顔のリンパの痛みは近場で病気と闘っているサインです!

顔のリンパの痛みは放っておくと虫歯が進行していたり聴力が弱くなったりする事がありますので変だなとかんじてたら耳鼻科又は通常の歯科だけでなく口腔内科も視野にいれて受診しましょう。
リンパに痛みが感じるということは、病気のサインなのです。

view15809

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 顔のリンパ腺が痛んだ経験はありませんか?

  • 顔にはさまざまなリンパ腺が通っています。
    それぞれ、どの部分のリンパ腺が痛むのかによって、色々な病気にかかっていることを予想することができます。
    リンパ腺に痛みを感じた経験のある人は多いでしょうが、そのことについて真剣に考えたことのある人はそれほど多くないでしょう。
    しかし、顔のリンパの痛みには理由があることを知っていれば、どのような対処をすればいいのかが分かります。

  • リンパ腺はリンパ節と呼ばれることがあり、免疫器官の一つです。
    リンパ液を回収したり、非自己異物が血管系に入り込まないようにチェックをする機能を果たしています。
    そのため、リンパ腺がきちんと働くことによって、人間の体は健康に保たれているといえるのです。

  • リンパ腺が痛むとどうなる?

  • リンパ腺は体の中にウイルスや細菌が侵入してきたときに、それらを食い止めるために働きます。
    この機能を果たしているとき、リンパ腺に痛みや腫れが生じることになります。
    つまり、痛みを感じるときというのは、リンパ腺がウイルスと戦っているのだと考えればいいのです。
    そして、どの部分のリンパ腺が痛んでいるのかによって、それぞれ対応している部分が何らかの病気にかかっている可能性があるのです。

  • リンパ腺の痛みが出たから病院に行こうと思っても、どの診療科に行けばいいのか分からない方が多いです。
    特に顔のリンパ腺が痛んでいる場合は、一体どこで診療してもらえば、最適な治療を施してくれるのか検討がつかないでしょう。
    そこで、顔のリンパの痛みの部分から病気の場所を類推して、それに対応した治療を施してくれる診療科を受診すればいいのです。

  • 顎の下のリンパ腺が痛いのは!?

  • この辺のリンパ腺が・・・

     

    顎のリンパの痛みや口の中の病気が関係しています。

  • 顎の下にあるリンパ腺が痛むことがあります。
    この時は、虫歯や口内炎、あるいはのどといった口およびその周辺部位に何らかの病気のある可能性があります。
    その病気を治療すれば、痛みは治まるようになります。
    歯科医院に行くとよいでしょう。

  • 耳の周辺の腫れや痛みなら

  • 耳の下にあるリンパ腺に痛みが生じた場合は、中耳炎にかかっている可能性があります。
    これは、鼻や喉を通して細菌が侵入してくることによります。
    急性中耳炎や慢性中耳炎など、中耳炎には色々な種類があります。
    中耳炎が慢性化してしまうと内耳炎となります。
    内耳炎では、耳鳴りや嘔吐、難聴、吐き気といった症状が見られるようになります。
    耳かきをしていて耳を傷つけてしまうと外耳炎になる可能性があります。
    外耳炎は放置しておくととても危険な病気なので注意しましょう。

  •  

    中耳炎と診断される可能性があります。

  • 耳の周辺・腫れ?痛みは?子供は大人がチェックしてあげて!

     

    赤ちゃんが風邪でも無いのに機嫌が悪い、熱が出るなどの症状の時には中耳炎になっている事も多いです。

  • 首のリンパが痛む時

  • 首のリンパに痛みを感じるときには、口や喉、鼻などの炎症が原因となっていることが多いです。
    しかし、それ以外にも危険な病気にかかっている可能性があります。
    悪性リンパ腫や咽頭がん、肺サルコイドーシス、結核が原因であることもあります。
    痛みがなくても、腫れがあるだけでも危険です。
    むしろ、痛みを感じない方が悪性であることが多いです。

  • リンパ腺の痛みを感じたらすぐに病院へ

  • どのような部分のリンパが痛むにしても、それらは病気によって引き起こされています。
    すぐに病院へ行ってください。