夜間頻尿、その原因と対策

男性と女性でちがいがあります。男性の頻尿の場合は前立腺肥大症が原因になることが多く、女性の頻尿の場合には膀胱炎が一番多い原因です。その原因と対策をまとめてみました。

view376

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夜間頻尿とは

  • 夜間頻尿とは、寝ている間に何度も起きてトイレに行くことで、病名ではなく症状を指す言葉です。就寝前にトイレを済ませておけば、通常は寝ている間にトイレが近くなることはほとんどありませんね。夜間頻尿であるか否かのはっきりとした定義はないようですが、寝ている間に2回以上トイレに起きると、夜間頻尿とされる場合が多いようです。
    出典 :夜間頻尿とはどんな症状なのか
  • 頻尿の原因

  • 夜間頻尿は病名ではなく症状を指す言葉であり、その原因も様々です。具体的には、過活動膀胱や前立腺肥大症などが原因で起こります。40歳以上の年齢になると、夜間頻尿に悩まされる方は約7割にも上るといわれています。ですので、全然珍しいことでも恥ずかしいことでもありません。
    出典 :夜間頻尿の原因
  • 膀胱が小さい

     

    膀胱は尿をためておくための袋状の臓器です。容量が減少してしまうと、結果的に頻尿につながります。この症状は、前立腺肥大症や膀胱炎などの膀胱の疾患などが原因であることがほとんどです。
    食事に塩分などが多く、喉が乾きやすくなり結果的に多量の水分を摂取して頻尿につながる場合やカフェインが持つ利尿作用が影響して夜間頻尿につながったりもします。必要以上の水分補給ももちろん原因になり得ます。

  • 前立腺肥大

     

    男性の夜間頻尿は、前立腺肥大症によるものが大半です。前立腺は男性のみにある臓器で、前立腺の上側は膀胱に隣接しており、肥大してしまうと膀胱を圧迫するため、頻尿の原因になります。前立腺は通常加齢とともに肥大し、50歳以上では約20%に前立腺肥大症が認められます。

  • 睡眠が浅い

     

    睡眠が浅いことが原因で夜間頻尿につながるケースがあります。通常昼間より夜間睡眠している間の方が膀胱にためられる尿の量が多くなります。睡眠が浅いことによって、ためられる量に早く限界が来てしまい、夜間頻尿になってしまう場合です。

  • 女性の夜間頻尿

  • 女性が頻尿になる一番の原因といわれるのは膀胱炎です。女性が男性と比較しても膀胱炎にかかりやすいという理由も女性の頻尿の一番の原因になっている理由でもあります。女性が膀胱炎にかかりやすい理由というのは、尿道の長さが男性と比較して短く、肛門付近の大腸菌が尿道へ侵入しやすいためです。尿道の長さは、男性は20~25cmほどありますが、女性は4~5cmしかありません。
    膀胱炎になってしまうと代表的な症状は頻尿ですが、頻尿のほかにも排尿時に痛みをおぼえたり、残尿感を感じたりすることもあります。
    出典 :女性に多い膀胱炎
  • 頻尿の治療

  • 頻尿はほとんどが薬物で治療が可能ですが、重度の場合は手術も必要になります。前立腺肥大症は初期症状であれば薬で改善することができますが、症状が悪化してしまっている場合は削り取る必要があります。前立腺の除去手術は跡も残らず、比較的簡単な手術とされています。
    出典 :頻尿の治療|頻尿対策ガイド
  • 夜間頻尿対策

  • 原因にもよりますが夜間頻尿の治療効果は2割ほどと高く、 何らかの治療法を施せば改善がみられるというデータがあります。 薬を使わなくても、眠る前に対策を取ることで改善されることもあります。
    出典 :治療法 || 頻尿の治療ナビ
  • 頻尿専門病院