妊娠と年齢の関係について

妊娠と年齢に関して、妊娠しやすさなどをまとめていきたいと思います。

view429

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 女性は年齢とともに妊娠しにくくなる

  • 女性の年齢と妊娠には、密接な関係があり、女性が年齢を重ねれば重ねるほど、妊娠しにくくなります。そして、それには、卵子のなりたちが関係しています。
    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】正しく知る 年齢
  •  

    女性は生まれたときには卵巣内にすべての卵子の元がすでに存在し、新たにつくられることはありません。そのため、加齢とともに、卵子は少なくなり、その質も低下してしまいます。

  • 結婚年齢の上昇によって不妊が増える

  • 現代社会において、妊娠を望む年齢が次第に高くなってきているため、 “年齢” が不妊の理由とされることが多くなってきています。ほぼ20%の女性が35歳以降まで家族を持つことを考えない、と言われています。これには、いくつかの理由が考えられます。
    出典 :年齢と妊娠 さくらライフセイブ・アソシエイツ
  • 不妊の理由

  •  1) 多くの避妊方法が簡単に実行できる
     2) 以前より多くの女性が労働力となっている
     3) 結婚年齢の上昇
     4) 離婚率の上昇
     5) 経済的安定を待つ夫婦の増加
     6) 多くの女性が生殖機能が20代後半から30代初期にかけて下降する事を認識していない
    出典 :年齢と妊娠 さくらライフセイブ・アソシエイツ
  •  

    左のグラフ(図2)は、女性の年齢と1年以内の妊娠率や妊娠までに要した平均期間をあらわしています。妊娠率でみると、20代後半から少しずつ低くなり始め、30代後半になると低下に拍車がかかります。

  • 女性の結婚年齢が年々高くなっている現代、妊娠する力がすでに低下した年齢から子づくりをスタートすることになります。明らかな不妊の原因がなくても、加齢による卵巣機能の低下(卵子の老化)によって妊娠しにくい女性が増えているといえます。このように、"妊娠適齢期"と"妊娠希望年齢"のギャップが、現代型不妊症の主な原因であると言えます。
    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】正しく知る 年齢
  • 卵巣の機能について

  • 加齢するにしたがって、卵巣に起こる変化が原因となり生殖機能が低下します。男性は、生きている間は精子を作り続けますが、女性は、限れた数の卵子を持って生まれてきます。思春期時には、女性は、300,000個の卵子を持っています。そのうち、およそ300個の卵子のみが女性の生殖可能時期に排卵され、残りは衰退します。この衰退プロセスは、女性が妊娠していても、順調な月経が毎月あっても、避妊ピルによる避妊をしていても、不妊治療を受けていても起こります。喫煙はこの衰退を進め、又、月経閉止期を早めます。
    出典 :年齢と妊娠 さくらライフセイブ・アソシエイツ
  • 自分の卵巣年齢を知り治療計画を立てるために役立てる

  • 誰にとっても老化は避けられない現実です。ただし、その進み具合には個人差があり、それは卵巣の働きにもいえることもまた事実です。
    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】正しく知る 年齢
  • 妊娠しやすさの急激な低下が起きるのは35歳です。これは、卵巣内の健康な卵子が年齢とともに減るためと考えられています。
    出典 :Fertility - 妊娠しやすさと年齢。年齢が生殖系に与える影響
  • まとめ

  • 年齢と妊娠の関係について、簡単に解説しました。
    少しでも気になることがあるならば、専門家の方に相談することをお勧めします。