乾燥肌に重要!お風呂上りのスキンケア方法 ♪

冬になると、特に肌が乾燥する人が多いですよね!
実はお風呂上りにすぐケアする事が重要なのです!
今回はそのスキンケア法について
ご紹介したいと思います♪

view403

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 重要なのは保湿のタイミング!

  • スキンケアで重要なのは保湿。
    でもそのタイミングは皆さんどうですか?
    お風呂上りや洗顔後すぐに保湿しないと、
    肌の潤いはどんどん奪われていきます。
    とくに大人の肌には、洗顔後すぐの
    最速保湿が重要なんです。
    出典 :冬の乾燥肌に重要!お風呂上りのスキンケア方法 | 美肌マニアの美容情報
  •  

    肌の水分が失われる入浴後や

    洗顔後にすぐにスキンケアを

    しましょう♪

  • どうやって保湿すればいい?

  • 最速保湿ができるように簡単なプレスキンケアを
    用意しておくのがおすすめです。
    ここでいうプレスキンケアとは、通常のスキンケアの
    前にとにかく潤いを逃がさないように
    するためのスキンケアのこと。
    ミストやポンプタイプの化粧水をお風呂上りや
    洗顔後すぐに使える場所に用意して置くと、
    面倒な人でも忘れずにできます。
    ちなみにすぐというのは、バスタオルで
    体をふいた瞬間くらいすぐです!
    その後、風邪を引かないように服を着てから、
    ゆっくり通常のスキンケアをするといいでしょう
    出典 :冬の乾燥肌に重要!お風呂上りのスキンケア方法 | 美肌マニアの美容情報
  • 保湿目的ならいきなりオイルで蓋もあり!

  • プレスキンケア無しで、いきなりオイルや
    クリームで蓋をする行為もありです。
    肌がまだしっとりしている状態ですと
    化粧水は必要ありません。
    時短ならいきなり蓋!
    美白なども考えているならプレスキンケア後の
    スキンケアと使い分けて下さいね。
    出典 :冬の乾燥肌に重要!お風呂上りのスキンケア方法 | 美肌マニアの美容情報
  •  

    美容効果の高いオリーブオイルが

    おすすめです♪

  • プレスキンケアはどんな商品が良い?

  • 化粧水前の化粧水というと、アベンヌウォーターや
    精製水をお使いの方も多いかもしれませんが、
    あれらは保湿成分が入っているわけではないので
    おすすめしません。
    コラーゲンやヒアルロン酸など保湿成分が
    入っているものを使いましょう。
    ミストタイプじゃなくても全然OKなのですが、
    自分が使いやすいタイプのものを選んで下さいね。
    出典 :冬の乾燥肌に重要!お風呂上りのスキンケア方法 | 美肌マニアの美容情報
  • 化粧水をつけるベストな回数は?

  • 化粧水のつけ方は人それぞれ。手のひらでつけると
    いう人もいれば、コットンを使うという人も
    いることでしょう。また、もう一つ気になるのが、
    化粧水をつける回数。パッティングにせよ
    ハンドプレスにせよ、肌にうるおいを与えるためには
    一体どれだけの回数が望ましいのでしょうか。
    一説によれば、理想的なパッティングの回数は
    「年齢の3倍の回数」。つまり、20歳なら60回、
    30歳なら90回。
    かなりの回数のパッティングをしなくてはなりません。
    ですが、現実的にこの回数はかなりの負担。
    特に、仕事や子育てに忙しい現代女性には、
    やや無理のある回数といえるでしょう。
    化粧水のつけ方で大切なことは、実は
    回数だけではありません。肌の状態をみながら、
    肌がうるおうまで化粧水をしみ込ませる
    ということが、本来もっとも意識すべきことなのです。
    出典 :化粧水をつける回数 - スキンケアの森
  • 肌がうるおったかどうかのサインは?

  • 化粧水をつけているうちに、必要な水分が補給された肌は
    うるおいを取り戻します。
    手のひらでほほに触れたとき、肌がぺたっと手に吸いついて
    くるようになったり、肌が冷たくなってきたりしたら、
    肌がうるおったというサインです。
    そうした状態になるまでのパッティングやハンドプレスの
    回数は、毎回違うはず。
    2~3回でそのサインが現れる場合もあれば、ときには10回、
    20回と何度も繰り返さなくてはいけないこともあります。
    出典 :化粧水をつける回数 - スキンケアの森
  • 乾燥肌と化粧水・・・・・

  • 化粧水をつける主な目的は、肌の水分補給。
    ですから、肌がうるおうまで化粧水を塗り重ねる
    ことが必要になります。
    あまり乾燥を実感しない若い方は、普段の
    スキンケアがおろそかになることも多いかもしれません。
    化粧水を無造作に塗って浸透もさせず、
    クリームを塗って終わりという方もおられるのでは
    ないでしょうか。
    ですが、手抜きのケアは年齢を重ねてから影響が
    出始めるもの。肌表面に余分な水分が残ったままの状態で
    放置しておくと、その水分が蒸発するときに、
    肌本来の水分も一緒に奪ってしまいかねません。
    そうすれば、保湿するための化粧水がさらなる
    乾燥を引き起こすことにもなりかねないのです。
    そこで意識したいのが、化粧水はしっかり肌に
    浸透したことを確認してから、クリームでフタを
    するということ。化粧水をパッティングするのも、
    肌表面に余分な水分を残さずに、
    肌の奥までしっかりと浸透させることが本来の目的なのです。
    パッティングは、ただ回数を重ねればいいと
    いうものではありません。
    乾燥肌の方は特に化粧水をつける意味を考えて、
    パッティングの方法を見直してみるといいでしょう。

    出典 :化粧水をつける回数 - スキンケアの森
  •  

    化粧水、乳液、パッティングは

    重要ですね♪