患者さんとご家族の明日の為に【膵臓がん】

膵臓にも癌はできるのです
治療法と症状をまとめてみました
ガイドラインにて作成です

view228

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 膵臓がんとは

  • 膵臓にできるがんのうち90%以上は、膵管の細胞に出来ます
    通常はこの膵管がんの事を膵臓がんとさします
    膵管は細長い膵臓を貫いて網目のようにはしる細い管です

  • 膵臓

     

    食物の消化を助ける膵液をつくる
    血糖値の調節に必要なホルモンを産生する
    という役割をもっている器官です

  • 危険因子

  • 危険因子として示唆されているのは
    糖尿病、慢性膵炎、喫煙などが挙げられています

    喫煙だけは確立した危険因子として決められています

  • 喫煙

     

    依存性が高く止める事が難しい喫煙は
    全てのがんの発症確率を上げる可能性があります
    値段が高騰している今が
    もしかしたらやめ時かもしれませんね
    癌になってから後悔は遅いですよ

  • 症状

  • 早い段階では特徴的な症状はありません
    膵臓がんの人が受診した主な理由は
    胃のあたりや背中が重苦しい、なんとなくお腹の調子が悪い、食欲がない
    体重が減ったといった漠然とした症状が多いようです

  • 膵臓がんに関連のある症状として

     

    がんで胆管が詰まると皮膚や白目が黄色くなったり
    黄疸が出る事があります
    黄疸がでると体がかゆくなったり、尿の色が
    濃くなる事もあります
    糖尿病が急激に悪化するといった症状もみられるでしょう

  • 検査方法は

  • 腹部超音波検査
    CT、MRI検査
    超音波内視鏡検査
    内視鏡的逆行性胆管膵管造影
    MR胆管膵管造影
    PET検査
    血管造影検査
    経皮経肝胆道造影
    腫瘍マーカー
    等を症状に合わせて検査します

  • 基本は

     

    腹部エコーで検査します
    腫瘍マーカーを使うところもあります
    検査項目は沢山ありますが
    全て行う事はまれです

  • 治療法は

  • 標準的な治療法は
    手術、抗がん剤治療、放射線治療の3つがあります
    広がり等を考慮して、一つか複数行う事があります

    バイパス手術を使用する場合もあります
    早期発見が難しく、診断されたときは進行しているため
    手術単独で治癒する事は多くはないのが現状です

  • 場合によっては

     

    膵臓を全摘出する場合がありますが
    血糖コントロール等が難しい為、なかなか行えない
    場合がほとんどだと言えるでしょう

    膵臓は糖尿病の悪化を招くので大切に
    したい所ですね