、記憶障害の危険を最小限とするために「パルス波」と呼ばれる電気刺激を行っております。以上のような新しい治療を『修正型電気けいれん療法』とよび、英語の場合は「修正」を意味する“modify”を付けてm-ECTと呼ばれます。
    出典 :修正型電気けいれん療法|うつ病の治療方針|うつ病の治療|熊本の精神科【桜が丘病院】
     

    現在はパルス波という非常に刺激が少なく安全な治療になっています。安心してください。

  • 日本では1980年頃より、関東地方を中心にm-ECTが施行されていますが、麻酔科医の確保が困難なため、多くは総合病院に限られ、単科の精神科病院では現在も相当数のECT(筋弛緩剤なし)が行われています。当院では麻酔科医が常勤しており、専門的に関わる看護師と共に、2004年5月から2010年4月末までに325人の患者さんに、延べにして約3,300回のm-ECTを施行し、安全に治療を実施しております。
    出典 :修正型電気けいれん療法|うつ病の治療方針|うつ病の治療|熊本の精神科【桜が丘病院】
     

    テストを行っているので本当に安心して治療を行えそうです。あまり心配する必要はないようですね。

  • 1) 心臓や呼吸器に病気がある方は、事前に、医師にご相談ください。
    2) 副作用として、頻脈・血圧上昇・頭痛・一時的な物忘れなどがあります。
    ただし、これらの症状は一時的なもので、治療後は自然に元に戻り、後遺症は残りません。
    3) 治療は一時的な物忘れの副作用があるため、思わぬ事故が生じないよう「入院治療」が原則です。
    その際、以下の点をお守りください。  
    治療前夜は、完全に絶飲食していただくため、鍵のかかる個室に入っていただきます。
    治療中は、外泊をお断りしております。
    治療中は、原則として外泊をお断りしております。
    4) 治療費は、保険適用(3割負担)の場合、1回につき約1万2千円。使用する薬剤によって、治療費は変わります。また、高額医療費の負担軽減措置(約2カ月後に還付)を受けられます。
    出典 :修正型電気けいれん療法|うつ病の治療方針|うつ病の治療|熊本の精神科【桜が丘病院】
     

    治療を受ける際に注意点がいろいろあります。ぜひ一読をお勧めします。

  • 日本国内では、うつ病、躁うつ病、統合失調症などの精神疾患(まれにパーキンソン病などにも)の治療に用いられている。
    うつ病
    重症で自殺の危険が高く緊急を要する場合や、薬物療法を充分行っても症状が改善しない場合、薬物療法の副作用が強い場合など。
    躁うつ病
    うつ状態で上記したような問題がある場合や、躁状態で興奮が強く緊急を要する場合など。
    出典 :電気けいれん療法 - Wikipedia
     

    薬が効かない人に特に効果的な治療法であるようです。緊急時にも力を発揮できるようですね。

  • この治療は、薬物療法の副作用の出易い高齢者に対しては、薬物療法の代換として、特に薦められます。また、治療効果の発現が早いので、速やかな病状の改善が必要な場合にも有効です。
    出典 :心の病に効く治療法 Vol 1. 電気ショック療法って何だろう? [メンタルヘルス] All About
     

    治療効果が非常に早く出そうですね。なかなかうつ病が改善されない人はぜひ検討をしてみてください。