四季にたとえた簡単ダイエット

簡単にできるダイエットをまとめました。

ダイエットとは、

その人にとって一番理想的に一日を元気で暮らせる状態のことで

単に体重を減らす、やせると言う意味ではありません。

正しい生活習慣への改善です。
自然の摂理に合った方法が一番♪

明日からではなく、思った今から実行しましょう。

  • eve 更新日:2013/12/21

view304

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 身体を四季にたとえるって?

  • 24時間を四季にたとえてみると、秋から冬になる時間に、蓄えが始まると考える。
    就寝前3時間は食べないと言う理由はこんな意味
    人それぞれ、就寝時間が違うのではなく、地球の自転を考える。
    22時から朝の4時は身体が新陳代謝を行う時間
    四季を人間の身体にたとえると、
    朝~春・・・活動開始
    昼~夏・・・元気に一日過ごしている時間
    夕方~秋・・・ゆっくりとたくわえ、ゆったり時間
    夜~冬・・・冬眠

    朝日を浴びて起きることだけでも、身体は元気になれます。
    一日の活動開始の時間に、朝食を抜くことは絶対にしないように。
    お昼は好きなものを好きなだけ食べても、活動しているため、カロリーは燃焼しています。
    PCなどで座りっぱなしの人は、軽いウォーキングなどをして
    全身を伸ばしてジャンプなどをすると効果的。
    夕方は、たくわえの時期に入りつつあるため、なるべく低カロリーに切り替え
    脳の満足度を上げる食品等は効果的です。
    夜は21時以降は身体が睡眠モードになって行くため、蓄積しやすいので、要注意!!
    ダイエットメニューは、夜にしましょう。
    (栄養は常に100品目以上で、カロリーはほとんどないもので。)
    細胞の入れ替わる時間に脂っこいものを入れない。
    (22:00~2:00)

    白砂糖や、合成甘味料、化学物質入りの食品は「石油]だと思って避ける。
    (他にも有害報告、怖い理由がありますが・・・。)
    これだけでも、簡単に実行出来ると思います。

    できれば、
    甘いものを食べたい時、脳が満足できるジュース
    糖分を一緒に排泄してくれる成分が入ったお茶
    食べる前に飲んでおくと、いらないものを包んで排泄してくれるファイバー食品等など・・・
    一緒に利用すると効果的です。


    正しい排泄、
    正しい血液の流れ、
    水分補給なども、
    正しい栄養バランスと共に欠かせない条件です。
    体を冷やすような食べ物はなるべく避けましょう。
    (一例・・・バナナやノニは、南国の食べ物です。)

    交感神経は、人間が活動する時に働き、副交感神経は、人間が休息する時に働くそうです。
    これを人体内の一日の四季ととらえて生きると、自然の摂理にかなっていくように思えます。





  • 代謝を上げる

  • 身体の機能が低下していると、なかなかダイエットが成功できません。
    体温は37℃位が代謝率を上げると言われています。

    身体を温めるたべものを積極的に摂りましょう。

    スパイス類を摂って、身体を温める。
    バランスの良いビタミンやミネラルを摂って体温を上げる。
    食物繊維をしっかり摂って、不要な脂肪を包んで出す。
    腸内環境を良くすると、脳も元気になり、
    指令を出しやすくなります。

  • りんごってすごいんだよ!

     

    未熟果、芯の部分にも栄養が詰まっています。

    基本は、単品ではなく、バランス。

  • 合成甘味料を避けること

  • カロリーゼロや、ダイエットと銘打った商品が増えています。
    日本人にもおなかポッコリが増えているせいです。

    ところが、裏の原料表示を見ると、
    アステルパーム
    アセスルファム
    スクラロース
    ステビア
    などの合成甘味料がたくさん使われています。

    脳腫瘍
    神経系
    脳神経
    血糖値など様々な影響が言われています。
    糖分は控え目であっても、人体には良いとは言えません。
    不安なものは、避けるにこしたことはありません。
    昔、流行した合成甘味料のチクロやズルチンは被害が起きてから廃止されました。
    起きてからでは遅いことも!!




  • 運動は欠かさずに。

  • 軽い運動をすると、カロリーを消費します。
    ハードな運動は逆効果!!
    運動をして筋肉をつけましょう。

    毎朝、起きたら、ラジオ体操か、バレエウォーキング、ダンス等の軽い運動がお勧めです。
    お散歩、ゴルフなどもお勧め
    無理なく毎日続けることがコツです。

  • 間違ったダイエットは死に至ることも

  • 単品ダイエットは、不健康の元になります。

    いつも、バランス良い栄養で、身体の機能が全部無理なく働ける環境にしておきましょう。

  • カレンカーペンターが摂食障害で32歳の若さで亡くなったニュースは、世界中のカーペンターズファンを悲しませました。
    兄から、太っていると言われたことや、芸能界でも言われたことを気にしてダイエットをしていたと言われます。
    拒食症、摂食障害
    栄養をきちんと摂らないダイエットは危険です。
    心の病と並行して行くと、もっと怖い結果を招きます。

    人と比べない
    自分の心の中に閉じ込めない
    愛することも愛されることも大切に心を豊かにして行きましょう。

  • ダイエット食品 米で29人発症、死亡例も
    厚生労働省は9日、米国で販売されているダイエット目的の健康食品で急性肝炎による死亡例が出ているとして、都道府県などを通じ注意を呼びかけた。カプセル型の「OxyELITE Pro」(オキシエリートプロ)という商品で、米国で29人が発症、うち2人が肝移植をし、1人が死亡したという。

     厚労省によると、国内での被害は確認されていないが、インターネットの日本語サイトから買え、個人輸入している人がいる可能性がある。熱や吐き気などの症状が出れば、近くの保健所に相談してほしいと呼びかけている。

         ~朝日新聞 2013年10月10日~