妊娠したら気をつけたい 赤ちゃんへの10の願い

妊娠したら気をつけたいことって、沢山あります。
赤ちゃんは、自分たち夫婦のもの?
本当は、天(神)から預けられた命です。
神さまが地上に生きる者に託された願いを持って生れてきます。
妊娠を思った時から気をつけたいことをまとめてみました。
元気でしあわせな出産を迎えて、一生をよきものにできますように。

  • eve 更新日:2014/02/09

view665

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 携帯やスマホ、PCは最低限に。

  • 必要かもしれない。

     

    でも、24時間必要ではないはず。

  • 過剰な電磁波を浴びないことは、
    赤ちゃんも母体も守ることにつながります。

    飛行機に乗る時、
    携帯の電源をお切り下さい。
    心臓の悪い人がペースメーカーをつけている所では
    携帯の電源をお切り下さい。

    こんなアナウンスを聞かれたことがありますか?

    見えない電磁波だからこそ、
    いのちの危険があることを知っておきましょう。

  • 食はいのちを作る 安全な食べ物を食べましょう。

  • 食べものも、無農薬、無添加のものをできる限り食べましょう。

    白砂糖を摂りすぎない。
    調味料なども安全なものを摂りましょう。

    避けられないものは、
    洗えばある程度落ちる洗浄料や、
    有害なものを落とす知恵の書かれた本などを読んで対策をしましょう。

    妊娠前、妊娠中、葉酸(ホウレンソウ、ブロッコリー、アスパラなどの緑黄色野菜、レバー、キノコなどに含まれる栄養)を摂ると、赤ちゃんの先天異常の確立が下がると言われています。
    ただし、すべて、食べものはバランスです。過剰摂取も不足もよくありません。

    赤ちゃんは親を選べません。

    ママが知識を得て有害なものから守ってあげましょう。

  • 大声を出さない

  • ママのヒステリックな声は
    赤ちゃんにも
    成長期にも
    性格にも影響してきます。

    怒りたくなったら、ミネラル類をしっかりとって
    柔和になりましょう。
    ミネラルは、心の栄養にもなります。

  • 怒りの空気

     

    活性酸素も増える

  • 人と比べない

  • おなかの大きさとか、
    成長過程とか
    人と比べないこと。

    この子は世界にたった一人の尊いいのち

    この子にしかない最高の賜物を神さまがお与えになっています。

    おなかにいる時から、
    人格を尊重して育てましょう。

  • ベビー用品、よく見て買いましょう。

  • 洗剤類もチェック!

  • 洗剤類(洗うもの、汚れを落とすもの)は、家の中に何種類ありますか?

    それらの裏の表示を読んだことがありますか?

    微量であっても、
    一日何回使っていますか?

    キッチン、お風呂、洗濯、掃除、トイレ、ガラス磨き、洗車など…チェックしてみましょう。

    混ぜると危険
    など書いてありませんか?


    XX硫酸、
    XXスルホン酸
    塩化XXXニウム
    など。

    皮膚から入って、毛細血管を通って全身に行きます。
    硫酸って、やけどしますネ!

  • 洗剤の原料を知っておくことは命を守ることにつながる
    出典 :法律表示はいのちを守る基本知識|☆Evelynの安全生活習慣と安全なお店情報☆
  • 化粧品は表の顔ではなく、裏の法律表示を見て安全なものを使いましょう。

  • シャンプー、リンス、ハミガキなど、
    化粧品の成分にも要注意!
    アレルギーや皮膚障害、
    内臓障害、
    環境ホルモンなどの原因となるものがとても多く使われています。
    自然界にないものだから要注意!

    XXパラベン、
    フェノキシエタノール、
    エデト酸塩、
    XXメチコン、
    XX硫酸、
    XXスルホン酸
    BG
    PG
    などなど・・・

    旧指定成分だけでなく、
    法律表示をよく見て、母子ともに健やかに生きれるものを使いましょう。
    ベビー用も怖い成分がいっぱいです。

  • タバコを避けましょう。副流煙を受ける所も避けましょう。

  • タバコは、化学物質の塊。
    なんと!、3000種類以上もの化学物質が使われています。
    そのため、ママがタバコを吸うと、
    おなかの赤ちゃんが呼吸ができないと苦しみます。
    助けて!と、悲鳴をあげる声が聞こえてきます。
    副流煙も同じです。
    喫煙者のいる所を避けましょう。
    赤ちゃんを守れるのは、ママのあなただけです。

  • 副流煙はガンにも!

  • いつも笑顔で過ごせる環境を作りましょう。

  • 笑顔は、しあわせな環境から生まれます。
    いつも笑顔で生きれたら一番嬉しいことです。
    妊娠期は、体調的にも辛いことがあるかもしれません。
    思いがけない悲しいことがあるかもしれません。
    でも、精いっぱい、鏡を見て笑顔を作ってあげて下さい。
    作り笑顔でも良いので、笑うこと。
    良い方向へ気持ちを持って行きましょう。

  • 良い音楽を聴きましょう。

  • 胎教にはクラシックが一番だと言う人もいます。
    好きな音楽でも、マイナスの言葉がないものを選びましょう。
    讃美歌、ゴスペル等も、赤ちゃんがいちばんすきな音楽です。
    赤ちゃんのおおもと、天国の環境を心がけると、おなかの赤ちゃんも喜んでくれます。
    生まれてから育つ環境も同じ事が言えます。