右脳と左脳のはたらき

脳は鍛えることができます。右脳は感性・感覚を、左脳は論理的な事柄を司るといわれています。

view735

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 右脳と左脳のちがい

  • 右脳は、一言で言うと「五感を通じた感覚・感性」を取り扱います。
    右脳の五感の認識パターンは、瞬時に直感的にかつ総合的に、外部情報を認識し判断します。
    右脳の記憶容量は左脳に比べて大きく、CD や DVD のように多量な映像情報や音楽情報を、データとして記憶する事が出来ます。
    またその処理スピードも、左脳とは比べものにならないほど早いそうです。
    出典 :左脳と右脳のそれぞれの役割
  • 「右脳型」「左脳型」はあるのか

  • 右脳型と左脳型

     

    「右脳型」は感覚とイメージで突っ走る、天才肌タイプ、「左脳型」は、直感でとらえて論理的に表現、得する出世タイプ、という説があります。

  • 右脳と左脳の活動に個人差はないという説も

  • その人の考え方の特徴やタイプを表わすのに右脳型とか左脳型という言葉が良く使われる。男性は左脳型、女性は右脳型などとも言われており、「地図が読めない女性」は右脳型の典型とも言われていた。
    右脳型の人は創造性があって感情的、左脳型の人は論理的で解析的とされ、それぞれ右脳や左脳をの使い方がどちらかに偏っていると信じられていた。だが実際はそんなことはないという。最新の研究結果では、右脳と左脳の活動に個人差はないということが判明した。
    出典 :http://karapaia.livedoor.biz/archives/52138056.html
     

    という情報もあります。

  • 脳とはどんなものか

  • 脳の構造

     

    脳は大きく『大脳』『間脳』『小脳』『脳幹(中脳・橋・延髄)』に分類されます。
    右脳、左脳と呼ばれるところは、大脳の部分です。

  • 脳の各部の働き

  • 脳は全体が一様でべったりと同じというわけではありません。脳は場所ごとに違うことをしています。これを脳の機能局在と呼びます。脳をその役割でまずおおざっぱに分類するとまず、前後の区別があります。
    出典 :脳とはどんなものか
  • もう少し詳しく脳のしくみをみてみましょう。

  • 脳は場所ごとに違うことをしている

  • 脳は鍛えられるか

  • 脳に蓄えられている知識を実際の場でどのように使うかは、脳の司令塔としての「前頭前野」の働きによります。つまり蓄えられた知識をうまく活用したり、現実をうまく処理したりする「本当の頭のよさ」とは「前頭前野」をうまく使えるかどうかにかかっているのです。そのため、「前頭前野」をどんどん使って鍛えることは、頭が良くなることに通じるということです。
    出典 :"脳を鍛える"とは?
     

    川島隆太教授の「脳トレ」です。

  • 脳を鍛えることはできるのでしょうか。いろいろな意見がありますが、感覚の脳である右脳は鍛えることができるといいます。

  • 右脳を鍛える右脳トレーニング - YouTube

     

    右脳は、視覚や聴覚など感覚に関係があることから、聴覚や視覚を使う訓練法がよいといわれています。例えば絵や文字を瞬間的にとらえる方法で鍛えられるといわれています。

  • 右脳型の天才といわれる人たち

  • 右脳の天才

     

    空海は、平安時代初期の僧で弘法大師のことです。真言宗の開祖です。嵯峨天皇・橘逸勢と共に三筆のひとりに数えらています。