乳がんの早期発見、早期治療のために

乳がんは比較的性質の良いがんの一つであり、早期に発見して適切な治療を受ければ、より高い確率で完全に治すことができます。

view436

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乳がんの早期発見

  • 乳がんは比較的性質の良いがんの一つであり、優れた検査法や有効な治療手段が多いことから、早期に発見して適切な治療を受ければ、ほぼ完全に治すことができます。
    出典 :乳がんについて | 乳がん.JP - 乳がんの情報サイト
     

    自己検診で早期発見が可能です。

  • 自己検診

  • 自己診断を続けることで、ふだんとは違う乳房の変化に気づくことができます。
    出典 :乳房のしくみとがんの発生 | 乳がんについて | 乳がん.JP - 乳がんの情報サイト
     

    下のサイトに詳しく自己診断の方法が解説されています。

  • 乳がんの発生場所

  • 乳がんの症状

     

    ●乳房のしこり:乳がんが5mm~1cmくらいの大きさになると、自分で触れて気が付く「しこり」になります。しこりがあるからといって、すべて乳がんというわけではありません。
    ●乳房のへこみなど皮膚の変化:乳がんが乳房の皮膚近くまで達すると、えくぼのような"くぼみ"や"ひきつれ"、乳首のへこみなどが見られるようになります。
    ●乳頭からの分泌物:乳頭から分泌物、時に血液の混じった分泌物が出ることがあります。

  • 乳がんの診断

  • しこりを発見するなど、「乳がんかもしれない」、「何か今までと違う」と感じたときは、まず病院へ行って、専門的な検査を受け、専門医による診察を受けるようにします。 病院では、良性か悪性か確実な診断をつけるために複数の検査が行われ、疑わしい部分を確認、悪性の場合には病巣の広がりを検査します。
    出典 :乳がんの基礎知識/乳がんの検査
  • 乳がんの検査法

  • (1)乳房触診
    (2)マンモグラフィー(乳房X線)検査
    (3)乳房超音波(エコー)検査
    の3種の検査を行っています。日本ではこれまで乳房触診のみの乳がん検診が一般的であったのですが、現在では触診のみでなく、「触診とマンモグラフィー」もしくは「触診と超音波検査」といった乳がん検診が多く行われています。
    出典 :コラム 3 | 丸の内クリニック
  • 乳房触診

     

    乳房のひきつれや腫れ、赤み、ただれ、乳頭のへこみが無いかを目で確かめます。
    つぎにベッドで仰向けに寝た状態で、触診が行われます。腕を上げた状態と下げた状態で、まんべんなく乳房に触れて、しこりの有無や様子をチェックします。脇の下や鎖骨上のリンパ節も調べます。

  • マンモグラフィー

     

    マンモグラフィー(乳房X線検査)とは、乳房の触診でしこりや皮膚のひきつれ見つかった時に、がんかどうか調べるために行なう検査です。

  • 乳房超音波(エコー)検査

     

    乳腺用の超音波診断装置を用いて、しこりが良性か悪性か調べる検査です。超音波がしこりの内部を通過するとき、乳房の線維部分では大きく吸収され、水分の多い部分では吸収されにくいので、その差によってしこりの陰影像が描き出されます。
    良性の乳腺症やしこりのようなものから、乳がんまで早期に発見することが出来ます。

  • 乳がんの治療

  • 乳がんの治療法には、手術療法、放射線療法、薬物療法などがあります。乳がんは小さくてもいろいろな臓器に転移しやすい性質であるため、全身の病気と考えることができます。つまり、手術や放射線療法などの局所療法だけでなく、薬物療法などの全身療法を組み合わせた治療を行うのが一般的です。
    出典 :乳腺超音波検査:乳房のしこり(腫瘤)が良性か悪性かを調べますhttp://medical-checkup.info/article/49062992.html