アンチエイジングの鍵は「ミトコンドリア」が握っていた!?

ミトコンドリア。
聞いたことある人も多いでしょう。
実はこのミトコンドリアの働きに、アンチエイジングの鍵があるのです!
細胞の中でエネルギーを生み出すこの小さな器官の秘密をまとめてみました♪

view490

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ミトコンドリアとは何か・・・

     

    ミトコンドリアはほとんどすべての生物(動植物や菌類など)の細胞に広く含まれている細胞内構造物の一つです。高校の生物の教科書などで細胞の構造図を見た覚えがあれば、その中でたいていは丸いカプセルのような形で描かれていたでしょう。 このミトコンドリアは一つの細胞に(細胞の種類によって違いますが)数十から数万という大変な数が含まれています。これらのミトコンドリアは細胞の中で呼吸をしてエネルギーを生産しているのです。我々が肺から吸い込んだ酸素は、血液によって体内の細胞に運ばれ取り込まれ、ミトコンドリアによって糖や脂肪を燃やす燃料として使われていることになります。燃やすといっても生化学的に糖などを分解していく過程でエネルギーが発生するわけで、我々はそのエネルギーを利用して体温を保ち運動をして生きていることになります。

    引用)http://www.geocities.jp/hakodatereports/mitokond.htm

  • ミトコンドリアによって体温を維持している・・・生きるために必須なものなんですね!

  • ミトコンドリアと活性酸素と老化

  • ミトコンドリアは全ての細胞の核内の染色体にあるDNAとは違う独自のDNA(ミトコンドリアDNA)を持っています。細胞を元気に保つには、そのエネルギーを生み出すミトコンドリアの働きが極めて重要なのですが、ミトコンドリアは加齢とともに減少し、機能が衰えてしまいます。その主な原因は、活性酸素によってミトコンドリアDNAがダメージを受けるからだと考えられています。活性酸素が細胞の老化の原因になることはよく知られていますよね。加齢だけでなく、ストレス、睡眠不足、食べすぎ、過剰な薬物、喫煙、運動不足など様々な要因によって活性酸素が発生します。私たちの体には活性酸素を消去するシステムが備わっているのですが、活性酸素が増えすぎると、消去しきれなくなり、細胞にダメージを与えます。
    出典 :ミトコンドリアを増やせば老けない&太らない! ?
     

    活性酸素によって、ミトコンドリア自体の機能も低下・・・困ります・・・。

  •  

    人が生まれてくるときには、母親からのミトコンドリアを受けついでいますがこの母性遺伝のミトコンドリアのDNAは、細胞核にある遺伝子よりも突然変異を起こしやすいと言われているようです。

    細胞の新陳代謝を支えているエネルギーは、細胞内のミトコンドリアから生み出されるものです。細胞内の小器官ですが、全ての細胞のミトコンドリアを体重で換算すると全体重の10%に及ぶという試算もあります。ミトコンドリアの突然変異を起こす数が多くなるとその分老化現象が現れてくるというのがカロリンスカ研究所と
    プランク研究所で研究結果からわかったことのようです。

    引用)http://trendjoho.com/2578.html

  • ミトコンドリア自体が「活性酸素」を生み出している

  • 実は、ミトコンドリアはエネルギーを生産する際に活性酸素を発生しています。皮肉なことに、それがミトコンドリア自身のDNAにもダメージを与えてしまうようです。最近の研究では、ミトコンドリアの働きが低下すると、エネルギーを生産する際に出る活性酸素の量がより多くなるといいます。逆に、ミトコンドリアの働きが良いと発生する活性酸素が少なくなり、より多くエネルギーを生産することができます。その結果、代謝がうまく働き老化を遅らせることができるのです。
    出典 :ミトコンドリアを増やせば老けない&太らない! ?
     

    ミトコンドリア自体の機能が低下すればするほど、活性酸素が生まれてしまう悪循環ってことですね。

  • 代謝の低下は年齢ではなく、ミトコンドリアの減少!?

  • 一般的に、加齢により代謝が低下するといわれますが、最近では「加齢」のせいというよりも、「ミトコンドリアの減少」が関係していると考えられています。私たちの体に必要な「生体エネルギー」を生み出しているミトコンドリアは、放っておくと40代前半から減少し、機能も衰えます。ミトコンドリアの数が少なくなったり衰えたりすると、エネルギーがうまく作れず不足してしまいます。また、エネルギーに変換されずにあまってしまった酸素は活性酸素になってしまい、余分な栄養素(脂肪やブドウ糖)は中性脂肪として蓄えられてしまうそうです。その結果、代謝が遅くなり、太りやすくなったり、体が疲れやすくなったり、めまいや動悸・息切れ、無気力・集中力の低下、うつ、貧血、肌荒れなど、様々な体の不調が現れるといいます。
    出典 :ミトコンドリアを増やせば老けない&太らない! ?
     

    ミトコンドリアの減少、機能低下が「老化」の原因だったなんて・・・。

  • 質のよいミトコンドリアを増やす方法とは?

     


    「運動」です。

  • 1.片足で立つ

    2.背筋をピンと伸ばす

    3.早歩きをする

    4.ちょっとしたスクワットをする

    出典 :ミトコンドリアとアンチエイジング | 20代からのお役立ち健康情報「Health Hack」
     

    ちょっとした「動き」でミトコンドリアは増えるそうです。嬉しいですね♪

  •  






    「タウリン」もミトコンドリアを増やします。

  •  




    「レスベラトロール」もミトコンドリアを活性化!

  •  

    ミトコンドリアは、適度な運動によって増加、活性化します。また、運動だけでなく、適度なカロリー制限によっても増加、活性化することがわかっています。レスベラトロールは、適度なカロリー制限と同じメカニズムで、ミトコンドリアの機能・数を増加させる優れた働きが期待されています。マウスの実験でも、レスベラトロールが、ミトコンドリアを増加させ、結果として運動機能を改善しているのが確認されました。

    引用)http://www.grape-resveratrol.info/resveratrol-effect/athletic/