流産の危険を少しでも回避する為にも、あらかじめ流産の【兆候】を把握しておくことが大切です。

初めての妊娠で初期の方は、万が一に備えて流産の【兆候】を色々な角度から知っておいた方が良いです。
妊娠初期は心身ともにとてもデリケート。ちょっとした事が原因で流産することがあります。
初産の方は特に流産の【兆候】がどのようなものであるかを知っていたら、流産を未然に防ぐことができるかもしれません。

view975

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【流産】・・・・

  • 流産とは、妊娠22週未満で妊娠が終わってしまう事をいいます。現在の医療において、妊娠22週未満の赤ちゃんに何か起こっても、救う事は出来ないようです。
    12週未満の流産を早期流産、12週~22週未満の流産を後期流産といいます。
    頻度としてすべての妊娠女性の15%に起こるといわれています。
    また、時期として妊娠12週未満の早期流産が圧倒的に多く、すべての流産の70%~80%を占め、その中でも特に、妊娠8週から10週に起こる確率が高くなっています。
    対して12週~22週未満の後期流産は比較的少ないと言われています。
    出典 :流産とは
     

    妊娠初期はとても大切な時期です。

  • 「切迫流産」・・・【兆候】

  • 流産は、妊娠21週6日までの時期に胎児がきちんと育たず成長が止まってしまったり、子宮の外に出てきてしまうこと。「切迫流産」は、流産にまでは至っていないけれど流産しかかっている、または流産のリスクがある状態のことを言います。

    主な自覚症状は、性器出血と下腹部の痛み。妊娠初期は出血しやすいので、おりものに少量の出血が混ざることはわりとよくありますが、月経のような出血や何日も続く出血は注意が必要。

    切迫流産になったからといって、必ずしも流産に進んでしまうわけではありませんが、症状がある間は妊娠の状態が不安定であるということになります。特に安定期に入る妊娠16週までは、ちょっとした出血や鈍い下腹部痛がおきやすいので、少しでも症状があれば受診した方が安心です。
    出典 :切迫流産の原因・症状・治療法 [婦人病・女性の病気] All Abouthttp://allabout.co.jp/gm/gc/301948/
  • 「切迫流産」・・・【原因】

  • 「稽留流産」・・・【兆候】

  • 子宮内で胎児は死亡しているが、出血や痛みなどの症状がないものをいいます。超音波で心拍が確認できない事から診断される事が多いようです。

    出典 :流産とは
  • 稽留流産の兆候としては、
    ■胎児(胎芽)が現れる時期、妊娠6週間目~7週間目になっても、胎児が確認できない
    ■胎児は確認できたが心拍が確認できない
    ■一度は確認できた心拍数がその後に止まってしまった
    などがあります
    出典 :稽留(繋留)流産の兆候
     

    切迫流産とは違い、自覚症状などがあまりないのでわかりにくいのです。

  • 「稽留流産」・・・【原因】

  • 「稽留流産」を防ごう!

  •  

    適度の運動などでストレスなどを解消するようにしましょう。

  • 渡辺満里奈も流産経験者