「ホタテ」のお刺身で超美肌♪

食欲の秋!
皆さん、食べてますか?
今回は「ホタテ」がとっても美容に良いというお話!
しかも、お刺身が良いそうです♪
今夜はぷりぷりなホタテのお刺身なんてどうですか?

view813

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ホタテには「タウリン」がタップリ!

  •  



    ホタテ貝は高タンパクなうえ、肝機能を強化するタウリンが多く含まれています。疲労、ストレス、過食、アルコールなどで疲れた肝臓を元気にしてくれるヘルシー食品です。

    引用)http://www.fseibun.com/gy/gy30.html

  • タウリンは二日酔い対策のドリンク剤なんかに良く入ってますよね!

  • さらに、グリシンというアミノ酸も豊富に含まれているホタテ。これは、筋肉を強化し、肌のハリやツヤを保つ働きを持っているので、アンチエイジングを目指す人におすすめ。肌にもとってもいい食材なのです。
    出典 :ホタテに美容効果アリ!? 肌のハリ・ツヤ&疲労回復に(MYLOHAS) - Peachy[ピーチィ] - 毎日をハッピーに生きる女性のためのニュースサイト - ライブドアニュース
     

    グリシンが肌に良いそうです!

  • グリシンはアミノ酸の1つで、コラーゲンの3分の1はグリシンでできています。抗酸化作用、緩衝作用、抗酸化作用などの働きを持つため、老化防止の他、ダイエット効果も期待できます。グリシンはゼラチンなどに多く含まれるほか、エビやホタテにも含まれています。さらにグリシンを最も多く含むのは絹です。絹の柔らかくなめらかな手触りはグリシンの効果です。「絹のような肌」という表現があるように、人の肌もグリシンを摂れば同じようになめらかな肌になります。皮膚の表面はタンパク質の中にグリシンが殖えると、肌のキメが細かくなるのです。それも毛穴が目立たない「素肌美」を実現できるでしょう。
    出典 :肌を若返らせる絹の手触りはグリシンの効果 | 美容・健康・豊かさの館 - 楽天ブログ
     

    コラーゲンの3分の1はグリシンだそうです。これは見逃せません!

  •  


    グリシンは手足に流れる血液量を増やします。これは睡眠を誘うことに繋がりますが、実は美容効果も得られるのです。このような手足への血液量が増えると、皮膚内部の角質層にある水分を増やすことになります。水分量が増えるということは、肌が十分に潤った状態になりますから、みずみずしい肌が実現するのです。

    引用)http://グリシンで快眠.net/gurisin.html

  • 肌に潤いを与えてくれるそうですよ!

  • ■ほたての美肌作用

  • 一般的に魚介類にはタウリンが豊富に含まれていますが、ほたてのタウリン含有量は驚きの700mg!タウリンが多いとイメージされやすいタコの100g中約500mgという含有量を軽く超えます。また、グリシンというアミノ酸も100g中850mgと豊富に含まれているのも嬉しいところ。コラーゲンを構成しているアミノ酸の3分の1がグリシンであるとされており、肌ツヤをキープするには必須の成分なのです。
    出典 :ほたてはお刺身で食べて!女子のための美肌的食べ方| Life & Beauty Report(LBR)
     

    数値的にも豊富なのが分かりますね!

  • 北海道のホタテ!

     

    一日100~150gのほたて貝柱で、大人一人が一日に必要なタウリンが摂取できるそう。悪性貧血予防に効くビタミンB12や葉酸、味覚障害を予防する亜鉛など、体にうれしい栄養成分が含まれるほたて。

    引用)http://www.gyoren.or.jp/hotate/eiyou.html

  • みんな女性に嬉しい成分ばっかり!特に葉酸は熱に弱いので、お刺身が良いってことですね♪

  • ■女性なら絶対摂りたい葉酸も豊富

     

    ほたてには100gあたり87μgの葉酸が含まれています。葉酸というとプレママを連想する方もいらっしゃるでしょうが、美肌のためにも女性なら誰でも摂りたい栄養素なのですよ。タンパク質の生成や合成にも関わっているのでお肌の正常な代謝には必須の栄養素なのです。

    そんな葉酸は熱に弱いからこそ、生で美味しく食べられるほたては美肌の大きな味方ということになりますね。

    引用)http://lbr-japan.com/2013/10/29/26506/

  • 美肌効果があります。ビタミンCと協力してコラーゲンを生成するほか、メラニンの代謝を促す働きがありますので、出来てしまったシミやそばかすを消し去ることもできます。
    出典 :【亜鉛】美容の栄養素の解説。
     

    亜鉛の美肌効果も忘れてはいけません!