できてますか?正しい洗顔方法

顔を洗う水が冷たい季節ですが、できてますか?正しい洗顔方法
基本の基本、正しい洗顔方法をまとめてみました。

view276

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 正しい洗顔方法

  • (1)まずは手を洗う

     

    よく泡立てるために、まず手を洗います。

  • (2)洗顔料を良く泡立てる

     

    具体的には洗顔料を利き手とは逆の手の平に乗せ、少し窪めて、手のひらをボウルに見立て、利き手の指先3本で水を混ぜながら良く泡立てます。苦手な方は泡立てネットを使っても良いでしょう。

  • (3)Tゾーンから優しく洗い始める

     

    泡が玉子1分ほどの大きさまで出来たら、手と肌の間にクッションの様に泡を乗せ、まずはTゾーンや顎など、皮脂が多い部分からやさしく洗い始めます。なるべく指がお肌に触れないようにしましょう。

  • (4)目元や口元は泡を乗せるだけで十分

     

    乾燥しがちな目元や口元などは、泡を乗せるだけで十分です。

  • 洗顔の順番

  • ひたい→鼻→頬→輪郭部分→口まわり→あご→首元です。
    中心部から外側に向かって洗顔しましょう。
    出典 :実はできていない人が多い!!?正しい洗顔の仕方 | 女子力アップCafe Googirl
  • (5)ぬるま湯で最低20回以上すすぐ

     

    洗顔料をぬるま湯で最低20回以上はすすぎ、洗顔料がお肌に残らないようにしましょう。

  • (6)清潔なタオルで顔を押さえる

  • (7)洗顔後はすぐに保湿

     

    洗顔後の肌から水分が蒸発する時に角層の水分が奪われる過乾燥になりがちです。3分以内に十分に保湿をするように心がけましょう。

  • 洗顔のポイント

  • 熱めのお湯につけて軽くしぼったタオルを、顔にのせて毛穴を開かせておくと、毛穴の奥の皮脂や汚れが出やすくなります。
    出典 :正しい洗顔法
  • 泡で皮脂や汚れをつつんで乳化させ、泡といっしょに落とすのです。決して、指先に力を入れてこすったりしないで、泡をころがす感じで洗顔します。
    出典 :正しい洗顔法
  • 間違った洗顔によって失われるもの

  • お肌に必要な皮脂や、お肌のうるおいを保つ角質層の細胞間脂質(セラミドなど)や天然保湿成分(NMF)まで洗い流してしまうような、過度な洗顔をしているケースが多く見受けられます。
    出典 :意外と知らない人が多い“正しい洗顔” | スキンケア大学
  • 洗いすぎは、洗顔後の保湿ではカバーできない

  • 皮脂や細胞間脂質、天然保湿成分(NMF)を洗い流しても、「化粧水と乳液で保湿をすれば良いのでは?」と思うかもしれません。しかし、ダメージを受けたお肌のバリア機能が回復するのには、一晩~数日が必要となります。
    出典 :意外と知らない人が多い“正しい洗顔” | スキンケア大学