9月3日は睡眠の日!昼寝の最適時間とは?

9月3日は睡眠の日!ということで、昼寝の最適時間について調べました。仕事や家事の合間にちょこっと昼寝をするだけで、頭もカラダもより活発になれるんですよ。

view281

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 9月3日は「睡眠の日」。
    「9月3日」→「九・スリー」→「くぅすりー」→「ぐっすり」というゴロ合わせからなのだそう。
    出典 :9月3日は睡眠の日! 寝過ぎない昼寝法って?(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース(1/2)
  • 昼寝の効果、効用

  • 昼寝の時間を適度にとることは、健康にも良く、疲労回復に効用があり、ストレス解消にも大きな効果があることがわかっています。昼寝の習慣があるスペインなどの国の人々は、日本人やアメリカ人などのように昼寝の習慣がない人々と比較すると、非常にストレスが少なく、おおらかで精神的にも肉体的にも健康的な生活をしている人が多い気がします。
    出典 :昼寝の効果、効用 - 睡眠障害~睡眠の悩みについて~
  • たしかにスペインの人って、いつも明るくて細かいことを気にしないポジティブなイメージがありますね。

  • 昼寝20分で8時間分のスタミナ!「パワーナップ」のスゴイ効果

  • カリフォルニア大学の心理学者サラ・メドニック助教授は、『Take a nap! Change your life (昼寝であなたの人生がかわる)』という著作を出版しています。メドニック助教授は、お昼寝にはこんなにもすばらしい効果があるといいます。


    ●その1:目覚めが良くなり、生産性があがる

    ●その2:20分の昼寝は、朝20分寝るより8時間ぶんのスタミナがでる

    ●その3:ストレスホルモンのレベルが下がるため、ストレスの軽減につながる

    ●その4:昼寝によって脳みその使い過ぎから脳回路を保護する

    ●その5:NASAは、30分のパワーナップが認知能力を40%増加すると発表

    ●その6:今までに心臓疾患を患ったことのないギリシャ人23,681名にテストしたところ、3週間30分の昼寝をしたひとは、そうでないひとにくらべて心臓疾患にかかるリスクが37%も減少した

    ●その7:記憶力が向上する

    ●その8:活動的になる

    ●その9:創作意欲を上昇させる

    「眠気がとれてすっきり」というレベルの話ではなく、身体や脳への効果がこれほど大きいとは驚きですね。
    出典 :昼寝20分で8時間分のスタミナ!「パワーナップ」のスゴイ効果 by Gow!Magazine(ガウ!マガジン)
  • こんなにたくさんの効果があるなら、日本の会社でも昼寝する制度を取り入れてくれたらいいのに・・・(笑)

  • 正しい昼寝のやり方

  • ずばり、

    「午後2時、コーヒーを飲んで、20分間寝ましょう。」
    出典 :昼寝推進キャンペーン『sheep!』
  • 珈琲を寝る直前に飲んでも、カフェインが脳に届くのに30分程度掛かるので、20分程度の昼寝なら、目覚めの頃に丁度効き出す事になる。
    出典 :正しい昼寝
  • コーヒーを飲んだからといって、すぐに目が冴えてしまうわけではないんですね。

  • あまり長い時間寝ると、逆に起きたときに
    だるいような感じを受けることもあるのですが
    この20分睡眠法ならば少しだけ睡眠を取るので
    効果が期待できるのです。

    人は、睡眠に入ると、最初の15~20分は
    眠りが浅い状態になります。
    こうした状態は、脳の疲れを取る場合の睡眠と同じ状態に
    なっているので、20分だけ睡眠を取るのが効果がある
    のです。

    20分だけ眠るので、夜に仕事が終わって帰宅しても
    眠くならない・・・なんてことはありませんので
    安心してください。
    出典 :昼寝はどのくらいしたらいいの?-昼食後の最適な睡眠時間は20分? 不眠症を一人で治す!眠れない夜を解消
  • 昼寝の最適時間は20分というのが有力ですが、こういった情報もありますよ。

  • 10分、60分、90分? 目的によって最適な昼寝の時間は違うらしい

  • どうしても取れない眠気を覚ますには、10〜20分の昼寝をして仕事に戻れば十分だと専門家は言っています。

    しかし、認知記憶を処理するには60分の昼寝の方がより効果的だと、California大学の心理学助教授Mednick博士は言います。徐波睡眠(ノンレム睡眠)が、事実や場所、人の顔を記憶するのを助けるのです。ただし、起きたときに若干ぼんやりとすることがあります。

    90分の昼寝は、睡眠サイクルのちょうど1回分で、創造性を高めたり、情緒や自転車に乗るというような手順に関する記憶の助けとなります。
    出典 :10分、60分、90分? 目的によって最適な昼寝の時間は違うらしい : ライフハッカー[日本版]
  • 睡眠の日・公式サイト