生活習慣病の原因となるもの 5つのポイント

生活習慣病の原因となる行動には大きく分けて5つあります。この5つを解説していきます。

view81

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生活習慣病の原因

  • ①食事・食生活(偏った食生活・食べ過ぎなど)

  • 日本人はもともと魚や野菜をたくさん摂る和食中心の生活を送ってきました。
    しかし、近年は食の欧米化により、肉の摂取量が大幅に増えた一方、魚や野菜の摂取量が年々減少しています。
    出典 :生活習慣病の主な原因
  • 高カロリーの食事は肥満や脂質異常症の原因となり、最悪の場合、動脈硬化をおこして脳卒中や心臓病を発症するおそれがあります。
    出典 :生活習慣病の主な原因
  • ②喫煙

  •  

    たばこは、生活習慣病の原因となります。

  • 喫煙はがんの発生や動脈硬化の促進に関与するほか、近年増えつつある慢性閉塞性肺疾患(COPD)の最大原因と言われています。
    出典 :生活習慣病になりやすい原因
  • ③飲酒

  • お酒に関しては、適量であればストレス解消、精神的なリラックスといった効果がありますが、度を越えると消化器系のがんや、糖尿病、高脂血症、高血圧、痛風といった生活習慣病の原因となります。
    出典 :生活習慣病になりやすい原因
  • ④不規則な睡眠

  •  

    現代人の多くは仕事中心の生活を送っており、3食きちんと食べなかったり、夜更かしするなど、不規則な生活習慣を送っている方が増えています。

    睡眠不足は疲労の蓄積を招くほか、朝食抜きや夜遅くの食事は肥満の大きな原因となり、生活習慣病になるリスクを高めています。

  • ⑤運動不足

  •  

    近年は交通の便が発達し、便利な世の中になりましたが、その反面、現代人の運動不足という深刻な問題が発生しています。

  • 運動不足になると、肥満や高コレステロールの原因となり、糖尿病や動脈硬化を引きおこしやすくなります。

    また、運動不足はストレス増幅の要因でもあり、悪循環になる可能性も指摘されています。
    出典 :生活習慣病の主な原因
  • ①食事・食生活(偏った食生活・食べ過ぎなど)
    ②喫煙
    ③飲酒
    ④不規則な睡眠
    ⑤運動不足

    以上、5ポイントが生活習慣病に影響を及ぼす行動です。