美容目的のデジタルヘルスケア

最近人気が高く、需要のあるデジタルでのヘルスケア。
その目的は、健康よりも美容目的の利用者が多いです。

  • S 更新日:2013/12/19

view166

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 利用動機は「美容」

  • デジタルヘルスケアを利用する方の多くが、「美容」を目的としています。
    確かに美しくなるには、体内からキレイにしていくことから始めるのが真の美しさになりますよね。

  • メリットが大きい

  • スキンケアの効果は見た目に反映され、効果を実感しやすく、幅広い年代の方々からの関心を集めています。
    ヘルスケア産業の拡大は目に見えています。

  • 2013年から人気急上昇!

  • 今年に入り、ライフログ・ヘルスログ関連のサービスへの人気が急上昇しています。
    次から次へと商品が発表され、毎年1つは何かしらのアイテムがヒットしている模様です。

  • 人気アイテム

  • 2012年・2013年のヒット商品は、どのようなものがあるか?
    以下にまとめました。

  • ・「Nike+FuelBand」
    2012年に注目を浴びてからというもの、人々の関心が途絶えません。
    デザインもカッコイイです♪

  • ・リストバンド型の活動量計。
    今年のヒットアイテムです。
    FitbitやJawboneなどがあります。

  • これらのアイテムの特徴が、スマートフォンのアプリを通して活動量を測定し、結果を見る事ができるという点です。
    今後もデジタルでのヘルスケア・美容関連はパワーアップしそうですね!