IKKOが実践!!! 究極の美肌術&肌の基礎知識

あのIKKOが実践しているという究極の美肌術を紹介します。真似するだけで、あなたも年齢不相応なツヤ肌を手に入れられるかもしれません。

view2175

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • IKKOの美肌

  • かの有名なIKKOは美肌をつくるために膨大な基礎知識の元あらゆる基本的なスキンケアを実践しているそうです。何事も基本が大事。まずは美肌の基礎知識を手に入れることからはじめましょう。

  • 目元に関して。

  • 小じわに関して。

  • 美活塾。が考える化粧水の最適なつけ方

  • コラーゲンについて。

  • たるみの予防に必要なのは表情筋を他の筋肉と同様に鍛えることです。
    将来、足腰が弱らないように走ったり、運動をして鍛えるのと同じことです。運動や入浴による新陳代謝の活性化もよいと言われています。汗をかくことで、むくみによるたるみも解消できますし、適度な運動で心地よい睡眠も期待できます。
    一方で、たるみの原因のひとつにはコラーゲンの減少があります。これを補うことでも予防効果を得られます。但し「コラーゲンは内側から摂取」が大原則です!
    更にコラーゲン生成に欠かすことができないビタミンCや血行促進するビタミン、エラスチンやヒアルロン酸などを配合したサプリメントを摂取するのもよいでしょう。
    具体的なお肌のケアは、乾燥を防ぐこと。潤ったお肌は、美容液の有効成分もぐんぐん浸透し、効果をあげやすくなります。
    美容液・保湿乳液には、レチノール、カロテン、ビタミンB3(ナイアシン)、ビタミンC誘導体、甘草エキス・オウゴンエキス(ポリフェノール含有)等が配合された美容液がオススメです。効果を持続させるために、乳液で顔全体をまんべんなく保湿しましょう。
    今日から出来るケアには、温・冷パックがあります。
    特殊なパックではなく、レンジで温めた蒸しタオルと冷蔵庫で冷やしたぬれタオルを交互におくだけ!新陳代謝がよくなりお肌をスッキリさせます。肌も気持ちもリラックスさせる作用もありますよ。
    出典 :高橋クリニック
  • 毛穴のしくみ

  • 毛穴

  • 1流芸能人

  • IKKO

  • 毛穴からは皮脂などが分泌されており、毛穴の奥には皮脂を分泌する皮脂腺があり、毛根にぶら下がっています。
    皮脂はここで作られ、毛穴を通して皮膚全体に分泌されます。皮膚表面をなめらかにするととともに乾燥から皮膚を守る役割があります。
    体全体のうち、皮脂腺が最も発育している部分は頭で、その次が顔です。顔には約20万個もの毛穴が存在します。
    毛穴の大きさは皮脂の分泌量が関わっており、皮脂の分泌量には男性ホルモンが関係しています。男性ホルモンが多いほど、毛穴が大きくなる傾向があります。
    また、皮脂だけでなく、角栓でも毛穴は広げられ大きくなってしまいます。
    出典 :高橋クリニック
  • これで綺麗な肌に! 極潤ヒアルロン化粧水&乳液

  • 男性ホルモン

  • 女性ホルモン

  • たるみ

  • ニキビ予防

  • にきび

  • 皮脂

  • ニキビを予防するのに最も大切なのは、ホルモンバランスを乱さないような生活を心がけるということです。
    睡眠不足は肌の免疫力低下につながりますし、ニキビが出来やすくなると同時に大きく腫れやすくなります。毎日最低6時間は睡眠をとる事が必要です。寝不足・寝だめも良くありません。普段からの生活リズムを保つことが重要ということになります。また、普段からの食生活も重要です。食生活の変化は肌に大きな影響を及ぼします。そのため、動物性脂肪の多い食事よりも、和食中心のほうが肌のためには良いといえます。食物繊維やミネラルを補うことや、抗酸化力をつけるためにビタミンAとビタミンCが豊富な緑黄色野菜を多く体に取り込むことも、美肌になるための欠かせない条件といえます。
    出典 :高橋クリニック
  • 女性ホルモン

  • 女性ホルモンのバランスの乱れによる生理不順や更年期障害、女性ホルモンを体内で多く分泌している女性は、どうしてもその影響を受けやすくなります。当然肌にも大きな影響を与えます。女性ホルモンには大きく分けて「黄体ホルモン(プロゲステロン)」と「卵胞ホルモン(エストロゲン)」の2種類に分けることができます。黄体ホルモンは体のむくみやイライラの原因です。普段、不規則な生活を送っていたり、ストレスを多く抱えているとより強く現れるようになります。
    卵胞ホルモン(エストロゲン)は生理後に分泌が高まり、黄体ホルモンは生理前に分泌されるホルモンですが、エストロゲンは思春期頃から急に増え、30代後半から減り始め、閉経と共に急激に低下します。この分泌を維持するには普段から健康な生活を送ることを心がける必要があります。
    出典 :高橋クリニック
  • ターンオーバー

  • しみ

  • ターンオーバーとは肌の新陳代謝のことで表皮の生まれ変わりのことを指しています。表皮細胞が基底層のところで新しく生まれて、約28日間かけて角化し、やがて角質細胞になり最後にふけや垢としてはがれていく、この代謝サイクルのことをいいます。またターンオーバーは、歳を重ねるごとに遅くなり、表皮の層も薄くなっていきます。このために傷の治りが遅くなったり、肌のきめが粗くなったり、しみができやすくなるわけです。肌がくすむ、肌が硬い、乾燥肌が治らない、小ジワができたといった状態が見られるのはターンオーバーの速度が落ちている証拠といえます。ターンオーバーのリズムには食事や睡眠なども大きく影響します。十分な栄養と休息をとらないと細胞はうまく成長しません。肌を美しく保つには正しい生活習慣が重要となります
    出典 :高橋クリニック
  • 皮膚の構造

  • 皮膚の構造を詳しく見ると、皮膚は表皮、真皮、皮下組織で構成されています。
    まず、表皮とは皮膚の一番表面部分を指します。よく「角質」という言葉を耳にしますが、角質も表皮の一部です。
    角質層とは表皮の一番上にある、死んだ細胞の層のことを指します。
    角質層とは違い、角質層以下の表皮(顆粒層・有棘層)は生きた細胞でできており、約65%の水分を含みます。
    ここは外部からの刺激に反応して、情報を神経などに伝えたり、アレルギー反応を起こしたりする事で、身体を守る働きをしています。
    また真皮とは、表皮の下の部分のことで、表皮にまもられながら、皮膚の機能を内側から支えている部分をさします。
    コラーゲンは真皮の中に網目状のネットワークを形成して、真皮の弾力性を維持する役割を果たしています。
    また、コラーゲンのところどころにエラスチンと呼ばれる別の繊維が存在し、コラーゲンの構造を支える役割をしています
    出典 :高橋クリニック