妊娠中期の座り方について

妊娠中期と言えばお腹が目立って来る時期です。座り方も気になってしまうプレママさんも
多いかもしれません。快適に妊娠中期を過ごせる工夫や注意点をまとめてみました。

  • rinko 更新日:2014/02/11

view1205

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中期の座り方はどうしてますか?

  • 妊娠中に誰もが気になるのはお腹が大きくなるにつれて
    どんな風に座ればいいのかな・・ということではないでしょうか?
    何か特別に注意することなどあるのかな・・とついつい
    不安になります。


  •  横座りやお姉さん座りは骨盤を更に広げたり、歪めてしまうので避けましょう。
    あぐらか正座が良いのですが、辛い場合には片膝を立てて片足あぐらを偏らないように交互に行いましょう。
    出典 :妊娠中のつらい腰痛 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    ついついうっかりと床でお姉さん座りが楽だから・・というのは危険ですよ。


  • 椅子に座るとき

    背もたれのあるものに、深く腰掛けます。おなかに負担がかかるような姿勢で座ることは避けましょう。
    出典 :妊娠中、妊婦の日常生活の送り方、姿勢、座り方など | にんぷぶっく
     

    鉄則ですね。気をつけてください・・・

  •  

    そろそろお腹が目立って少しの動作もお腹を気にしてしまう時期だと
    思います。

  •  

    妊娠中期以降になると色々出産に向けて不安が募る時期です。
    座り方からちょっとした症状までナーバスにもなります。
    そんな時はオシャレなマタニティードレスを着てみると気分まで華やぎますよっ。
    そんな心の余裕が妊娠中期のスローライフを支えるものです。

  • 妊娠中期の正しい姿勢とは?

  • 正しい姿勢とは、
    ・頸を伸ばす。
    ・下腹部を引っ込める。
    ・臀部の筋肉を収縮させて骨盤を上方に傾ける。
    ・両足を床につける。
    出典 :妊娠中の姿勢| 妊娠中のマタニティライフアドバイス
     

    赤ちゃんがお腹に居るということを意識していると自然に姿勢も整うものです。


  • あごを軽く引き

    赤ちゃんを包み込むような気持ちでお腹を軽く背中側に引くようにします

    そうするとお腹回りが安定します

    からだの中心になるべく重心を置くよう意識しましょう
    出典 :妊娠初期・中期・後期 〜正しい姿勢について〜|東京マザーズクリニックのブログ
  • マタニティーピラティスを利用して

  • マタニティピラティス Vol.4 妊娠中期2[呼吸、サイドストレッチ]

     

    妊娠中期には座り方などを工夫しながらお腹の赤ちゃんと妊婦さんの
    体を労わることも大事です。
    自宅でもこんなピラティスをお勧めします。

  • 立っている姿勢からイスに座るときは、ゆっくりと体を下げるようにしましょう。手を後ろに伸ばしてひざを曲げ、太ももに力を入れます。イスに手をついて上体を支え、静かに座ります。勢いよく、すとんと座らないようにしましょう。
    出典 :第21回 体に負担をかけないために日常生活での正しい姿勢を見直しましょう【2】 - gooベビー
     

    座り方というよりも座っている時の動作の方に気を遣うべきなのですね。

  •  

    幸せな瞬間を正しく楽な姿勢で過ごしてください。
    妊娠中期は特に大事な時期なのです。

  • 妊娠中期は楽な姿勢を心がけましょう

  • 妊娠中期に気をつけたいこと

  • ときどき背もたれに体を預けて解放させてあげましょう。
    また、デスクの下に足台を置き、足を少しあげると腰の負担が楽になります。
    出典 :妊娠中期の楽な姿勢について -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    とにかく自分が楽な姿勢を取ると赤ちゃんも楽なんだ・・・という意識が
    大事ですよ。