「子供のうつ増加中」あなたのお子さん大丈夫ですか?

嫌な時代になったものです。ですが現実に子供のうつは増加傾向にあるようです。今回は子供のうつについてまとめてみました。

view380

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ホントに増えてます。

  • 子どものうつ病が増えています

     うつ病は大人だけの病気ではありません。
     一時期、「子どもにうつ病はない」と思われていた時代がありましたが、最近になって、子どもでもうつ病になることがわかってきました。調査によると、小学生の約8%、中学生の約23%が抑うつ傾向にあるそうです。また、小学生の1.6%、中学生の4.6%がうつ病を発症しているのではと推測しています。中学生の4.6%という数字は、大人のうつ病の発症率に迫るものです。
     今、子どものうつ病が増えています。元気がない、イライラ、不登校、眠れない・・・。お子さんにこのような症状が見られたら、それはうつ病のサインかもしれません。
    出典 :子どものうつ病
     

    中学生で5%も発症しているとは、驚くばかりです。

  • 物事が理解出来る様になっていたら、子供といえどもうつ病になりますよ。 子供はそれをうつ病だとは気が付かないし、親もなかなか気付けないんじゃないですか? 虐めを苦に自殺… 完全な鬱です。
    出典 :子供もうつ病になるんですか(・・?) - Yahoo!知恵袋
     

    親御さんしか気付いてあげられる人がいませんからね。

  •  

    お子さんの様子には常に注意を払っておきましょう。

  • 急増の原因は?

  • 子どものうつ病は、うつ病の歴史が紀元前にまで遡れることを考えれば「最近になって増えた」のではなく、「昔からあったが気付かれなかった」と言うのが現実に即しているでしょう。

    なぜなら、「大人が子供に抱くイメージ」と「うつ病への偏見」によって子どものうつ病が覆い隠されていたからです。
    出典 :【子どものうつ病に関して】|子供にも起こっている鬱病の実態|「うつ病」家族のためのガイドライン
     

    確かに子供はうつ病にはならないと思い込んでいましたからね。

  •  

    昔からあったのに病気だと気づいていなかったというのは多いですからね。

  • 原因は?

  • 大人の持つ子供のイメージは「純粋無垢で天真爛漫な存在」に集約されると言えます。

    元気に野山を駆け回り風邪も引かない元気で強い子、という平均化された子供の理想像を前提にしているからです。

    しかし、子供の世界も大人の社会とそう変わらないものであると言えます。周囲との競争や人間関係は大人よりも苛烈と言えますし、悩み事が無いわけではないといえます。つまり、ストレスを原因とする心因性の鬱病が発症する可能性は子供たちにも充分にあるのです。
    出典 :【子どものうつ病に関して】|子供にも起こっている鬱病の実態|「うつ病」家族のためのガイドライン
     

    競争にさらされているのは、子供も一緒ですからね。

  • 兆候は?

  • イライラしたり、注意力が低下したり、誰でもそんなときはある。でも、普段より過度に出ているなら、その背後にうつが隠れていることも。基本的には症状が2週間以上続いているなら、うつの可能性がある。身体症状を訴える場合、まずは小児科などを受診し、その結果、身体的には異常が発見されなければ児童精神科へ。その結果、うつと診断される場合がある。素人判断は控えたい。

    まれに脳腫瘍などの神経疾患が隠れている場合もあるので、知能検査、頭部のCT、MRIなどさまざまな検査が必要になる。うつと分かった場合は、症状が治まるまで少なくとも数ヵ月から1年はかかる。1年以内の再発率も40%とかなり高いので、長期的にじっくり取り組むつもりで構えよう。再び学校に通えるようになる、落ちた成績が上がるといった目に見える成果を焦らないことが大切だ。
    出典 :子供が「うつ」になったら…大人はどうする?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック
     

    別の病気の可能性もあるのですね。

  •  

    とりあえず2週間同じような症状が続いたら病院に行くべきですね。

  • 症状は?

  • 子どものうつ病によくみられる症状

    ●うつ病の行動に現れる症状
    落ち着きなく動き回る、何をするのも遅くなる、話さなくなる、やらなければならないこともできない、面倒くさがる、集中できない、次の行動を考えることができない

    ●うつ病の身体的な症状
    食欲がない、体重が減った、食べ過ぎてしまう、体重が増えた、眠れない、いつまでも眠っている
    出典 :子どもがうつかもしれないと思ったら【前編】~子どものうつ病の特徴と受診の目安~【Benesse(ベネッセ)教育情報サイト】
     

    親御さんが気付いてあげないといけません。お子さんでは自覚がないことが多いです。

  •  

    お子さんが出しているサインを見逃さないように。

  • 治療は?

  • 子供のうつ病の治療にも、薬と十分な休養が必要です。
    そして、子供の抱えているストレスを取り除いてあげることです
    何にストレスを抱えているのか、じっくりと家族で向き合ってあげましょう。
    また、大人のうつ病と同様で、励ましの言葉はかえって逆効果です。そっと見守ってあげましょう。
    出典 :子どものうつ病 - 【うつ病の克服方法】 どうしようと思ったらみるサイト
     

    励ましてはダメなのは、大人のうつ病と同じですね。

  • 子どものうつ病で重要な「精神療法」

     子どものうつ病を治療するときに重要なのが、精神療法です。支持的療法、認知療法などが主に行われています。
    精神療法やカウンセリングでは、物事の考え方などのゆがみを改善していきます。
    出典 :子どものうつ病 治療について
     

    プロに任せるのが一番です。

  • 通いやすくて子どもを診ている病院がおすすめ

     うつ病の治療は長期にわたります。うつ病の子どもは心も体も弱っています。子どものためにも通いやすい距離の病院を選びましょう。
     そして精神科の中でも、児童期から青年期の経験が多い医師のほうが、治療の経験が豊富なため安心して相談できるでしょう。なかには子ども専用の精神科もあります。
    出典 :子どものうつ病からの回復には精神科の受診が不可欠
     

    病院の選択も重要です。

  •  

    病院はお子さんのことを第一に考えて選択しましょう。親の都合より、子供の治療です。

  • 休養する時のサポート

     親や子供は、学校を休むことに罪悪感を感じたり、焦りを感じたりします。しかし、無理に通学しても症状が悪化するだけです。ここは、休養も治療のひとつとして考えましょう。親も子どもに「休むことは悪いことじゃないよ」と言ってあげましょう。



     大人のうつ病は、家にいても行動がほとんど出来ません。けれども、子どものうつ病は「何もできない」ということはほとんどありません。ルールを決めて、遊ばせたり、家の手伝いをさせましょう。



     しかし、何かに打ち込ませたりするのは、よくありません。こうしていると気分が良くなるからと言って、激しい運動を続けたりする子どもがいます。休養にならないので、あまり良い方法とは言えません。

    出典 :子どものうつ病の治療法-休養
     

    休養でリフレッシュさせるのも立派な治療なのですね。