怒りのコントロールをする方法!【アンガーマネジメント】

イライラしていませんか?
腹が立つとストレスを感じますよね・・・
怒りをコントロール出来たら・・・
今回はそんな方法をご紹介したいと思います!

view1098

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • イライラする事は?

  • 誰でもが当たり前に持つ感情、「怒り」。
    時にはそれが、社会をよい方向にかえる原動力になったり、
    信念をつらぬく強いモチベーションになったりします。

    しかし、日常的に生じる『イライラする、腹立たしい、
    ムシャクシャする』といった怒りの感情によって、
    いつも心が支配され、その後の行動にマイナスの影響を
    与えているとしたら、それはとても辛いこと。
    心が疲れきってしまい、本来の自分の姿でいられなくなります。
    おそらく、人間関係にも悪影響を与えていることでしょう。
    出典 :怒りのコントロールはじめませんか?|ヘルスケア情報|eo健康
     

    マイナスの影響になるのは嫌ですね・・・

  • 例えば・・・

  • 「上司がわたしの考えを理解してくれないから、
    イライラして仕事に集中できない!」
    「トラブルばかりでムカツついてたまらない!」
    「イライラさせる人が多くて、ふりまわされる!」

    出典 :怒りのコントロールはじめませんか?|ヘルスケア情報|eo健康
  • そんな時にはアンガーマネジメント

  • アンガーマネジメントは、怒りを無理矢理にガマンする
    といったものではありません。
    自分の怒りを理解し、自分が何に怒りたくて、
    何に怒りたくないのかを決めて実行することで、
    自分も含め、周りに関係するあらゆるモノゴトに良い
    循環をもたらしていこう、というもの。
    「なんだか難しそう……」と思われるかもしれませんが、
    日ごろの心がけとトレーニングで、誰でもできるようになると言います。
    出典 :怒りのコントロールはじめませんか?|ヘルスケア情報|eo健康
     

    トレーニングで解決できるのですね!

  • 怒りの仕組み

  • 怒りは脳の扁桃帯で捉えられます。扁桃帯はアーモンドの粒のような形をしていて、感情の反応の処理にとても重要な役割を果たします。(余談ですが、ここに事故などで損傷を受けると怒りをコントロールできない所か、恐怖を感じられなくなってしまい、向こう見ずな行動を取ってしまうんですよ)。
    出典 :怒りと脳の仕組みを解説します | ブログ | 日本アンガーマネジメント協会
  • このように、怒りの感情は、起こったできごとや誰かの
    言動について、自分自身が「許せない」「受け入れられない」と
    判断した場合に発生しています。
    端的に言えば、怒りの感情が発生する原因は
    『価値観や考え方の不一致』に過ぎません。
    つまり、怒りの感情を生み出しているのは、
    他でもない自分自身(の価値観や考え方)なのです。
    出典 :怒りのコントロールはじめませんか?|ヘルスケア情報|eo健康
  • 動物には自分の命を危機から守る「闘争・逃走反応」という仕組みがあり、危機に瞬時に反応するためまずは理論付けより瞬時に体を動かせる状態を作るようになっているのです。

    ですので「気付いたら相手を殴っていた」「怒鳴っていた」といった「キレる」状態は、この原始的な脳の部分での反応がそのまま体に出てしまっているという事。
    出典 :怒りと脳の仕組みを解説します | ブログ | 日本アンガーマネジメント協会
  • 感情をコントロールする方法

  • ステップ1「他人の目線で物事をとらえる」

    怒りの感情は、価値観や考え方の不一致が原因で発生します。
    ですから、なるべく他人の目線で、起こったできごとや
    他人の言動についてとらえるように努めてみましょう。
    出典 :怒りのコントロールはじめませんか?|ヘルスケア情報|eo健康
     

    怒りの大きさ、種類を理解する事が
    大切なのですね・・・

  • ステップ2「自分の気持ちに向き合う」

    イライラ、ムカムカした理由を問われたとき「何となく…」と
    答えてしまうことも少なくないと思います。
    「なぜ怒りの感情が生まれたのか」「何が気に入らなかったのか」を
    客観的に見つめることができれば、怒りの感情をコントロールしやすく、
    問題解決の糸口を見つけやすくなります。

    出典 :怒りのコントロールはじめませんか?|ヘルスケア情報|eo健康
     

    怒りを書き出す事は良いですね!

  • ステップ3「自分と相手とのギャップを埋める」

    「自分と他人の双方にプラスにならない」「自分自身が苦しい」
    などと感じる場合は、自分の価値観や考え方を変化させ、
    自分と他人とのギャップを埋めるようにします。
    出典 :怒りのコントロールはじめませんか?|ヘルスケア情報|eo健康
  • アンガーマネジメント協会

  • 怒りに振り回されない自分になりましょう。その方法があることを伝えましょう。そして怒りが連鎖しない世の中を一緒につくっていきましょう。それができると信じて、私たちはアンガーマネジメントをしています。
    出典 :一般社団法人 日本アンガーマネジメント協会 - イライラしない方法 怒りのコントロール
  • さて、「なるほど」と理解はできても、毎日の生活で
    実践していくのは継続する決意や気力が必要です。
    最近では、各地でアンガーマネジメントのセミナーが
    開催されるようになってきました。セミナーでは、
    より生活に根ざした具体例を教えてくれるほか、
    個別の相談などもできます。そしてなにより、
    同じ悩みを持つ人の意見を聞けることが大きなメリットでしょう。
    出典 :怒りのコントロールはじめませんか?|ヘルスケア情報|eo健康
  •  

    セミナーまで開かれているのですね!

    それだけ悩んでいる方が多いのですね。

  • 簡単な方法もある

  • 1.「怒りをコントロールしよう」と決意する
    2.自分の怒りに気づく
    3.怒りの感情を鎮める努力をする
    4.怒りをもち続けない
    5.おすすめの怒りをコントロールする方法
    瞬間的に湧きあがる激しい怒りをコントロールするのは、
     すごく難しいことだと思います。
    私がおすすめする、怒りをコントロールする方法は「ハオハオ」です。
     イヤな気もちになった時には、「ハオハオ」と考えるように
     心がけることで、自分の悪感情をコントロールしやすくなります。
    「ハオハオ」というのは基本的には受け入れる考え方です。
     怒りが発生した時には、「ハオハオ、こういうこともある」
     「ハオハオ、こんな人も人もいる」などと考えることで怒りの
     発生を早めに抑えることができます。
    「ハオハオ、ハオハオ、・・・」と心の中で言うことで、
     心が少しは落ちつきます。同時に、余計なことを考えなくてすみ、
     怒りの爆発を防ぐことができます。「ハオハオとやり過ごす」ことで、
     怒りの爆発を防ぐことができます。
    6.人は人、自分は自分

     また、あとから思いだして怒りが再発した場合には、「ハオハオ、まぁいいか」「ハオハオ、こんなことを考えるより何かいいことを始めよう」などと、考えを切り替えるきっかけになります。

     「ハオハオ」については、違和感がある人もいると思いますが、自分の感情をどうしてもコントロールできないと悩んでいる人は、少しの間でも試してみることをおすすめしたいと思います。
     「ハオハオ」を身につければ、けっこう強力だと、私は実感しています。

    出典 :怒りがコントロールできない - 悩みのヒント
  •  

    いろいろな方法でイライラが

    コントロールできますね!