こだわりたい初めてのお産!産院選びのポイントまとめ(後編)

初めてのお産…どこで産もうか悩みますよね~。産院選びってどういうポイントを見ればいいんでしょう?後編はその他に検討したい点についてまとめます。

  • MUMMY 更新日:2013/10/03

view600

お気に入り お気に入り2

お気に入りに追加

  • 自宅から近いか?産院に通いやすいか?

  • 自宅から近く通いやすい産院を第一として探す方が多いでしょう。自宅から産院が近いと何かと心強く感じることも事実です。
    出典 :妊娠したい (産院選びのポイント) | ベビカム
  • 自宅(里帰り場合は実家)のすぐ近くで産みたいと思う人は多いのですが、そんなに近い必要はありません。お産は夜に入院しても生まれるのは朝になるくらいの長さが普通なので、一般的に、1時間くらいで移動できればよいと考えられています。
    出典 :産院選びのポイント [産婦人科・産院選び] All About
  • 検診に通いやすいという点では、距離よりむしろ、交通機関の混雑具合や乗り換えやすさをチェックしたほうがいいかもしれません。妊娠中に、階段を何度も上り下りするのは辛いものですし、ラッシュも身に応えます。
    出典 :産院選びのチェックポイント1:babycom(ベビーコム)
     

    距離的に近くても公共の交通機関を複数乗り換える必要がある…なんて感じだと大変かもしれませんね。

  • スタッフの雰囲気が良いか?自分と合うか?

  • 当たり前のようでとても大切!

     

    相性はとても大切!たとえばのんびり屋な性格のママなのに、すごく管理が厳しい産院を選んでしまうと、それだけで大変なストレスに…。自分に合う産院を選びましょう~。

  • 産院では、プロとして信頼できそうな人がいてくれるとこが何よりも大切でしょう。また、出産はリラックスできることが大切です。気持ちが通じ合う感じがあるかどうかは重要ポイントです。
    出典 :2/3 産院選びのポイント [産婦人科・産院選び] All About
  • 「出産=お医者さんに取り上げてもらうもの」と思っている人も多いかもしれませんが、実際のお産に深くかかわるのは、医師より助産婦。妊婦検診の際に、さまざまな相談に乗ってくれるのもまた助産婦さんたちなのです。

    産院選びは、医師の腕や人柄、相性をポイントにするだけではなく、親切に相談に応じ、質問に的確に答えてくれる助産婦がいるかどうかもチェックしたいものです。
    出典 :産院選びのチェックポイント1:babycom(ベビーコム)
     

    赤ちゃんを取り上げてもらうのは助産師さんなんです。自然分娩の場合、お医者さんが出てくるのは問題がない限りは最後ぐらい。入院生活でお世話になるのも助産師さん。お医者さんと同じくらいに(もしくはそれ以上!?)助産師さんの雰囲気はチェックした方が良いです!

  • どんな分娩方法(バースプラン)が良いか?

  • 産院によって分娩のスタイル、母乳育児についての考え方が異なるのは事実です。自分でよいと思えるスタイルを見つけ、その方法で産みたいと考える人は産み方の選択肢を知り、それがその産院でどの程度かなえられるかを知っておく必要があります。
    出典 :3/3 産院選びのポイント [産婦人科・産院選び] All About
  • 入院生活で希望することは?

  • ★個室か大部屋か
    個室と大部屋は、それぞれメリットとデメリットがあります。友だちがたくさんできる大部屋も楽しいものですが、母子同室を希望するなら個室のほうがおすすめ。大部屋で母子同室だと、他の赤ちゃんの泣き声や来客の声で、赤ちゃんもなかなかゆっくり眠れませんし、お母さんのほうも疲れてしまいがちです。
    出典 :産院選びのチェックポイント2:babycom(ベビーコム)
  • ★母子同室か別室か
    赤ちゃんがずっと一緒だと、疲れてしまうのでは?と考える人も多いようですが、生まれたての赤ちゃんは、お母さんがそばにいれば案外すやすやと寝てくれるもの。特に、母乳育児を希望している人は、同室がおすすめです。赤ちゃんがそばにいたほうが、母乳の分泌がよくなりますし、入院中に母乳のリズムをつかんでしまったほうが、あとあと楽だからです。
    出典 :産院選びのチェックポイント2:babycom(ベビーコム)
  • ★母乳指導は?
    母乳での子育てを考えている人は、産院が母乳育児に積極的かどうかも確かめておきましょう。産院によっては、助産婦による母乳指導のほか、分泌を調整するマッサージをしてくれるところもあります。なお、退院後は、母乳マッサージ専門の施設もたくさんありますので、母乳外来があるかどうかはあまりこだわらなくていいでしょう。
    出典 :産院選びのチェックポイント2:babycom(ベビーコム)
  • 入院生活で自分が重視したいことを考えましょう!

     

    他にも「料理がおいしいか」という点を重視するママも多いみたいです。個人医院だとそれを売りにしているようなところもありますよね~。産後の1週間を過ごす場所なので、自分が「ここは譲れない!」というところをよーく考えて産院を選べるといいですね。

  • 分娩費用は?

  • 出産費用は普通分娩で個人病院だと地域にもよりますが50万円前後かかります。
    首都圏だとさらに費用がかかる(70~100万円)ところも多いです。出産費用が高いと予約金も高いことが多いですが、用意しなくてよい病院もあります。
    公立の市民病院だと40万円弱でお安いところもあります。
    出典 :妊娠~出産までにかかる費用 - Yahoo!知恵袋
     

    出産費用は本当にピンキリ。希望する産院の費用だけでなく、入院した際のサービスも調べた方が良いかも。例えばちょっと費用が高いところでも、入院生活に必要なものが一式揃っていて体ひとつで来られるようなところは逆にお得かもしれません。

  • 社会健康保険もしくは国民健康保険に入っていると、出産一時金として42万円(産科医療補償制度の保険金3万円含む)が支払われます。
    産科医療補償制度(※)に加入していない産院で出産した場合は38万円です。
    出典 :妊娠~出産までにかかる費用 - Yahoo!知恵袋
  • 出産一時金直接支払制度を利用すると、自動的に病院側が健康保険組合に請求してくれますので、出産費用50万円で予約金10万円支払った場合、出産一時金42万円が自動的に差し引かれ、産院での窓口精算で2万円返ってきます。
    出典 :妊娠~出産までにかかる費用 - Yahoo!知恵袋
     

    この制度に入っていない病院の場合、一時的に費用をこちらで負担する必要があります。小さな金額ではないので、この制度があるかないかも結構大きなポイントかも。

  • 関連まとめ