食べても太らない!?【痩せの大食い】

世の中に居ますよね
食べても食べても太らない人
うらやましい人をまとめてみました

view1055

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どうなっているの?

  • 痩せの大食いと呼ばれる、いくら食べても太らない体質を持つ人たちの多くは、消化器官にその謎を解く鍵があるようです。
    実は、消化器官の中にある"弁"と呼ばれる、血液や食物の移動を調整するストッパーの造りが緩くなっているためと考えられています。
    出典 :たとえ大食いでも太らない!? ~ 痩せの大食いとは | ダイエットSlism
  • 痩せていると胃袋にたくさん入れても脂肪でじゃまにならず、たくさん膨らませられますし、何より消化しても吸収しにくい体質だからでしょう。ギャル曽根は日に6~7回も大便をするそうなので、食べてもさほど吸収せずにすぐに出てしまうということです。もったいないというか、あまり意味がないように思います。自然界の食物連鎖のように、一見残酷ですが、最低限必要な分だけ食べるというのが一番かと。
    出典 :大食いは何故痩せている?(1/2) | 栄養のQ&A【OKWave】
  •  

    弁がきつい人はゆっくり消化、吸収されます
    食べても太らない人は弁が緩い為吸収されにくいのです
    要するに燃費が悪いと考えるとわかりやすいかもしれません

  • エコカーが食べたら食べた分だけきちんと太る人

    アメ車が痩せの大食い

    分かりやすいですか?

  • 体質のことを詳しく言うと、その人が持つ褐色脂肪細胞という肥満細胞が関係しているそうです。褐色脂肪細胞は、気温の変化や外部の刺激からカラダを守るため、体温を一定に保ちながら余ったエネルギーを熱利用して放出し、肥満を予防してくれる細胞です。
    痩せの大食いタイプは褐色脂肪細胞の働きが高く、栄養分を分解し、体のエネルギーを熱として放出するため食べても太りにくいと言われています。
    出典 :たとえ大食いでも太らない!? ~ 痩せの大食いとは | ダイエットSlism
     

    褐色脂肪細胞の働きが鈍っていると食べた分だけ太ります

  • 一つは、食べても太らない時期だからかも。若い頃には食べても太らなかったのに、年を取っても若い頃のまま変わらずに食べている人は太ってしまうんだとか。

    二つ目は、過食嘔吐などによる病気です。過食と嘔吐の繰り返しは、過激なダイエットやストレスが発症のきっかけになることがあります。
    間違ったダイエット代表として挙げられる"食べないダイエット"、これを行っている人は何日も絶食しますよね。初めの数日は耐えられても、いつかは耐えられなくなります。そうして行き着く先は食べたら吐くことと言われています。食べた分の栄養も吐き出されますし、太ることもないと考えてしまうのでしょうか。
    出典 :たとえ大食いでも太らない!? ~ 痩せの大食いとは | ダイエットSlism
  • なりたい!痩せの大食い!

  • 脂肪細胞の変化を受ける時期は、まだお母さんのお腹の中に居る胎児期、生まれてからの乳幼児期、思春期などと言われています。この脂肪細胞が変化する時期に、カロリーを摂取し過ぎると脂肪細胞は増え、太り易い体質になってしまうので注意しましょう。
    出典 :たとえ大食いでも太らない!? ~ 痩せの大食いとは | ダイエットSlism
  • 現状から食べても太らない"痩せの大食い"体質に改善できるかということですが、それは難しいと思われています。もし、今の太り易い体質から、食べても太らない体質に改善したい場合は、褐色脂肪細胞を活発にしたり、消費量を増やしてみましょう。
    褐色脂肪細胞は低温で活性化するため、水中での運動をダイエットに取り込んで、刺激するようにしてみるとエクササイズとダブル効果が得られるかも知れません。
    出典 :たとえ大食いでも太らない!? ~ 痩せの大食いとは | ダイエットSlism
  • 結論

  • 現状は難しいと言われていますが、今後もしかしたらなる事が出来るかもしれないですね

    ダイエッター的に太らない食べ方に気をつける事で
    にたような体質になるかもしれません

  •  

    ここまで来ると危ないですが
    このような状態にまで栄養が取れなくなる場合も
    あるようです
    ダイエットは注意して行いましょう

  • 食事ダイエットと同時に行う事で
    効果が得られます
    痩せの大食いに負けないくらいしっかりとダイエットをしましょう!